キッチンの床はタイルでおしゃれに!リフォームの注意点と対策

キッチン床タイル

キッチンに適した床材にはいくつかの種類がありますが、「手間をかけずにキレイな状態を保ちたい」「自分好みのデザインにこだわりたい」という方に好まれているのがタイルです。
色柄が豊富で、洋風・和風どちらのインテリアテイストにもなじみやすい点が魅力ですよね。

ただし、日常生活に取り入れるとなると、見た目だけでなく使い勝手も確認しておく必要があります。
そこで今回は、キッチンの床をタイルにするメリットと注意点、使いにくさを感じたときの対策について解説します。


キッチンの床をタイルにする3つのメリット

タイル床キッチンイメージ

キッチンの床材といえば、フローリングやクッションフロアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
床をタイル貼りにすることでどのようなメリットが得られるのか、ほかの床材と比較しながら解説します。

[1]耐水性が高く、掃除がしやすい

耐水性が高く汚れが付きにくいタイルは、水はねや油はねによる汚れが気になるキッチンにぴったりの床材といえるでしょう。油汚れにも強く、洗剤を少しつけて拭くだけでキレイになるので、掃除やメンテナンスにほとんど手間がかかりません。

フローリングは意外と水に弱く、すぐに拭き取らないとシミになってしまいます。また、定期的にワックスや専用オイルを塗るといったメンテナンスが必要です。掃除がしやすく、お手入れの手間もかからないという点では、タイルのほうが優れています。

[2]耐久性に優れ、衝撃に強い

タイルは傷に強く、耐久性に優れた床材です。衝撃にも強いため、重いものを落としても破れたり傷ついたりすることはなく、キレイな状態で長く使い続けられます。

フローリングやクッションフロアはタイルに比べて柔らかく、冷蔵庫を移動させたときに床にへこみがついていたり、キャスター付きのキッチンワゴンで傷がついてしまったりすることがあります。その場合、傷ついた部分を補修しなくてはなりません。
その点、タイルは補修の頻度が少なく、メンテナンスコストが抑えられます

[3]色やデザインが豊富

おしゃれなキッチン床イメージ

タイルは色やデザインが豊富な床材です。例えば、異なる色のタイルを組み合わせて、床に独自の模様をつくることもできます。フローリングやクッションフロアでは実現できないデザインが可能なので、インテリアにとことんこだわりたい方に、おすすめです。


キッチンの床をタイルにする際の5つの注意点と対策

タイルは耐水性・耐久性が高く、デザイン性にも優れていますが、実際に使用するとなると注意すべき点があることも事実です。ここでは、キッチンの床をタイルにしたことで後悔した事例と、その対策を紹介します。

[1]冷えやすいため、足元を暖める対策を

タイル貼りの床は夏はひんやりして気持ちよく過ごせますが、冬は冷えやすく、キッチンでの立ち仕事をつらく感じがちです。

対策