床の張替え費用はいくら?フローリング・クッションフロア等床材別にくわしく解説!

「床張替えのリフォーム費用」といっても、現状の床材、張替える新しい床材、張り方などによって費用が大きく変わります。

この記事では、以下4種類の床材に張り替える費用を、現在の床材(フローリング・カーペット・クッションフロア・フロアタイル・畳)別に解説します。

  • 合板フローリング
  • 無垢フローリング
  • クッションフロア
  • フロアタイル

さらに、床張替えの費用を見るときの注意点もご説明しますので、「あのとき、ああしとけばよかった」など後悔しない床張替えができます。ぜひご一読ください。


1.【現在の床材別】床の張替えリフォームの費用相場

床材の種類の違いによって、張替えの手間や取りうる工法が違うため費用差が発生します。

この章では、以下5つのパターンについて解説します。

1.現在の床材がフローリングの場合
2.現在の床材がカーペットの場合
3.現在の床材がクッションフロアの場合
4.現在の床材がフロアタイルの場合
5.現在の床材が畳の場合

それぞれのパターンの床張替え費用を、現在の床材別にご説明します。また、それぞれの床材の特徴も説明しているので、参考にしてください。

1-1.現在の床材が「フローリング」の場合

【フローリングから張り替えた費用相場】
張り替え後の素材合板フローリング無垢フローリングクッションフロアフロアタイル
費用相場6畳10~1610~186~105~8
8畳12~2012~248~127~10
10畳16~2421~298~158~12
15畳24~3632~4314~2012~16
20畳33~4843~5816~2217~24

※単位:万円

フローリングからの張り替えの場合、一度剝がしてから施工する必要がある場合が多いため、比較的価格が上がる傾向があります。また、下地処理が必要になる場合がありますのでその分料金も上乗せされます。

施工費用を抑えるには、フローリングの上に重ねて床材を貼る「上張り工法」という工法を用いる方法があります。ただし、上張り工法の場合、6~15ミリ程度の段差ができてしまうというデメリットがあります。そのデメリットを許容できるのであれば、上張り工法は費用の面でおすすめの工法になります。

▼フローリングをそれぞれの床材へ張替えた事例

フローリングの張り替え費用については以下の記事でも解説していますので合わせて確認してください。
フローリングの張り替えリフォームにかかる費用相場【広さ別】に解説!
フローリングの張り替えリフォームにかかる費用相場【広さ別】に解説!