【マンションの床リフォーム】張り替え前の注意事項|工法・種類・費用を確認

マンションの床をリフォームすることで、部屋の雰囲気を大きく変えられるだけでなく、安全面や衛生面の向上につながります。

しかし、床を含めたマンションリフォームでは、管理規約や建物の仕様などルールをよく確認した上で判断する必要があります

本記事では、マンションの床をリフォームする前に確認すべき注意事項や費用、床材や施工方法の種類などについて解説します。満足のいく床リフォームを行うために、ぜひご覧ください。


1.マンションの床リフォーム:はじめに確認したい注意点

マンションで床の張り替えなどのリフォームを行う前には、あらかじめ確認すべき事項があります。

近隣住人とのトラブルを避けるためにも、ここで注意点を把握しておきましょう。

①管理規約を確認する

マンションによっては、管理規約内に独自のルールが設けられている場合があります。また、遮音等級の指定などにより床材を変更できないケースもあるため、リフォーム前に必ず確認が必要です。

(1)遮音等級を確認する

多くのマンションでは、使用できる床材の遮音等級が決められています。遮音等級とは、下の階にどの程度音が響くかを示す数値です。

一般的には、L-40(物音がかすかに聞こえる程度)、またはL-45(人の歩く音がほとんど気にならない、軽いものを落とす音がかすかに聞こえる程度)が採用されています。

リフォームでは規定の要件を満たした床材を使う必要があるため、管理規約を確認しましょう。

(2)マンション独自のルールを確認する

遮音等級以外にも、マンション独自のルールが定められていないか確認する必要があります。

マンションによっては、リフォーム工事のやり方や使用できる素材などが細かく指定されている場合があります。

また、指定業者以外の出入りや設備・配管の移動などに関して禁止事項を設けているケースもあるため、管理規約に目を通しておきましょう。

②近隣の方へ挨拶する

マンションでのリフォーム工事では、同じ建物内に騒音が伝わりやすいため、事前に近隣住人へあいさつをしておきましょう。

床リフォームは比較的大掛かりな工事になり、騒音や振動などの迷惑をかけてしまう可能性があります。

トラブルを避け、近隣住人との良好な関係を保つためにも、上階・下階・左右隣、さらに向かい側の部屋へ工事の旨を伝えておくと無難です。

③マンションの床の構造をチェックする

マンションの床の構造は、直床工法と二重床工法の2タイプがあります。構造によっては選択できない施工方法もあるため、リフォーム依頼前にチェックしておくと、リフォーム会社とのやり取りがスムーズになります。

(1)直床(じかゆか)工法

直床(じかゆか)工法とは、床スラブ(コンクリートの構造床)にフローリングなどの床材を直接張る方法です。使用する建材が少なく、施工費用を抑えられます。

ただし直床工法の場合、水回りの配管を設置するために、あらかじめ配管部分の床スラブを低くして作られているケースが多いため、リフォームの時に水回りの場所を変更しにくい点はデメリットといえます。

また、この工法は音が下の階に伝わりやすいため、遮音効果のあるクッションフロアや緩衝材を使うことも検討する必要があるでしょう。

(2)二重床工法

二重床工法とは、床下に12~15cm程度の空間を設ける施工方法です。

一般的には、床スラブの上に材木などを設置し、その上から床下地とフローリング材を仕上げます。直床工法とは違って設備配管のメンテナンスがしやすく、リフォームの時に水廻りの場所を柔軟に移動できます。

また、遮音性能を備えているため床材に遮音性がないものも選べますが、直床工法と比べて作業工程が増えるなどの理由で施工費用は比較的高額になります。