お風呂・浴室のリフォームに掛かる期間・工期について

お風呂リフォームの工期

浴室のリフォーム期間中はお風呂に入ることが出来ないため、どれくらいの期間が掛かるのか気になるところです。ここではリフォームの工期がどれくらいか、また工期が延びてしまう理由といった、浴室リフォーム期間に関してご説明いたします。

お風呂リフォームの費用と相場


1.お風呂・浴室のリフォームに掛かる期間について

リフォームの期間は、リフォームの内容によって異なってきます。最も影響が大きいのは現状のお風呂がユニットバスなのか、在来工法のタイル風呂なのかです。

1-1ユニットバスからユニットバスへのリフォーム期間

短期:1日 平均:3日間~4日間 長期:5日間
ユニットバスから新しいユニットバスへのリフォームは「3日間~4日間」というのが平均的な期間になります。

マンションやアパートでバスタブだけを交換だけをするのであれば、1日で終わる場合もあります。ユニットバス全体(床、壁、天井、バスタブ)を交換するような、一般的なリフォームの場合は次のような流れになります。

1日目:養生ボード敷き、解体作業
2日目:水道工事、電気工事、商品搬入
3日目:ユニットバス据付
4日目:内装工事、ドア据付、クリーニング、引き渡し

 新しいユニットバスに交換する際に、例えばミスト機能のような新しい機能も追加する場合は、その分の工期が長くなると考えればよいでしょう。

1-2.タイル風呂からユニットバスへのリフォーム期間

短期:3日間 平均4日間~7日間 長期:10日間
在来式のタイル風呂からユニットバスへリフォームは、「4日間~7日間」というのが平均的な期間になります。

土間のコンクリートの基礎工事などがあるため、ユニットバスからリフォームする場合と比べると時間がかかってしまいます。タイル式のお風呂の床や壁を取り壊して新しいユニット式のお風呂にする場合は、次のようになります。

1日目:養生ボード敷き、解体作業
2日目:土間コンクリート打設工事、木工事、配線配管工事
3日目:商品搬入、バス組み立て、配管工事、断熱工事
4日目:ユニットバス組立工事
5日目:木工事(内壁造作)、外壁工事
6日目:内装工事、電気工事、ドア据付、クリーニング、引き渡し

タイル式のお風呂の場合はどうしてもリフォーム期間が長くなりますし、リフォームの内容によって期間の変動も大きくなってしまいます。 お風呂のリフォームの場合、最終日は自宅で新しいお風呂に入ることが出来ます。しかしそれまでは自宅のお風呂には入れないので、近所で銭湯を見つけておくなど、準備しておくとよいでしょう。