おすすめ記事小学館『女性セブン』のリフォーム特集で取材されました!記事を読む

相場が分かる!お風呂・浴室のリフォーム費用をスッキリ解説【事例付】

黒ずみが気になる、冬場ヒヤッとする、足が伸ばせない、底が深くて掃除が大変・・・
など、ご自宅のお風呂場にお悩みはありませんか?

お風呂のリフォーム費用は、今あるお風呂の状態やリフォームの内容次第で大きく変動します。

この記事では、お風呂リフォームのパターン別に見積もりや実際のリフォーム事例を通して費用を解説します。

「毎日使うお風呂だし、せっかくならいいお風呂にリフォームしたい」
「だけどお風呂の全体的なリフォームって高そう」
「できるだけ費用は抑えたいけど快適さも妥協できない」

このような方に有益な情報が詰まっていますので、ぜひご一読ください。

1.お風呂・浴室のリフォーム費用の目安は?

お風呂リフォームの価格分布

リフォームガイド調査:データで見るお風呂リフォームの費用と相場より

お風呂の全体的なリフォームで一般的な費用の相場は、60~120万円です。

お風呂リフォームにかかる費用は、

  • 今の浴室の状態
  • 新設する浴室のグレード
  • 大きさ

によって変わります。

お風呂リフォームにかかる費用について、詳しくは「3.」で解説します。

2.お風呂・浴室のリフォームの事例

ここでは、お風呂リフォームの施工事例をいくつかご紹介します実際にかかった費用も掲載していますので、あなたがしたいお風呂リフォームにどの程度の費用がかかるかも確認できます。

2-1.ユニットバスから新しいユニットバスにする事例(税込750,000円)

<リフォーム内容>

  • 今はユニットバスを使用
  • ミドルグレードのユニットバスへのリフォームを希望

ユニットバスからミドルグレードユニットバスへ(税込750,000円)

建物タイプ 戸建て
費用 税込750,000円
工期 3日間
商品 TOTOサザナSタイプ
オプション 特になし

出典:http://asaminami-nikka.com/works/bathroom/20180308164742.html

TOTOの一番の売れ筋ユニットバス、「サザナ」のミドルグレードを導入した事例。断熱材入り床「ほっカラリ床」で冬でもあたたかく掃除もしやすいと、たいへん好評でした。

2-2.タイル張り浴室からユニットバスにリフォームする事例(税込870,000円)

<リフォーム内容>

  • 現在はタイル張り浴室(在来浴室)を使用
  • ミドルグレードのユニットバスへのリフォームを希望

在来浴室からミドルグレードユニットバスへ(税込870,000円)

建物タイプ 戸建て
費用 税込870,000円
工期 8日間
商品 リクシル アライズ
オプション 特になし

出典:http://okayamahigashi-nikka.com/works/bathroom/20180319150022.html

リクシルの一番の売れ筋、「アライズ」のミドルグレードを導入した事例。タイル張り浴室(在来浴室)に比べ、冬も寒くなく、滑りにくいと好評でした。

2-3.タイル張り浴室のままお風呂リフォームする事例(税込700,000円)

<リフォーム内容>

  • 今はタイル張り浴室(在来浴室)を使用
  • FRP浴槽交換、パネル上張りを希望

在来浴室のままお風呂リフォームする事例

費用 税込700,000円
工期 5日間
商品 浴槽:リクシル FRP
パネル:アイカ セラール
その他のリフォーム 水栓、手すり

出典:http://higashiosaka-nikka.com/works/bathroom/20170721075216.html

浴室のサイズに合うユニットバスがなく、タイル張り浴室(在来浴室)のまま浴槽を交換し、床と壁にパネルを張った事例です。まるでユニットバスのような仕上がりで、お客様からたいへん喜ばれました。

お風呂のリフォーム費用についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてお読みください。

>>相場が分かる!ユニットバスの交換費用をスッキリ解説
>>【プロが教える】在来浴室のリフォーム費用はいくら?

3.お風呂・浴室のリフォームの費用を具体的に解説

【お風呂リフォームの3パターンの費用と工期】

  費用概算 工期
3-1.ユニットバスから新しいユニットバスにリフォーム 60~120万円 3~5日間
3-2.在来浴室からユニットバスにリフォーム 70~130万円 4~10日間
3-3.在来浴室のままリフォーム 45万円~ (工事内容による) 5~10日間

お風呂リフォームのパターンは主に3つに分けられます。

もともとのお風呂が在来浴室かユニットバスか、また、どんなお風呂にリフォームするか、によって施工内容が変わり、費用も大きく変動します。

ユニットバスと在来浴室の違い

以下の項目では、お風呂リフォームの費用をそれぞれのパターンごとにご説明します。

3-1.ユニットバスを新しいユニットバスにリフォームする費用は?

ユニットバスを新しいユニットバスにリフォームする場合、リフォーム費用は以下の2つの要素によって変動します。

  • ユニットバスのグレード
  • ユニットバスのサイズ

これらの2つの要素の組み合わせで、リフォーム費用は以下のように変動します。

【今のお風呂がユニットバスの場合のリフォーム費用】

グレード サイズ
0.75坪タイプ
(1216)
(1317)
1.0坪タイプ
(1616)
(1717)
1.25坪タイプ
(1620)
1.5坪タイプ
(1624)
ロー 56~72万 61~76万 66~81万 76~91万
ミドル 65~83万 70~87万 75~92万 85~102万
ハイ 89~107万 94~112万 99~117万 109~127万

※TOTO、リクシル製の売れ筋ユニットバスの交換費用
※マンションは0.75坪タイプが大半、戸建ては0.75坪か1.0坪タイプが多い

賃貸物件に多いローグレードのユニットバスなら60~80万円、ミドルグレードなら70~90万円、ハイグレードであれば90~120万円前後を予算として見込んでおきましょう。

>>相場が分かる!ユニットバスの交換費用をスッキリ解説

■ユニットバスのグレードによる違いは?

ユニットバスのグレードによる違いを簡単に説明すると、以下のとおりになります。

  • ロー:シャワー・水栓は簡易的なもの。浴槽・床の断熱材はなし。
  • ミドル:断熱材入りの浴槽・床で冬でもあたたか。
  • ハイ:高級感のあるデザインで、使い勝手の良い水栓・シャワー

■ユニットバスのサイズの見方

ユニットバスのサイズは、“1216” “1616”といった数字で表記されます。サイズの見方は以下のとおりです。

ユニットバスのサイズの見方

>>ユニットバスのサイズを完全解説!あなたに最適なサイズはこれだ!

3-2.在来浴室をユニットバスにリフォームする費用は?

在来浴室からユニットバスにリフォームする費用は、主に以下の2つの要素によって変動します。

  • ユニットバスのグレード
  • 下地補修の有無

この2つの組合せで費用がどのように変わるかをまとめると、以下のようになります。

【今のお風呂が在来浴室の場合のリフォーム費用】

グレード 下地の補修
なし あり
ロー 63~83万 68~98万
ミドル 72~94万 77~109万
ハイ 96~109万 101~124万

※TOTO、リクシル製の売れ筋ユニットバスのリフォーム費用
※ユニットバスのサイズは、売れ筋の0.75~1坪タイプの費用

在来浴室の場合、築年数が20年も経つとタイルの隙間から水が浸入してくるため、土台や壁が腐食しているケースが2~3割ほどあります。そのような場合は新しい下地に補修する必要があり、追加で5~15万円ほどはかかる可能性があります。

■ユニットバスのグレードによる違いは?

  • ロー:シャワー・水栓は簡易的なもの。浴槽・床の断熱材はなし
  • ミドル:断熱材入りの浴槽・床で冬でもあたたか
  • ハイ:高級感のあるデザインで、使い勝手の良い水栓・シャワー

3-3.ユニットバスにせず在来浴室のままリフォームする費用はいくら?

ユニットバスがサイズ的に入らないなどの理由で、在来浴室のままでお風呂リフォームをするケースもあります。

在来浴室のまま行うお風呂リフォームでは、次の2つの要素によって費用が変動します。

  • どんな素材の浴槽にするか
  • どんな素材の床・壁材にするか

2つの要素の組み合わせで費用がどのように変わるかをまとめると、以下のとおりです。

【ユニットバスにしない在来浴室リフォームの費用】

浴槽の素材 床・壁材の素材
タイル張替え パネル上張り
FRP(強化プラ) 42~45万 49~52万
人工大理石 48~51万 55~58万
ホーロー 52~56万 59~63万

一番グレードの低いFRPの浴槽を選び、床を張り替えるリフォームなら、40万円台からリフォームが可能です。

一方で、グレードの高い浴槽を選ぶと60万円以上となり、ユニットバスにリフォームするのと同程度の費用がかかってしまいます。

また、既製品のユニットバスと違い、在来浴室はオーダーメイドのため、タイルや浴室の種類などこだわるほど費用は高くなります。

■浴槽の素材別にどんな違いがあるの?

浴槽の素材ごとの違いは、以下のとおりです。

  • FRP:価格が安いが、汚れは目立ちやすい
  • 人造大理石:汚れにくく、傷に強い
  • ホーロー:肌触りがよく、お手入れも簡単

■パネル上張りとは?

パネルの上張りとは、現在の床の上にユニットバスと同じような素材のパネルを張る工法のことです。ユニットバスが入れられない浴室でもユニットバス風になるので、人気の高いリフォーム方法です。

>>【プロが教える】在来浴室のリフォーム費用はいくら?

4.お風呂リフォームの実際の見積もり大公開!

この章では、お風呂リフォームの見積もりをいくつかご紹介します。正しく作成された見積もりには工事内容そのものが記載されているので、何にどれだけ費用がかかるのかが具体的にわかります。

4-1.ユニットバスから新しいユニットバスにリフォームする費用内訳

<見積もり要件>

  • 現在はユニットバスを使用
  • ミドルグレードのユニットバスへのリフォームを希望
  • その他オプションなし

今のお風呂がユニットバスの場合のリフォーム費用2

この見積もりにあるとおり、商品代は30~50万円程度、工事費は25~35万円程度が相場になります。ユニットバスのメーカーがTOTOやリクシルであれば、商品代は40~60%引きの価格で提示されることが大半です。

4-2.在来浴室からユニットバスにリフォームする費用内訳

<見積もり要件>

  • 現在は在来浴室
  • ミドルグレードのユニットバスへのリフォームを希望
  • 築50年以上で壁等の腐食がひどく、大規模な下地補修が必要

今のお風呂が在来浴室の場合のリフォーム費用2

上記のようなケースでは、商品代は30~50万円程度、工事費は30~50万円程度が相場になります。このケースは築年数が50年以上と古く、大がかりな下地補修が必要だったため、相場以上に工事費がかかりました。

4-3.在来浴室のままのお風呂リフォームする場合

<見積もり要件>

  • FRP浴槽交換
  • 床の上にパネルを上張り、ユニットバス風に

FRP浴槽交換、パネル上張りの見積り

上記のようなケースでは、浴槽交換で20万円程度、パネルの上張りでユニットバス風にするのに40万円程度かかり、合計60~70万円程度が相場になります。

5.TOTO(トートー) VS LIXIL(リクシル) 費用・特徴 徹底比較!

浴室リフォームの検討が進んでくると、どのメーカーのユニットバスにしようかと悩む方も多いと思います。

そこで、この章では、ユニットバスの2大メーカーであるTOTOとLIXILについて、費用やその特徴を徹底比較します。ユニットバスのメーカー選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

5-1.LIXILの方が費用を抑えられる可能性は高い!

多くのリフォーム会社では、見積もり条件が同じであれば、LIXILの方がTOTOよりも安くなる傾向にあります。実際にユニットバスのグレードや条件を同一にして見積もりを取ったところ、LIXILの方が商品代が15%ほど安くなりました。

TOTO vs リクシル

LIXILの方が割安になる理由としては、LIXILが建具やエクステリアなど、住宅設備以外の建材も幅広く扱っている点が挙げられます。リフォーム会社がさまざまな建材を合わせて発注することでユニットバスをより低い価格で仕入れることができ、結果としてお客様への値引き率も大きくできるのです。

5-2.同じグレードなら機能はほぼ一緒!

価格はLIXILの方が割安である一方で、同じグレードのユニットバスなら、機能面ではほぼ同等です。例えば、ミドルグレードのユニットバス(TOTOはサザナ、LIXILはアライズ)であれば、どちらも断熱材入りの浴槽・床、節水性が高いシャワーを採用しているなど、機能面に大きな違いはありません。

5-3.細部のデザインはTOTOが優れているという声も!

LIXILの方が費用的なメリットがあるにもかかわらず、市場シェアは

  • TOTO:25%
  • LIXIL:28%

と、ほぼ拮抗しています(2014年3月にリフォーム産業新聞に掲載されたデータより)。

リフォームガイドの加盟店からは、「TOTOはやっぱり細かいところが違う!」という意見が寄せられています。一方で、「LIXILもTOTOもあまり変わらない」という工務店も少なくありません。

LIXILとTOTOは、どちらも人気・実力ともに高いユニットバスメーカーで、どちらが優れている・劣っているとは一概にはいえません。どのメーカーにしようか迷った場合は、まずご自身でメーカーのショールームを訪れることをおすすめします。商品を実際に見て触って、好みに合うメーカーのユニットバスを選びましょう。

>>国内のお風呂・ユニットバスのメーカー10社を一覧比較

6.浴室乾燥暖房機などオプション費用はいくら?

浴室乾燥機などのオプション費用は、通常のユニットバスのリフォーム費用には含まれていません。あれもこれもとオプションをつけると、あっという間に費用ははね上がります。予算も考慮しながら、必要なオプションを厳選しましょう。それぞれのオプションの費用は以下の通りです。

【オプション費用】

オプション内容 費用相場
追い炊き機能付き 3~4万円
浴室換気暖房乾燥機付き 7~9万円
残り湯利用機能付き 3~4万円
三枚引き戸 7~9万円
手すり付き(一本) 1万円
浴室スピーカー付き 5~6万円
浴室TV付き 12~14万円
ジェットバス付き 12~14万円
給湯器交換 15~20万円

追い炊き機能や浴室換気暖房乾燥機は、ほとんどの人が選んでいる人気のオプションです。これらのオプションをつけると、基本のプランに追加して10万円前後かかると見込んでおきましょう。

なお、給湯器の交換費用については以下の記事で詳細を取り上げています。でぜひご確認ください。

>>相場を知って不安解消!給湯器の交換費用をスッキリ解説

7.ユニットバス交換費用を最大で20%抑えるコツ

「ユニットバス交換の費用はだいたいわかった。でも、予算が限られているので費用を抑えるコツを知りたい」

このようなご要望にお応えして、この章ではユニットバスの交換費用を最大で20%抑える”3つの秘訣”をご紹介します。

  • 価格で勝負できる地元の小さなリフォーム会社に依頼しよう!
  • 断熱材入り浴槽では思い切って追い炊き機能は外そう!
  • 洗面所のリフォームも一緒に行おう!

7-1.価格で勝負できる地元の小さなリフォーム会社に依頼しよう!

お風呂リフォームの費用を抑えるためには、地元の工務店に依頼することをおすすめします。地元の工務店の多くは、専任の営業マンやデザイナーを置かず、広告宣伝費もかけません。価格に上乗せされるコストが少ないので、費用を抑えることができます。

工務店が費用を抑えられる理由

一方、大規模・中規模のリフォーム会社では、下請け会社を使うことも珍しくありません。下請けを使うとマージンが上乗せされるため、費用が高くなる傾向にあります。自社で施工を行う地元の工務店なら、下請けを使わないぶん費用を抑えることができます。

ただし、「価格で勝負する地元のリフォーム会社」は、親方(社長)によって工事の品質に大きな差があります。そのため、リフォーム会社の技術力や担当者の人柄などを見極めて、実力のある会社を選んで発注することが重要です。リフォーム会社選びで悩んだときは、紹介サイトなどを活用して情報収集に努めましょう。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

リーズナブルで高品質なリフォームができる会社をお探しなら、リフォームガイドをご活用ください。

リフォームガイドでは、専任のコンシェルジュが、加盟店各社の価格情報やリフォームガイド以外のサイトも含めた口コミ情報を把握しているため、低価格で高品質のリフォーム会社をまとめてご紹介できます。

リフォームガイドのご紹介

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの30秒)
電話番号:0120-395-120
営業時間:10:00~19:00(全日)

7-2.断熱材入り浴槽では、思い切って追い炊き機能は外そう!

リフォーム費用をできるだけ抑えたい場合は、追い炊き機能は外してしまうのもひとつの方法です。断熱材入りの浴槽は保温性が高くお湯が冷めにくいので、追い炊き機能がなくてもお湯の温度を長く保っておけます。

筆者の家でも断熱材入りの浴槽を使っていますが、フタさえ閉めていれば真冬でも前日のお湯が比較的温かいまま残っています。お風呂をわかした翌日でも、少し熱めのお湯を足すだけで適温の湯船に浸かれるのです。

追い炊き機能を外すと、オプションの3~4万円が節約できるだけではありません。給湯器も追い炊き機能が不要になるので、さらに費用を抑えることができます。

お風呂リフォームの費用を少しでも安くしたい!という方はこちらの記事もおすすめです。
>>1つでも知ってると得!格安でお風呂・浴室リフォームする11の方法

水回りはセットリフォームでお得!?

水回りと呼ばれる【浴室・キッチン・洗面・トイレ】を同時に行うとお得にできる場合があります。

理由としては、同時に行うと現場管理費が1回で済むことや、同じメーカーの設備を選ぶことにより施工業者が発注の際に価格交渉しやすいことなどが考えられます。

水回り設備の寿命は大体15年~25年で、同時期に故障が立て続けに起こることも稀ではありません。お風呂リフォームを考えている方は同時に洗面・トイレなどのリフォームも検討してもいいでしょう。

特に洗面所に関しては、お風呂と同時にリフォームする場合が多いです。なぜならユニットバスの交換にあたって、多くの場合、洗面所側の壁をいったん壊して再度作り直す必要があります。そのため、ユニットバスだけのリフォームでも洗面所の壁のクロス張り替え作業が発生します。

お風呂はキレイなのに手前の洗面所が古いままだと、今まで気にならなった洗面所の汚れや劣化が気になるという懸念も、一緒にリフォームすることが多い理由の一つです。

こちらの記事も参考にしてください。
>>水回り3点セットリフォームの費用はどれくらい?安くなるワケも解説

8.お風呂リフォームのポイント、注意点、使える補助金

お風呂・浴室のリフォームは100万円前後の費用がかかるため、「あの時もっとこうしておけば良かった・・・」と後悔しないように慎重に行いたいものです。

以下では、お風呂リフォームで後悔しないために知っておきたいポイントや注意点をまとめました。

8-1. 掃除のしやすい素材を選ぼう

「白くてきれいな床になったけど、タイルの目地にカビが生えやすくて掃除が大変・・・」

などはよくある失敗です。

見た目だけでなく、掃除・メンテナンスの観点から素材も意識して選びましょう。

8-2.できれば実物を見に行こう

「思ったより狭かった」「思っていた色と違った」など、実際に使用してみると想像と違っていたということがあります。

後悔しないためにも、ショールームなどで実物を見てから決めるのが一番いい方法です。

希望に沿った提案もしてくれるので、足を運んでみることをおすすめします。

8-3.浴室は広ければいいものではない

「広くしたはいいけど、冬は寒くて結露が発生しやすい・・・」という失敗もあります。

浴室は、広くするほど壁が薄くなるため保温性が低くなり、換気もしにくくなります。

また広いお風呂に慣れていない場合、なんだかリラックスできない、掃除が大変、というデメリットもあります。

必要以上に広い浴室は後悔する原因になりますので、最低限必要なスペースはどのくらいかを考慮してリフォームするとよいでしょう。

8-4.ユニットバスの導入、交換で浴室が狭くなる場合も

ユニットバスは、パーツを箱状に組み立ててできています。

現在タイル張りの在来浴室にユニットバスを導入する場合、浴室の中に箱状のものを設置することになるため、浴室はその壁・床の厚み分狭くなります。

また、メーカーや種類によって壁の厚さが異なるため、ユニットバスからユニットバスへの交換の場合でも、今よりも狭くなる場合があります。

広さはどうなるか、事前に確認しておきましょう。

8-5.追加工事が発生する可能性がある

リフォームにおいて、追加工事はよくあることです。

お風呂リフォームでは、特にタイル張りの在来浴室からユニットバスにリフォームする際、タイルを解体していくとシロアリが発生している、水漏れにより木が腐っている、という理由から追加工事が発生することがあります。

大体の業者がシロアリや腐食は予測し、見積もりの段階で説明をするはずですが、中には高額な追加工事費用を請求してくる悪質な業者も存在します。

こうした事態にならないよう、契約前にあらかじめ、追加工事が発生する可能性とその場合の料金を確認しておきましょう。

お風呂リフォームの業者選びについては記事も参考にしてください。
>>お風呂のリフォーム会社選びの際に確認すべき3つのポイント

8-6.補助金を活用できる場合も!

バリアフリー目的のお風呂リフォームや、タイル張り浴室からユニットバスの設置、高効率・・・の導入などで補助金が出る可能性があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
>>お風呂リフォームで使える補助金は3種類!申請方法も解説

9.お風呂リフォームに関するQ&A

ここでは、お風呂リフォームに関する質問にお答えしていきます。

9-1.浴室ドア交換など部分的なお風呂リフォーム費用は?

お風呂全体をリフォームする必要はなく、困っている部分だけ直せればいい、と考える方も多いでしょう。浴室ドア交換や床タイルの張り替えなど、部分的なお風呂リフォームをする場合の費用は以下の通りです。

【その他のお風呂・浴室リフォーム費用相場】

リフォーム内容 費用相場
浴槽交換 12~39万円前後
浴室ドア交換 10万円前後
水栓の交換 2,3万円前後
床タイルの張替え 6万円前後
壁タイルの張替え 10万円前後
浴室鏡交換 2万円前後

これらの費用の詳細については、以下の記事でもご説明しています。ぜひご確認ください。

>>浴槽交換リフォームの費用
>>浴室ドア交換の費用
>>浴室タイルのリフォーム費用
>>浴室の壁リフォーム
>>浴室の鏡交換の方法と費用

9-2.バリアフリーのユニットバスにするときの費用はいくら?

今のユニットバスは、脱衣所から浴室への段差がほとんどありません。浴槽も深くないため、新しいユニットバスにリフォームするだけでもバリアフリーに近づきます。

そのほかのバリアフリー工事の費用としては、手すりを付ける場合は1~2万円ほど、車いすなどでも浴室に入りやすいように折れ戸から引き戸にするなら7~9万円ほどかかります。

【バリアフリーにかかる費用】

リフォーム内容 費用相場
手すりの設置 1~2万円
折れ戸から引き戸への変更 7~9万円

9-3.今より大きなユニットバスを導入する費用はいくら?

せっかくユニットバスのリフォームをするのだから一回り大きなユニットバスにリフォームしたい、という方も多いでしょう。

10cm程度であれば、特別な改修工事をせずともユニットバスをサイズアップできる場合もあります。しかし、サイズアップのためにお風呂の外壁を壊す必要も出てくるなら、追加で10~20万円ほどの費用を見込んだ方がいいでしょう。

9-4.戸建てとマンションでユニットバス交換の費用の違いは?

多くのユニットバスメーカーでは、戸建て用とマンション用で別シリーズのユニットバスを販売しています。費用は、マンション用のユニットバスの方が、戸建て用よりも数万円ほど高い傾向にあります。

マンション用のユニットバス交換については、以下の記事でも取り上げています。是非ご一読ください。
>>マンションのお風呂のリフォーム費用と安く抑えるコツ8選

戸建ての浴室リフォームをご検討中の方は、以下の記事を参考にしてください。
>>温かくて明るい快適なお風呂に!戸建ての浴室リフォームを徹底解説

9-5.お風呂・トイレが一緒3点ユニットバスのリフォーム費用は?

お風呂とトイレが一緒になっている3点ユニットバスのリフォーム費用については、以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひご一読ください。

>>入居率100%に近づける!3点ユニットバス分離リフォームを完全解説

10.まとめ

いかがだったでしょうか。お風呂のリフォーム費用は、

  • 今のお風呂がユニットバスか在来浴室か
  • どんなリフォームをするか

によって費用が大きく変わります。

また、オプションの追加やお風呂のサイズアップなどでも費用は高くなるので、注意が必要で

さらに、お風呂リフォームの費用は、リフォームを依頼する業者によっても変わります。費用を抑えて満足度の高いリフォームを行うには、地元の優良工務店を見つけることが重要です。

リフォームガイドには、多数の優良工務店が登録されています。リフォーム業者選びに迷った際には、ぜひご活用ください。

【この記事の抑えておきたいポイント】

お風呂・浴室リフォームの費用相場は?

ローグレードのユニットバスなら60~80万円、ミドルグレードなら70~90万円、ハイグレードであれば90~120万円です。

タイル貼りの在来浴室をリフォームする場合は、費用が変わります。

実際のお風呂・浴室のリフォーム事例とかかった費用は?

ユニットバスを新しくしたリフォーム:75万円
在来浴室からユニットバスにリフォーム:87万円
在来浴室のままキレイにリフォーム:70万円

ユニットバス交換費用を最大で20%抑えるコツは?
  • 価格で勝負できる地元の小さなリフォーム会社に依頼
  • 断熱材入り浴槽では思い切って追い炊き機能は外す
  • 洗面所のリフォームも一緒に行う

 

(お風呂リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
お風呂リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(お風呂リフォーム関連記事をもっと見る)

お風呂リフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!あなたに合ったリフォーム会社の見積もりが一括で取れる!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を厳選し、無料で見積りのお手伝いを致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括見積もり依頼

リフォーム完成お祝いキャンペーン リフォームガイドからの成約で最大50,000円分のギフト券プレゼント

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

あんしんの完成保証について

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。