【プロが教える】お風呂に追い焚き機能は後付けできる?費用や注意点を徹底解説

家族のライフスタイルが異なると、入浴時間もそれぞれ異なります。追い焚き機能が付いていないお風呂では、最後の人が入る頃にはお湯が冷めて不便な思いをするかもしれません。

そんなときに検討したいのが、お風呂の追い焚き機能を後付けするリフォームです。

この記事では、お風呂の追い焚き機能を後付けするリフォーム方法や、後付け工事にかかる費用、注意点を紹介します。あわせてどれくらい光熱費が削減できるかもシミュレーションしていますので、ぜひ参考にしてください。


1.お風呂に追い焚き機能の後付けは可能

結論から述べると、お風呂に追い焚き機能の後付けは可能です。ただし「追い焚き対応の給湯器に交換」+「配管工事」の2つが必須となります。

現在使用している給湯器がいくら新しくても、追い焚き機能に対応していなければ交換が必要です。

さらに、追い焚きをするためには、お湯を循環させる配管を浴槽から給湯器まで通す配管工事が必要になります。使用中の浴槽に追い焚きのアダプターを設置するための工事も必須です。

一口に追い焚き機能といっても、給湯器の種類やタイプによってリフォームできる範囲が異なりますので、ひとつずつ解説します。

自然循環方式

自然循環方式とは、水流の力でお湯を循環させる方法です。

浴槽にお湯を循環させる穴が2つ付いており、下の穴から冷めたお湯を吸い取り、上の穴から温めたお湯を吐き出します。

水流の力を頼りにしているため、浴槽内のお湯の温度にムラが生じやすくなるのが特徴で、上が熱く下がぬるくなるため、浴槽内のお湯をかき混ぜる必要があるでしょう。

自然循環方式の給湯器を使用したときの水の循環イメージ図