【事例付】ユニットバスリフォームが丸わかり!費用や注意点まで

ユニットバスリフォーム

「ユニットバスのリフォームって具体的にどれくらい費用がかかる?」

「ユニットバスのリフォームプランってどんなものがあるの?」

こんな風に悩まれてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

ユニットバスのリフォームをする際、費用・注意点などを把握しておく必要があります。そうすることで、失敗しないユニットバスリフォームを行うことが出来ます。

ユニットバスのリフォーム費用はユニットバスのグレードや現在のお風呂の状態、オプションの内容など様々な要素によって変わります。注意点は特に浴室や浴槽のサイズなどに気を付けることです。

この記事では、ユニットバスリフォームの費用、事例、注意点をパターンごとに説明します。

記事を読めば、あなたがしたいユニットバスリフォームのプランが具体的にわかります。

ユニットバス3点リフォームについてさらに詳しく知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

水回り3点セットリフォームの費用はどれくらい?安くなるワケも解説
水回り3点セットリフォームの費用はどれくらい?安くなるワケも解説
水回り3点セットリフォームの費用はどれくらい?安くなるワケも解説
記事を読む

1.ユニットバスのリフォーム費用

この章では、ユニットバスのリフォーム費用について説明します。

  • 在来浴室からユニットバスへリフォームする場合
  • ユニットバスから新しいユニットバスへリフォームする場合

上の2パターンに分かれています。こちらは費用について説明するために、大切な情報になります。

それぞれのパターン別に見積もりの例も併せていますので、実際にどれほどの金額になるのかなんとなく掴めるはずです。

【ユニットバスと在来浴室の違い】

在来浴室とユニットバスの違い

お風呂には主に在来浴室とユニットバスという2種類があります。在来浴室は昔ながらの、ユニットバスは壁やシャワー、浴槽などがセットになっているお風呂です。

1-1.在来浴室からユニットバスへリフォームする費用

ユニットバスへリフォームする費用は、60万~120万円です。実際のリフォーム例はこちらの章で紹介していますので、併せてご確認ください。ユニットバスへのリフォーム費用は、今のお風呂が在来浴室の場合以下の2つの要素次第で大きく変動します。

  • 完成形となるユニットバスのグレード
  • 下地補修の有無

ユニットバスのグレードや下地補修の有無によるリフォーム費用の変動をまとめると、以下の通りになります。今のお風呂が在来浴室の場合のリフォーム費用浴室リフォームの際に下地補修が必要な場合、5~15万円ほど追加費用がかかります。これは、在来浴室ではタイルのひび割れから水が浸入しやすく、浴室下の土台や洗面所の床が腐っているケースが多いためです。築年数が20年以上経っており、その間浴室のリフォームを行っていなければ下地補修は必須といえる程重要です。

在来浴室の2~3割は下地補修の必要が生じています。追加工事の可能性があることも見込んで予算を組んでおきましょう。

ではここで費用の内訳をさらに詳しく理解するために、見積もりからリフォームにかかる費用を細かく見ていきましょう。

こちらは在来浴室からユニットバスへリフォームした際の見積もりの一例です。

<見積り要件>

  • 現在は在来浴室
  • ミドルグレードのユニットバスへのリフォームを希望
  • 築50年以上で壁などの腐食がひどく、大規模な下地補修が必要

今のお風呂が在来浴室の場合の見積もり在来浴室からユニットバスへのリフォームは、工事費が高額になる傾向があります。工事には以下のものが必要になります。

  • 在来浴室の解体
  • 新しいユニットバスの組み立て
  • それに伴う電気・給排水工事
  • 必要に応じて下地補修

この見積り例のように、壁や床の