相場が分かる!浴槽交換リフォームの費用をスッキリ解説

「お風呂のリフォームをしたいけれど、あまり予算がない」

「予算があまりないので浴槽だけ交換したいけれど、その場合はいくらになるの?」

など悩まれてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

できるだけ費用を抑えて浴室をリフォームしたい方におすすめなのが、浴槽を交換するリフォームです。この記事では、浴槽交換の費用を実際の見積りや施工事例も交えてわかりやすくご説明します。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.浴槽交換の費用はいくら?

浴槽交換にかかる費用は、

  • 浴槽本体の商品代
  • 施工費

の2つの要素で構成されています。

また、浴槽交換の費用は、浴槽が以下のどちらのタイプかによっても大きく変動します。

  • タイルに埋め込まれた「埋込みタイプ」の浴槽
  • タイルの上に単純に置くだけの「据置きタイプ」の浴槽

「埋込みタイプ」「据置きタイプ」それぞれの費用についてまとめると、以下の通りです。

浴槽交換の費用

埋込みタイプは選べる浴槽の種類が多く、価格帯が幅広くなっています。さらに、床の解体や補修などが必要になるため、施工費が割高になります。その結果、埋込みタイプの浴槽交換では交換費用が24~49万円前後と割高で、費用の変動幅も大きくなります。

一方、据置きタイプの場合、床の解体は不要です。新しい浴槽に取り換えるだけなので、交換費用は12~14万円前後で収まります。

据置きタイプと埋込タイプってどんなイメージ?

一般的な埋込みタイプ、据置きタイプの浴槽の画像です。皆さまのご自宅で使用している浴槽がどちらのタイプになるかご確認ください。

2つの浴槽タイプ
出典:http://www.nikka-home.co.jp/

以下では、それぞれの浴槽タイプごとに交換費用をさらに詳しくご説明します。

1-1.埋込みタイプの浴槽の交換費用はいくら?

埋込みタイプの浴槽を交換する場合、その費用は23~49万円と変動幅が大きくなります。この章では、埋込みタイプの浴槽の交換費用について、さらに詳しく解説します。

埋め込みタイプの浴槽交換費用は、次の2つの要素で変動します。

  • どの材質の浴槽にするか
  • 浴槽のサイズに変更があるか

浴槽の材質とサイズで交換費用がどのように変わるかをまとめたのが、以下の表です。

埋込みタイプの浴槽交換費用

高級な材質の浴槽に交換すると、リーズナブルな材質の浴槽より10万円以上高くなります。

もともとの浴槽と異なるサイズの浴槽に交換する場合、床の解体、下地作り、タイル張りなどの作業が発生します。サイズ変更がない場合よりも7~10万円前後高くなると考えた方がいいでしょう。

浴槽の材質別にどんな特徴があるの?

主な浴槽の材質ごとの特徴は、以下の通りです。

  • FRP:価格が安いが、汚れは目立ちやすい
  • 人造大理石:汚れにくく、傷に強い
  • ホーロー:肌触りがよく、お手入れも簡単

1-2.据置きタイプの浴槽の交換費用はいくら?

据置きタイプの浴槽の場合、交換費用は12~14万円になります。

据置きタイプの浴槽交換費用

据置きタイプの浴槽はバリエーションが少なく、浴槽の材質もほぼFRPに限られています。

床の張替えなど、浴槽交換と同時に行うリフォームの費用について

浴槽交換をする際には、浴室の床や壁の張替え、浴室ドアの交換なども一緒にやりたいと考えている方も多いかと思います。

ここでは、浴槽交換と同時に行う可能性の高いリフォーム費用についてまとめました。

その他のお風呂・浴室リフォーム費用相場

これらのリフォーム費用の詳細は、以下の記事でもご紹介しています。ぜひご一読ください。

実際の見積りも公開!浴室ドア交換の費用相場やドアの種類別メリデメ

浴室タイルのリフォームを完全解説!費用相場やタイルの選び方など

浴室の壁リフォーム基礎知識:壁材の選び方とリフォーム費用

浴室の鏡を交換しませんか??鏡交換の方法と費用について

 

 

2.見積りを通じて浴槽交換の費用内訳を確認しよう

「なんとなく浴槽交換の費用はわかった。でも、本当ににこれだけかかるの?」とお思いの方もいるかもしれません。

そこで、この章では、実際に行ったリフォームの見積りを公開します。浴槽交換の費用内訳を具体的に確認できるので、費用のイメージをつかみやすくなるでしょう。

2-1.埋込みタイプの浴槽交換の場合

埋込みタイプの浴槽交換の見積り例

埋込みタイプの浴槽は、解体や床の補修が一日がかりになります。そのため、施工費が17~20万円ほどかかります。なお、TOTOポリバスのようなFRPの浴槽であれば5万円台から商品があり、予算に応じて商品を選ぶことができます。

2-2.据置きタイプの浴槽交換の場合

据置きタイプの浴槽交換の見積り例2

据置きタイプの浴槽交換では、浴槽本体の商品代が費用の大半を占めます。施工費は、廃材処理費も含めて4~5万円ほどです。

 

3.浴槽交換の施工事例と実際にかかった費用

この章では、浴槽交換の施工事例をいくつかご紹介します。実際にかかった金額とあわせて確認することで、浴槽交換の費用が具体的にイメージできるようになります。

■据置きタイプのFRP浴槽に交換した事例(税込350,000円)

風呂釜を撤去して浴槽スペースを広く取り、一まわり大きいFRPの浴槽を入れた事例です。浴室のドアは木製の建具からアルミ折れ戸にし、床は元のタイルの上に新しいタイルを上貼りしました。天井と壁は、塗装で新品同様になりました。

据置きタイプのFRP浴槽交換(税込350,000円)

据置きタイプのFRP浴槽交換(税込350,000円)2
出典:http://handa-nikka.com/works/bathroom/20150423174156.html

■埋込みタイプのFRP浴槽交換(税込230,000円)

現状の浴槽より広く、またぎやすいFRPの浴槽に交換した事例です。床タイルの全面張替えを含めた合計費用は23万円でした。

埋込みタイプのFRP浴槽交換(税込230,000円)

埋込みタイプのFRP浴槽交換(税込230,000円)2
出典:http://okayamanishi-nikka.com/works/bathroom/20160216142616.html

■埋込みタイプの人造大理石の浴槽交換(税込430,000円)

衝撃に強く汚れがつきにくい、人工大理石の浴槽を採用した事例です。今の浴室の雰囲気を残したいというお客様のご希望で、床や壁はパネル上張りではなくタイル貼り替えで仕上げました。タイル張替え費用も含めて、合計金額は43万円でした。埋込みタイプの人造大理石の浴槽交換(税込430,000円)

埋込みタイプの人造大理石の浴槽交換(税込430,000円)2
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/97

【データで見るお風呂リフォームの費用と相場】はこちら

4.まとめ

いかがだったでしょうか。浴槽交換の費用は、現在の浴槽のタイプや交換する浴槽のグレードなどによって変動することをご紹介しました。

浴槽交換のリフォームは、浴槽のタイプによってはユニットバスへのリフォームとあまり変わらない金額になります。ユニットバスへのリフォームをあわせて検討する方は、以下の記事もぜひご一読ください。

相場が分かる!ユニットバスのリフォーム費用をスッキリ解説


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。