相場が分かる!浴槽交換リフォームの費用をスッキリ解説

「浴槽交換の費用ってどれくらい?ほかのサイト見たけどよく分かんない!」
など悩まれてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

費用を極力抑えたいという理由で浴槽交換を検討する人にとって、その費用はすごく気になりますよね。

そこで、この記事では、浴槽交換の費用について、実際の見積りや施工事例を通じてどのサイトよりも分かりやすくご説明します。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.浴槽交換の費用はいくら?

浴槽交換の費用は、浴槽本体の商品代とその施工費から構成されます。

その交換費用は、タイルに埋め込まれた「埋込みタイプ」の浴槽か、タイルの上に単純に置くだけの「据置きタイプ」の浴槽かによって、施工の工程が大きく変わるため、費用も大きく変わります。

それぞれの費用についてまとめると次の通りです。

浴槽交換の費用

ご覧のように、「埋込みタイプ」では、選べる浴槽の種類も多く、かつ浴槽周辺のタイルの解体や補修が必要になるため、24~49万円と費用は高くなります。

一方、「据置きタイプ」の浴槽交換では、浴槽周辺のタイルの解体は不要で、単純に新しい浴槽に取り換えるだけなので、費用は12~14万円ほどです。

据置きタイプと埋込タイプってどんなイメージ?

2つの浴槽タイプ
出典:http://www.nikka-home.co.jp/

以下では、それぞれの浴槽タイプについて詳細の交換費用についてご説明します。

1-1.タイル埋込みタイプの浴槽の交換費用はいくら?

タイルに埋め込むタイプの浴槽の場合、交換費用は23~49万円と幅が大きく出ます。そこで、この章では、埋込みタイプの浴槽の場合、どのようなときにどれくらいかかるのか説明します。

埋め込みタイプの浴槽交換費用は、次の2つの要素によって費用が決まります。

  • どの材質の浴槽にするか
  • 浴槽のサイズに変更があるか

それぞれがどのように変わると費用にどのような影響が出るのかまとめると次の通りです。

埋込みタイプの浴槽交換費用

ご覧のように、高級な材質の浴槽に交換すると、10万円以上高くなります。また、もともとの浴槽と異なるサイズの浴槽に交換する場合、タイルの解体や、下地作り、タイル張りに追加の手間がかかるため、追加で7~10万円程かかると考えた方がいいでしょう。

浴槽の材質別にどんな特徴があるの?

  • FRP:価格が安いが、汚れは目立ちやすい
  • 人造大理石:汚れにくく、傷に強い
  • ホーロー:肌触りがよく、お手入れも簡単

1-2.据置きタイプの浴槽の交換費用はいくら?

据置きタイプの浴槽の場合、前述の通り費用は12~14万円になります。

据置きタイプの浴槽交換費用

据置きタイプの浴槽は現在数が少なく、交換できる浴槽の材質もほぼFRPに限られております。

浴室タイルの張替えなどのリフォーム費用について

浴槽交換と一緒に床や壁のタイルの張替え、浴室ドアの交換なども検討されている方も多いかと思います。

ここでは、そのような浴槽交換と一緒に行う可能性の高いリフォーム費用についてまとめました。

その他のお風呂・浴室リフォーム費用相場

これらの費用の詳細については、次の記事でもご説明しておりますので一度ご確認ください。

実際の見積りも公開!浴室ドア交換の費用相場やドアの種類別メリデメ

浴室タイルのリフォームを完全解説!費用相場やタイルの選び方など

浴室の壁リフォーム基礎知識:壁材の選び方とリフォーム費用

浴室の鏡を交換しませんか??鏡交換の方法と費用について

 

 

2.見積りを通じて浴槽交換の費用内訳を確認しよう

「なんとなく浴槽交換の費用は分かったけど、ホントにこれだけかかるの?」とお思いの方もいるかもしれません。

そこで、ここでは実際の見積りを通じて浴槽交換の費用内訳を確認できます。これを読むことで、浴槽交換の費用について納得感を得られるでしょう。

2-1.埋込みタイプの浴槽交換の場合

埋込みタイプの浴槽交換の見積り例

ご覧のように、埋込みタイプでは、浴槽の解体やタイル補修が一日がかりになるため施工費は17~20万円ほどかかります。なお、TOTOポリバスのようにFRPの浴槽であれば5万円程からあります。

2-2.据置きタイプの浴槽交換の場合

据置きタイプの浴槽交換の見積り例2

ご覧のように、据置きタイプの浴槽交換では、浴槽本体の商品代が費用の大半を占めます。施工費は、廃材処理費も含めて4~5万円ほどです。

 

3.浴槽交換の事例と実際にかかった費用

ここでは、浴槽交換の事例をいくつかご紹介します。実際の金額も確認することで、どのような浴槽交換でどれくらい費用がかかるのか具体的にイメージできるようになります。

■据置きタイプのFRP浴槽交換(税込350,000円)

風呂釜を撤去してスペースが空いたことで、一まわり大きいFRPの浴槽を入れた事例。浴室へのドアも木製の建具からアルミ折れ戸にし、タイルは既設に新しいものを上貼り、天井・壁は塗装で綺麗にしました。

据置きタイプのFRP浴槽交換(税込350,000円)

据置きタイプのFRP浴槽交換(税込350,000円)2
出典:http://handa-nikka.com/works/bathroom/20150423174156.html

■埋込みタイプのFRP浴槽交換(税込230,000円)

現状の浴槽より少しでも広く、跨ぎやすいFRPの浴槽への交換を行いました。床タイルの全面張替え込みで合計23万円になります。

埋込みタイプのFRP浴槽交換(税込230,000円)

埋込みタイプのFRP浴槽交換(税込230,000円)2
出典:http://okayamanishi-nikka.com/works/bathroom/20160216142616.html

■埋込みタイプの人造大理石の浴槽交換(税込430,000円)

費用を抑えて今の雰囲気を残したいとのことで、人工大理石の浴槽を採用。衝撃に強く割れにくいのが特徴で、汚れが付きにくいのを選びました。費用は税込みで43万円になります。

埋込みタイプの人造大理石の浴槽交換(税込430,000円)

埋込みタイプの人造大理石の浴槽交換(税込430,000円)2
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/97

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。浴槽交換の費用についてかなり理解が深まったのではないでしょうか。

浴槽交換の費用は、浴槽がタイルに埋め込まれているかどうかで費用が大きく変わります。据置き型であれば12~14万円、埋込みタイプであれば23~49万円ほどです。

浴槽交換は思っている以上に見積りを取ってみると高額になるため、ユニットバスにリフォームすることを検討する人もいるかお思います。ユニットバスへのリフォーム費用は次の記事でも取り上げておりますのでぜひご確認ください。

相場が分かる!ユニットバスのリフォーム費用をスッキリ解説


必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォームコンシェルジュがあなたの価値観に合った
ピッタリのリフォーム会社を選びます!

10の質問に答えるだけ!

コンシェルジュに相談する

ぜひ、私たちにお任せください!

ページ先頭へ