浴槽交換リフォームの費用相場|設置タイプ・材質・実際の見積もりで確認

浴槽交換

「お風呂のリフォームをしたいけれど、あまり予算がない」
「予算があまりないので浴槽だけ交換したいけれど、その場合はいくらになるの?」
と悩まれてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

できるだけ費用を抑えて浴室をリフォームしたい方におすすめなのが、浴槽を交換するリフォームです。この記事では、浴槽交換の費用を実際の見積りや施工事例も交えてわかりやすくご説明します。

浴槽だけでなく、お風呂全体のリフォームも検討されている場合は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

格安でお風呂・浴室リフォームする11の方法【1つでも知ってると得!】
格安でお風呂・浴室リフォームする11の方法【1つでも知ってると得!】
格安でお風呂・浴室リフォームする11の方法【1つでも知ってると得!】
記事を読む

1.浴槽交換の費用はいくら?

浴槽交換にかかる費用は、この2つの要素で構成されています。

  1. 浴槽本体の商品代
  2. 施工費

また、浴槽交換の費用は、浴槽が以下のどちらのタイプかによっても大きく変動します。

  • タイルに埋め込まれた「埋込みタイプ」の浴槽
  • タイルの上に単純に置くだけの「据置きタイプ」の浴槽

「埋込みタイプ」「据置きタイプ」それぞれの費用についてまとめると、以下の通りです。

<浴槽交換の費用>
浴槽タイプ 費用
タイルに埋め込むタイプ 23~49万円
タイル上に据置くタイプ 12~14万円

埋込みタイプは選べる浴槽の種類が多く、価格帯が幅広くなっています。さらに、床の解体や補修などが必要になるため、施工費が割高になります。その結果、埋込みタイプの浴槽交換では交換費用が24~49万円前後と割高で、費用の変動幅も大きくなります。

一方、据置きタイプの場合、床の解体は不要です。新しい浴槽に取り換えるだけなので、交換費用は12~14万円前後で収まります。

1-1.埋込みタイプの浴槽の交換費用はいくら?

埋込みタイプの浴槽を交換する場合、その費用は23~49万円と変動幅が大きくなります。この章では、埋込みタイプの浴槽の交換費用について、さらに詳しく解説します。

埋め込みタイプの浴槽交換費用は、次の2つの要素で変動します。

  1. どの材質の浴槽にするか
  2. 浴槽のサイズに変更があるか

浴槽の材質とサイズで交換費用がどのように変わるかをまとめたのが、以下の表です。

<埋め込みタイプの浴槽交換費用>
浴室の材質 サイズ変更
なし あり
強化繊維プラスチック(FRP) 23~28万円 30~38万円
人造大理石 30~34万円 37~44万円
ホーロー 34~39万円 41~49万円
ステンレス 25~45万円 32~55万円
木(ヒノキなど) 60~数百万円 67~数百万円

高級な材質の浴槽に交換すると、リーズナブルな材質の浴槽より10万円以上高くなります。

もともとの浴槽と異なるサイズの浴槽に交換する場合、床の解体、下地作り、タイル張りなどの作業が発生します。サイズ変更がない場合よりも7~10万円前後高くなると考えた方がいいでしょう。

1-2.据置きタイプの浴槽の交換費用はいくら?

据置きタイプの浴槽の場合、交換費用は12~14万円になります。

<据置きタイプの浴槽交換費用>
浴槽の材質 費用
強化繊維プラスチック(FRP) 12~14万円

据置きタイプの浴槽はバリエーションが少なく、浴槽の材質もほぼFRPに限られています。

床の張替えなど、浴槽交換と同時に行うリフォームの費用について

浴槽交換をする際には、浴室の床や壁の張替え、浴室ドアの交換なども一緒にやりたいと考えている方も多いかと思います。

ここでは、浴槽交換と同時に行う可能性の高いリフォーム費用についてまとめました。

<その他のお風呂・浴室リフォーム費用相場>
リフォーム内容 費用相場
浴室ドア交換 10万円前後
水栓の交換 2,3万円前後
床タイル張替え 6万円前後
壁タイル張替え 10万円前後
浴室鏡交換 2万円前後

これらのリフォーム費用の詳細は、以下の記事でもご