その請求は本当に正しい?賃貸の壁紙張替えで損しないための情報解禁

壁にクロスを追加

引っ越しで部屋を退去するときにトラブルになりやすい壁紙の張替え。

こうしたトラブルは借主が思っている補修部分と、実際に補修する部分の範囲に大きな差があることが原因で発生します。
一方で、費用負担が貸主にあるにも関わらず、借主に壁紙の張替え費用を請求している場合や、敷金を超えた範囲で過剰に請求している場合もあります。

この記事では、

  • 借主が費用を負担する場合と貸主が費用を負担する場合の違い
  • 壁紙の張替えで負担する費用相場

を解説。借主負担になった場合の費用を抑える方法も解説しています。

この記事を読んで、どんなケースでいくら費用負担が必要なのかを把握して、気持ちよく退去できるようになりましょう!

>>実際の見積もりから算出した壁紙(クロス)リフォームの費用相場をチェック!


1.賃貸の壁紙張替え費用負担はどっち?

画鋲で壁にポスターを張ったときの費用負担は貸主か借主、どちらの負担になるでしょうか?

実は、この場合の壁紙張替えの費用負担は貸主です!

賃貸物件から退去する際に壁紙張替えが必要となる場合の費用負担者は、壁紙のキズや汚れの原因によって異なります。  

どのような場合に借主または貸主の費用負担になるのかは次の表の通りです。

壁紙張替えの費用負担者
壁紙のキズや
汚れの原因
雇用負担者
貸主 借主
経年劣化
故意や不注意

ここでは、賃貸物件の壁紙張替えの費用をどちらが負担しなければいけないのかということについて説明致します。

1-1.経年劣化の場合は貸主の負担(前回の張り替えから6年は経年劣化)

経年劣化とは具体的には日照などによる日焼け、画鋲やピンの穴、テレビや冷蔵庫裏の黒ずみ汚れなどのことを指します。このような、通常消耗の場合は貸主が壁紙の張替え費用を負担することになります。

また、借主負担となるキズや汚れがあっても壁紙を張り替えてから6年経過している場合は、壁紙のキズや汚れの原因を問わず貸主の負担となります。なぜなら、壁紙の耐用年数は6年とされており、国土交通省の発行するガイドラインでもそのように規定されているからです。

そのため、経年劣化なのにも関わらず壁紙の張替え費用を請求されてしまった場合は、契約書や国土交通省の発行するガイドラインを確認しましょう。壁紙張替えについては18ページから27ページに詳しく書かれているので参照してください。その上で、記載されている内容と異なる場合にはその旨を伝え、交渉してみましょう。

1-2.故意または不注意の場合は借主の負担

タバコによるヤニやキッチンの過度な油汚れ、結露を放置したことによるカビやシミ、ペットの引っ掻き傷といった通常消耗以上の場合は借主の負担となります。

しかし、壁紙全体ではなく一部分だけにキズや汚れをつけてしまったといった場合には部屋全面の壁紙張替え費用を負担する必要はありません。このような場合、借主が負担すべき費用はキズや汚れをつけてしまった一面のみで、色を合わせるための他の壁紙の費用は貸主の負担となります。

壁紙張替え負担割合の考え方
出典:https://www.juutakuseisaku.metro.tokyo.lg.jp/juutaku_seisaku/tintai/310-9-jyuutaku.pdf

このような理由から、故意や不注意による破損であったとしても通常請求額は少額で済むことが多いです。

もし、一部の破損にもかかわらず壁全面分の高額請求をされてしまった場合には、貸主の負担であるということを管理会社等に伝え、不当な請求を受けないようにしましょう。