リフォームとリノベーションの違いがわかる!特徴をスッキリ解説

「リフォームとリノベーションの違いがわからない」

「どんな工事がリフォーム・リノベーションなの?」

このようにお考えではありませんか?

リフォームに関して情報収集していると、「リノベーション」という言葉にたどり着き、「リフォーム」と「リノベーション」それぞれの違いに混乱することもあるかもしれません。

実際に、リフォームとリノベーションには明確な定義の違いはないものの、工事範囲や言葉の使われ方において違いがあります。

こちらの記事では、分かりそうで分からない「リフォーム」と「リノベーション」の違いを具体例を用いて解説していきます。

また、同時に使われる場面が多く混乱が起こりがちな「全面リフォーム」と「リノベーション」の違いの有無についてもご紹介します。

こちらの記事を読むことで、「リフォーム」と「リノベーション」、「全面リフォーム」と「リノベーション」にはどのような違いがあるのか理解することができます。2つの言葉を理解することでリフォーム会社とのやり取りもスムーズに進むはずです。

ぜひ参考にしてください。


1.リフォームとリノベーションの2つの違い

ここでは、リフォームとリノベーションにはどんな違いがあるか解説していきます。

【リフォームとリノベーションの2つの違い】

  リフォーム リノベーション
工事の範囲 部分リフォームから大規模リフォームまで幅広い 中~大規模工事が多い
一般的なニュアンスの違い 原状回復が中心 革新的な工事を指す
デザイン重視であることも多い

1-1.「工事の範囲」の違い

「リフォーム」という言葉は、建物の改修に関する様々な工事に対して用いられます。

そのため、工事が行われる箇所の名称を付けて「全面リフォーム」「水回りリフォーム」「外壁リフォーム」などと表現することもあります。

一方、「リノベーション」は中〜大規模工事を指すのが一般的です。設備の交換や内装貼り替えなどの部分的な工事ではなく、建物全体に関わる工事を意味することが多いです。

1-2.一般的なニュアンスの違い

「リフォーム」は一般的に原状回復を中心に行う工事を指すことが多いです。古くなった設備を新しくする、汚れや傷がついた壁や床を張り替える、などはよくあるリフォームです。

対して、「リノベーション」は革新的な変化を伴う工事を指すことが多いです。古民家を改装して古民家の良さも残した現代の住まいにする、中古マンションの一室をすべて解体し今までとは全く別の間取りにする、などの工事をリノベーションと呼ぶことがあります。またリノベーションとよばれる工事はデザイン性の面でもこだわったものであることが多いです。

こちらは、トイレの設備および内装を一新したリフォーム工事の施工事例です。