予算1,000万円で戸建てをどこまでリフォームできる?フルリフォーム事例も

予算1,000万円で戸建てをどこまでリフォームできるか完全回答

「予算1,000万円でどこまでリフォームができるのか?」
「予算1,000万円あれば新築同然に作り直せるだろうか?」

とお考えではありませんか?

予算1,000万円あればかなり大規模なリフォームができますが、住宅の大きさや劣化状態によっては、十分な金額とはいえません。

この記事では、予算1,000万円でどこまでリフォームができるのか、どこからは難しいのか、事例を交えながらご説明します。あなたの物件のリフォームが予算1,000万円で収まるかどうか判断できるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

▼マンションの1,000万円でできるリフォームについては、以下の記事で解説しています。マンションでお考えの場合はこちらをご覧ください。

予算1000万円でできるマンションリフォームを徹底解説【事例付き】
予算1000万円でできるマンションリフォームを徹底解説【事例付き】
予算1000万円でできるマンションリフォームを徹底解説【事例付き】
記事を読む

>>実際の見積もりデータから算出した「リフォームの費用と相場」をチェック!


1.予算1,000万円でリフォームできる範囲とできない範囲

予算1,000万円でできるリフォームとできないリフォームをまとめると次の通りになります。

予算1000万円できるリフォームできないリフォーム

予算1,000万円あれば、家の大きさにもよりますが、家の中を新築同然に作り変えることが可能です。間取りを大幅に変えることもできるでしょう
しかし家の中だけでなく、外壁や屋根などの外装まで全て新品に張替えるとなると、1,000万円に収めるのは難しくなります

スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームとは、もともとの内装や外装を全てはがして基礎と骨組みだけにし、一から作り直すリフォームのことです。

スケルトンリフォームは、施工面積が増えれば増えるほど費用が膨らみます。

例えば延床30坪(約100㎡)の