予算1,000万円で戸建てをどこまでリフォームできるか完全回答!

アイキャッチ

「予算1,000万円でリフォームしようと考えているけど、どこまでできそうか?」
「予算1,000万円あれば新築同然に作り直せるだろうか?」

予算1,000万円と聞くと、古い住宅も新築同然に作り直せるように思えますが、住宅の大きさやリフォームの範囲によっては十分とはいえません。

そこで、このコラムでは、予算1,000万円でどこまでリフォームができるのか、どこからは難しいのか、事例を交えながらご説明します。

この記事を読めば、予算1,000万円で希望するリフォームができるかを判断できます。さらに、あなたの物件のリフォーム予算が1,000万円で収まるかどうかも判断できます。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.予算1,000万円でリフォームできる範囲とできない範囲

予算1,000万円でできるリフォームとできないリフォームをまとめると次の通りになります。

予算1000万円できるリフォームできないリフォーム

スケルトンリフォームとは、もともとの内装や外装を全てはがして基礎と骨組みだけにし、一から作り直すリフォームのことです。

スケルトンリフォームで内装・外装ともに新築同然に

スケルトンリフォームは、施工面積が増えれば増えるほど費用が膨らみます。

予算1,000万円でスケルトンリフォームを行う場合、建坪25坪(82.5㎡)程度までなら内装を新築同然に作り直すことは可能です。

築40年以上の物件では、予算1,500万円で考えよう

予算1,000万円では外装を含めたスケルトンリフォームは難しくなります。建坪にもよりますが、1,500万円ほどはかかると見込んでおく必要があります。

築40年を超えるような古い物件では、屋根や外壁など外装の劣化が進行しています。塗装だけでは雨漏りのリスクを完全に取り除くことは難しいでしょう。妥協して内装だけスケルトンリフォームを行ったとしても、家全体の寿命を十分に延ばすことはできません。

表面的なリフォームにとどめると思わぬ災難も

この場合、ローンを組んでで追加資金を準備してでもしっかりリフォームを行うことをおすすめします。また、購入を検討している段階ならその物件は諦め、予算1,000万円以内でリフォームできる物件を探すのもよいでしょう。

なお、ローンを組む場合は次の記事も参考にしていただけます。

リフォームローンの全てを徹底解説!金利相場や返済イメージ、会社選び等

 

2.予算1,000万円の施工事例と実際にかかった費用

ここでは、予算1,000万円前後の施工事例と実際にかかった費用をご紹介します。どのようなリフォームがどれくらいでできそうか、具体的なイメージと費用感を養うのに役立ちます。

2-1.1,000万円以内でできた事例

■63㎡の戸建てスケルトンリフォーム事例(800万円)

間取りの変更を伴う比較的規模の大きい工事でした。リビングを中心とした限られた部分だけの内装リフォームだったため、費用は800万円に抑えられました。

あまり使われることのなかった和室をこの機会に取り払い、そのぶんリビング・ダイニングを拡大しました。さらにダイニングとキッチンの間の壁を撤去し、リビング全体が開放感のある印象に。

自然素材を使用した床・壁のリフォ―ムも行って、機能性・見た目ともに大満足のリビングが完成しました。

63㎡の戸建てスケルトンリフォーム事例(800万円)

63㎡の戸建てスケルトンリフォーム事例(800万円)
出典:http://suikoubou.co.jp/works/9968house-renovation-itay

■65㎡の戸建てスケルトンリフォ―ムの事例(940万円)

大規模な間取り変更や住宅設備の入れ替えに加え、外装リフォームも伴う工事でした。ただし、外装工事は外壁の塗り替えとバルコニーの掛け替えにとどまったため、1,000万円以下で収まりました。

この事例では耐震補強工事も行いましたが、使用した筋交いに塗装を施してアクセントにしました。外壁にもモダンテイストな塗装を施し、外観も内装もおしゃれな住居に仕上がりました。

築30年65㎡のリフォーム事例(940万円)間取り

築30年65㎡のリフォーム事例(940万円)
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/380

2-2.1,000万円以上かかった事例

■築40年25坪(80㎡)の戸建てスケルトンリフォーム事例(1,470万円)

1階はLDKを広げ、ゆったり過ごせるようになりました。3部屋あった2階は2部屋にし、より開放感のある空間づくりをしました。

全体的なデザインのコンセプトは、「ほんのり和モダンテイスト」。フローリングはチーク色を、柱やキッチン、棚にアクセントカラーとして濃いブラウンを使い、家具との調和を図りました。

照明はダウンライトやスポットライトを使い分け、シーンに応じた照明演出ができるようにしました。

築40年25坪の戸建てスケルトンリフォーム(1470万円)間取り

築40年25坪の戸建てスケルトンリフォーム(1470万円)
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation059/

■築40年26坪(86㎡)の戸建てスケルトンリフォーム(1,650万円)

耐震や断熱など、住居の性能にこだわったリフォ―ムの事例です。耐震診断に基づいて柱や梁の補強を行い、外装に軽くて丈夫なガルバリウム鋼板を用いています。屋根・壁・窓ガラスの断熱にも抜かりありません。

採光の難しい1階から2階にリビングを移し、内装は光を反射させる白で統一しました。さらに天窓も取りつけ、以前とは見違えるほど明るいリビングになりました。

■築40年26坪の戸建てスケルトンリフォーム(1650万円)間取り

■築40年26坪の戸建てスケルトンリフォーム(1,650万円)
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/372

 

3.まとめ

いかがだったでしょうか。予算1,000万円でできるリフォームのイメージがふくらんだのではないでしょうか。

予算1,000万円なら、内装はある程度の広さまで新築同然に作り直すことができます。一方、外装まで新築同然にするのは難しい予算といえます。

築40年経過すると外装の劣化も激しいため、内装に加えて外装のスケルトンリフォームも必要です。物件の築年数や状態によって必要なリフォームは変わるため、予算1,000万円で十分かどうかは、慎重に検討しましょう。

戸建てのリフォームをご検討の方におすすめの記事を以下にまとめています。是非あわせてご一読ください。

成功事例付き!費用など築30年戸建てリフォームを完全解説
成功事例付き!費用など築40年戸建てリフォームを完全解説
成功事例付き!費用相場など築50年リフォームを完全解説
予算500万円で戸建てをどこまでリフォームできるか完全解答


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。