【事例付き】予算2000万円でどこまでリフォームできる?

2000万円の予算でリフォームしたいと考えたとき、気になるのは「どの程度のリフォームができるのか?」ではないでしょうか。予算の2000万円を有効に活用するためには、何ができ、何ができないのかを知っておくことが大切です。

今回は、予算2000万円でできるリフォームの内容や、2000万円では不足する可能性があるケースを解説します。実際に予算2000万円以内でリフォームした一戸建て・マンションの事例や、リフォームに使えるローンの種類、リフォーム会社選びのポイントなども紹介します。


1.予算2000万円では全面的なリフォームが可能!

1-1.2000万円でできる戸建てリフォーム

一戸建てをリフォームしたい場合、家の大きさにもよりますが、2000万円の予算があれば以下のようなリフォームが可能です。

  • 家全体の床・壁紙の張り替え
  • 水回り設備の入れ替え
  • 外壁・屋根の塗装

ある程度全面的なリフォームができると考えて問題ないでしょう。
ただし一戸建ては建物の状態によって、優先的に手を入れる場所が異なります。比較的状態が良ければ上記に加えて間取り変更までできる可能性もあります。

>>2000万円で戸建てをリフォームした事例

1-1.2000万円でできるマンションリフォーム

マンションについては、基本的に希望はほとんどかなえられると考えて問題ありません。マンションは一戸建てと違い、共用部分となる外壁や屋根などにはリフォーム費用をかける必要がないためです。

>>2000万円でマンションをリフォームした事例


2.2000万円を超えてしまうリフォーム

リフォーム予算2000万円を超えてしまうのは、どのようなケースが考えられるのでしょうか?

2-1.一戸建てのスケルトンリフォーム

「スケルトンリフォーム」とは、家の内装や外装をすべて取り払い、骨組みだけにしてからおこなう大がかりなリフォームです。

一戸建てをスケルトンリフォームするとなると、2000万円では収まらないことがほとんどです。一般的な30坪の戸建てでも、スケルトンリフォームをおこなうと3000万円近くかかってしまうこともあるでしょう。

またスケルトンリフォームを希望していなくても、シロアリ被害がひどい、屋根・外壁の劣化がひどいなど、建物の状態が悪い場合は、スケルトンリフォームをせざるを得ない場合もあります。家の状態によっては2000万円で希望のリフォームを実現するのは難しいと考えておきましょう。

スケルトンリフォームではなく、残せる部分は残してリフォームすれば、2000万円の予算内に収めることができる可能性もあります。2000万円でどこまでリフォームできるのか、まずはリフォーム会社に家の状態を見てもらいましょう。
回答

2-2.水回り設備を共有しない二世帯住宅への改築

二世帯住宅のうち、完全分離型や水回り設備を完全に分けるタイプの部分共有型にリフォームするなら、予算2000万円では足りないかもしれません。

浴室やキッチンなどは設備本体が高額なうえ、給排水工事などにも費用がかかります。二世帯住宅で水回り設備を共有しないなら、それぞれを2軒分導入する必要があるためです。

世帯ごとに生活空間を分けるために、間取りを大きく変えることも多いため、設計に関する工数増えたり工事範囲が広くなることも理由の一つです。

二世帯住宅のリフォーム費用を完全解説!お得な業者選び・補助金も
二世帯住宅のリフォーム費用を完全解説!お得な業者選び・補助金も
二世帯住宅のリフォーム費用を完全解説!お得な業者選び・補助金も
記事を読む

2-3.使用する素材・設備にこだわり、空間デザインに凝ったリノベーション

「壁はすべて塗り壁にしたい」「最新のハイグレードなキッチンを入れたい」など、使用する素材や設備にこだわる場合も2000万円だと足りなくなる可能性があります。

また「今は普通の2階建てに、吹抜けを設けたい」「天井は折り上げ天井にしたい」「壁には間接照明を仕込みたい」など、空間デザインに凝る場合もそれだけ材料費や工数が増え、予算が不足することもあります。

▼リフォームの費用相場を把握したいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

>>データでみるリフォームの費用と相場