場所別!リフォームの失敗例と失敗しないポイント

リフォームの失敗例と失敗しないためのポイント

「せっかくリフォームしたのに前より住みづらくなった…」
「こんなリフォームになるはずじゃなかったのに…」

リフォームが終わってからこんなこと言いたくありませんよね。
リフォームは金額が大きく、工事中はたくさんの人が出入りしてストレスを感じることも多いかと思います。様々な面で苦労し、快適な生活が手に入ると期待して行ったリフォームです、絶対に成功させたいところです。

一方で、希望通りにリフォームしたはずなのに意外と住みづらかったというケースも少なくありません。今回は、箇所別の失敗事例と、リフォームを失敗せずにすむコツを解説いたします。

目次


1.リビングの失敗例と失敗しないポイント

リビングの失敗例と失敗しないポイント

1-1.リビング階段が部屋を圧迫してしまい、リビングが狭くなってしまった

リビング階段にする場合、スペースが十分に確保できていないと、無理やり押し込めたような印象になり、狭く居心地が悪く感じます。

お子様とのコミュニケーションを増やすことを目的にリビング階段を作られる方も多くいらっしゃいますが、居心地の悪いリビングはコミュニケーションを減らしてしまうのかもしれません。

1-2.窓が大きすぎて視線が気になり、陽射しが暑い

 たくさんの光が差し込む、明るい家を目指して窓を大きくしたいと思っていらっしゃる方は窓の位置をしっかりと確認しましょう。窓から見える景色を想像することは難しいと思いますが、ご近所とのトラブルを避けるためにもきちんとシミュレーションしておきましょう。

また、窓を作る方角にも気を配りましょう。南側に大きな窓を作ると部屋の温度が暑くなりすげてしまうことがあります。窓を断熱仕様にするなど工夫をしましょう。

1-3.リビングに間仕切りを設置したら、奥まで光が差し込まなくなった

光の入り方を事前に考えておくことは非常に大切です。間取り図を見て時間帯によってどこから光が差し込むのか確認しておきましょう。間仕切りを選ぶ際には実物を確認しましょう。

写真だと質感や色合いなどが違って見えることも多いです。後悔しないリフォームにするためには、やはり実際に見て確認しましょう。