汲み取り式(ぼっとん)トイレのリフォームに使える補助金・助成金

昔ながらの汲み取り式トイレは、電気を使わずコストが低いというメリットがあるものの、臭いや使いづらさなどのデメリットも多くあります。特に子どもや高齢者がいる家庭では落下の危険もあるため、リフォームを検討する方も多いでしょう。

しかし汲み取り式トイレを水洗トイレにリフォームしたくても、費用がネックとなり踏み切れない方もいるはずです。そこで今回は、汲み取り式トイレをリフォームする際に使える補助金制度を4つ解説します。


1.汲み取り式(ぼっとん)トイレリフォームの方法と費用相場

補助金の話に入る前に、まずはトイレリフォームの方法と費用相場を確認しておきましょう。ご自宅によって設置できるタイプや費用が異なるため、まずはどのケースに該当するのか知っておくと、リフォームの目途が立ちやすくなります

汲み取り式トイレをリフォームする方法には、以下3つがあります。

  • 簡易水洗トイレ
  • 水洗トイレ(下水道直結)
  • 水洗トイレ(浄化槽)

それぞれ費用が異なりますので、順に見ていきましょう。

簡易水洗トイレ:約30~60万円

汲み取り式(ぼっとん)トイレを簡易水洗トイレにリフォームする費用相場は約30~60万円です。

簡易水洗トイレとは、汲み取り式と仕組みは同じでも、水を流して排泄物を処理するタイプ。イベント会場などでよく見かける、仮設トイレに近いイメージです。

下水道工事や浄化槽を設置する必要がなく、比較的リーズナブルにリフォームできます。ただし、汲み取り式と同じく便槽に排泄物をためるため、バキュームカーに汲み取ってもらう仕組みは変わりません。便槽がいっぱいになるスピードが早いことから、ウォシュレットの設置も不向きです。

水洗トイレ(下水道直結):約50~100万円

汲み取り式(ぼっとん)トイレを水洗トイレ(下水道直結)にリフォームする費用相場は約50~100万円です。

下水道直結の水洗トイレは、汲み取り式のように便槽を必要とせず、下水道に排泄物を送り込むタイプなので衛生的です。下水道が通っている地域であれば、下水道工事により使えるようになります。

ウォシュレットの設置も可能で、簡易水洗タイプよりもトイレの種類が豊富です。節水型や機能性に優れたトイレを設置できるなど、さまざまなタイプに対応できます。ただし便槽を撤去し、下水道工事をするため、簡易水洗トイレよりも費用が高額になります。

水洗トイレ(浄化槽):約100~200万円

汲み取り式(ぼっとん)トイレを水洗トイレ(浄化槽)にリフォームする費用相場は約100~200万円です。

下水道が通っていない地域でも、一般的な水洗トイレを設置したい場合は、浄化槽タイプの水洗トイレがおすすめです。浄化槽とはトイレの汚水など生活排水をためて、微生物の働きによりきれいな水に変える装置のこと。敷地内に設置できるため、下水道は不要です。

下水道直結の水洗トイレのように、ウォシュレット機能や機能性に優れたトイレを設置できるのもメリット。ただし、浄化槽設置だけで100万円前後必要です。浄化槽の大きさによって費用が変わりますが、他のタイプよりも高額になる点に変わりはありません。