あなたにピッタリの洗面台リフォームはこれ!費用相場や注意点も!

「いくら掃除をしても水あかがつくし、ほんとイライラする!」「どれだけ片付けてもすぐ散らかってきたならしい!」「だけど、どんな洗面台ならイライラを解消できそうか」「安い買い物ではないし、少しでもお得に洗面台リフォームする方法はないか」などとお考えの方も多いのではないでしょうか。

こんにちは、リフォームガイドです。洗面所の多くは脱衣所や洗濯場など様々な用途で使われるため、みなさまの多くは収納や使い勝手の面で悩みを抱えているかと思います。しかし、これらの悩みは洗面台のリフォームで一気に解決できます。

全て解決
出典:http://machida-nikka.com/works/toiletries/20160915143815.html

そこで、ここでは、みなさまの悩みを解決するためにどのようなリフォームをすべきか、そのときどれくらいの費用を見込めばよいか、そのほか、具体的に洗面台リフォームを進める中で何に注意すべきかなど、洗面台をリフォームする上で知っておくべき全てのことをお伝えします。

これを読むことで、みなさまがやりたい洗面台のリフォームがどれくらいの費用がかかるか分かるだけでなく、どのような点に注意して洗面台リフォームを勧めればいいのかが分かります。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.洗面台リフォームの方向性を決めよう!

費用などの詳細を確認する前に、どのような洗面台リフォームをすべきか、その方向性を決めましょう。

1-1.洗面台リフォームで考えるべき3つのポイント

洗面台は、グレードの違いやオプションの付加状況に応じて、使い勝手や収納量が大きく変わります。当然、それらを充実させればさせるほど、費用がかさむのも事実です。

3ポイント

1-2.洗面台リフォームの3つの方向性

ここでは、価格重視なのか、使い勝手や収納量重視なのか、洗面台リフォームの方向性を決めましょう。洗面台リフォームの方向性は次の3つに大きく分類することができますので、どれが自分の趣向に合いそうかご確認ください。

要望別

シンプルタイプとデザインタイプ、キャビネット付きデザインタイプの具体的なイメージについては、以下ご参照ください。

3タイプ

1-3.リフォーム内容別!洗面台リフォームの施工事例

ここでは、「シンプルタイプ」「デザインタイプ」「デザインタイプ + キャビネット」それぞれについて、具体的な施工事例をご紹介します。実際の施工事例を通じて、施工イメージや費用感を養っていただければ幸いです。

シンプルタイプ
出典:http://hamamatsunishi-nikka.com/works/small/20160606164400.html

デザインタイプ
出典:http://fukuokachikushi-nikka.com/works/toiletries/20170930053731.html

デザインタイプキャビネット
出典:http://itsukaichi-nikka.com/works/toiletries/20170214233118.html

シンプルタイプとデザインタイプの違いまとめ

交換したら10年は使う洗面台だからこそ、単純に安さだけを求めるのではなく、費用対効果の観点でしっかりと評価して、どの洗面台にするか決めましょう。ここでは、シンプルタイプとデザインタイプの違いについて、使い勝手と収納量の観点からご説明します。

使い勝手の観点

シンプルタイプでは、洗面ボウルも狭く浅く、水栓もグレードはデザインタイプに比べると下がります。そのほか、機能面でもこまごまとした点で変わります。

使い勝手

収納の観点

シンプルタイプでは、どうしてもモノがあふれがちになってしまいます。一方で、デザインタイプでは、収納に関する工夫が随所にみられ、化粧品や洗面道具が全て片付く設計になっております。

収納量

 

キャビネットは狭い空間を最大限有効活用する裏技

自分でホームセンターに行ってキャビネットを買ってきた方が当然安く抑えることができます。ただそうであっても、オプションのキャビネットが選ばれる理由は、洗面所という狭い空間を最大限有効活用できるからです。

洗面台の上部や、洗面台横の隙間、洗濯機の上部など、洗面台に合う形に最適化されたキャビネットをプロに施工してもらえるからこそ、デッドスペースを最小化できます。

オプションキャビネットメリット

 

洗面台の高さの選び方

洗面台を選ぶ際、高さについて検討しましょう。基本は80センチの高さですが、主に利用する人の身長にあわせて高さを変えると、より使いやすい洗面台になります。洗面台の高さの目安は、洗面台の前に立って蛇口に手を伸ばした状態で、肘の高さより少し低くなるくらいがちょうど良いでしょう。以下の図で、身長別に適切な高さをご紹介します。

高さ3

 

2.洗面台リフォームの費用詳細

洗面台リフォームの大きな方向性を確認したあとは、どれくらいの費用がかかりそうか、より詳細な費用について確認しましょう。

洗面台のリフォーム費用は、洗面台の本体費用と、トールキャビネットなどオプションにかかる費用で構成されます。また、洗面台のリフォームに合せて、洗面所のクロス・床の張替えや洗濯機パンの交換も行う人が多いため、費用の全体感を掴むためには、これらのコストも考慮すべきです。

 考慮

2-1.洗面台本体にかかる費用(10~30万円前後)

既に説明したように、洗面台本体の費用は、使いやすさや収納量にこだわるかで価格帯が大きく変わります。また、当然、間口(洗面台の横幅のサイズ)が大きくなればその分高くなります。これらシンプルタイプとデザインタイプの間口のサイズ別費用相場(施工費込み)は以下の通りです。

タイプ別

各リフォーム会社の仕入れ値や職人への手間賃、上乗せされる利益の違いにより、上記のように数万円の差が発生します。

なお、どのような会社が安い価格で洗面台のリフォームができるかについては、「3.洗面台リフォームは価格と担当者の質で業者を選ぶべし!」をご確認ください。

2-2.オプション費用(トールキャビネット等)にかかる費用

標準仕様の洗面台の費用には、キャビネットなどのオプションは含まれていないため、取付けを希望する場合は、追加費用を要することを考慮した方がよいでしょう。

オプションごとの費用

各種キャビネット

これらの価格は洗面台本体の入替え時にオプション付加した場合の前提です。洗面台入替え後のオプション付加については、部品扱いとなるため、高くなってしまうことをお含みおきください。

2-3.その他関連リフォーム費用(洗面所のクロス・床張替えなど)

洗面台を取り外すこの機会に、洗面所のクッションフロアやクロスの張替えも是非検討しましょう。また、現在使っている洗濯機に合せた洗濯機パンに交換することで、デッドスペースを減らせる可能性もあります。それぞれの費用について把握しておきましょう。

その他関連

洗濯機パンの交換で1.5~3.0万円と幅が出ている理由は、排水管の位置の移動を伴う場合別途工事が必要になるためです。

なお、これらは洗面台交換と合せて行うときの費用です。単体で行うときは、費用が高くなってしまう可能性があることをお含みおきください。

 

3.洗面台リフォームは価格と担当者の質で業者を選ぶべし!

洗面台リフォームは、基本的に既製品の取付けのみになるため、品質についてあまりリスクを感じる必要がないリフォームになります。そのため、技術力の高さより、価格と担当者の質を重視してリフォーム会社を選定しましょう。ここでは、低価格で洗面台リフォームできる業者の見分け方と、よい担当者の見分け方をご説明します。

3-1.低価格で洗面台リフォームできる業者の見分け方

業者からの見積りは、洗面台の商品代と職人への手間賃に、業者の利益が乗せられて構成されます。以下では、それぞれの金額を抑えられる会社の特徴と、みなさまでできる見分け方をご説明します。

内約

つまり、大量仕入れや自社職人により原価を抑え、広告宣伝費や本社経費をあまりかけない小さいリフォーム会社が最も安く提供できる会社だということが分かります。

「大量仕入れ」や「自社施工」などのキーワードや、会社の規模などの情報をもとに、ホームページや各種ポータルサイトでの情報から現地調査を依頼する企業を選ぶことをおすすめします。

洗面台リフォームが低価格でできる業者のホームページ例

ここでは、上記の見分け方をもとに、洗面台リフォームを低価格でできる業者の具体的なホームページ例をご紹介します。

水回りの施工実績・販売台数の豊富さを伝えている例

水回りの施工実績や販売台数の豊富さを伝えることで、低価格で提供できることを暗に伝えることもあります。メーカーからの販売実績に関する表彰状などをもらっている会社は要チェックです。

施工実績・
出典:http://www.aiteria-n.co.jp/

原価へ乗せる利益を抑えることで低価格を伝えた例

仕入れ値のまま提供することをすることを伝えたホームページの例は以下のようなものがあります。

原価上乗せ
出典:http://www.masatuji.com/

3-2.担当者がしっかりしたリフォーム会社の選び方

リフォーム会社では、担当者の質がみなさまがストレスなくリフォームできるかにダイレクトに影響します。そのため、現地調査時や提案時に以下のような点に気を付けて、担当者を確認しましょう。

(当たり前のことばかり書いておりますが、実際ルーズなところが多い業界になるので、注意して業者を見ましょう。)

■マナー

  • 待ち合わせの時間に遅刻なく来るか
  • 汚れたままの服装で来ないか
  • 見積りの提出時期は妥当か(1週間~10日が妥当な範囲)
  • ショールームへの付き添いも嫌な顔をしない

■知識・経験

  • 予算感に合った提案をしてくれるか(なかには、予算を聞かず、紋切り型の提案をする業者も)
  • 専門用語を使わずに、素人がわかりやすい形で話してくれるか

また、収納面などで業者から提案を受けたい場合、女性の営業担当がいる会社を選ぶのも手でしょう。男性では気づけない女性ならではの視点でのアドバイスが期待できます。

 

4.洗面台リフォームの見積りの確認ポイント

洗面台リフォームの見積りの確認ポイントを学ぶことで、損をしないリフォーム会社選びができるようになります。以下では、洗面台リフォームの提案資料の構成と、見積りの確認ポイントをご説明します。ここでご説明する内容をもとに、リフォーム会社と交渉しましょう。

4-1.洗面台リフォームの提案資料の構成を知ろう!

洗面台リフォームにおける業者からの提案資料は、見積り書だけではありません。そのほかに、メーカー定価明細、プランシートがあります。各資料の記載内容を以下で整理しました。

洗面台提案資料

各提案資料の具体例は以下の通りです。

見積り例

メーカー定価詳細

プランシート

4-2.洗面台交換の見積り確認ポイント

見積り書、メーカー定価詳細、プランシートについて、相見積もりで複数のリフォーム会社の見積りを見るときは以下の内容を確認しましょう。

洗面台確認

まず、メーカー定価詳細やプランシートが見積り書とともに提出されているか確認しましょう。出されていないというのは結局どのような洗面台が備え付けられるのか詳細が分からないのと一緒です。

次に、複数のリフォーム会社の見積り書を比較するときは、同じ仕様、オプションの洗面台なのかメーカー定価詳細やプランシートを見て前提を確認しましょう。見積り書の価格だけで決めると、あとで「あのオプションがついてなかったから安かったのか」と悔やむことになります。

最後に、商品の割引率に騙されないでください。メーカーの定価などあってないようなものです。メーカーごとに設定されている標準的な割引率は異なりますし、リフォーム会社が商品代を安く見せようと、その分の利益を工事費に上乗せしている可能性もあります。価格は商品代・工事費合せての最終の合計金額で比較しましょう。

 

5.洗面台リフォームの流れと施工期間

ここでは、洗面台交換を思い立ってから施工完了までの流れや、施工の流れをご説明することで、計画的にリフォームできるようになります。

5-1.思い立ってから施工完了まで、およそ1.5か月を想定しよう

洗面台の交換リフォームを思い立ってから施工完了まで、およそ1.5か月を想定しましょう。例えば、寒くなる12月になる前に終わらしたいということであれば、10月から検討を始め、各リフォーム会社から見積りを取り寄せるようにしましょう。

思い立ってから施工完了までの

5-2.洗面台交換の施工期間は原則1日で完了!

洗面台交換にかかるリフォーム期間は以下の通りです。

洗面台交換に要する

クロス・床の張替えを伴う場合、クロス・床の職人は洗面台設置の職人とは異なるため、手配の状況によっては2日かかる場合があります。1日で終えられるかどうかは担当のリフォーム会社とよく相談してみましょう。

 

6.まとめ

いかがだったでしょうか。洗面台リフォームの方向性や、詳細費用について確認できたかと思います。また、その次のステップとして、リフォーム会社の選び方や見積りの確認ポイントについて把握頂けたかと思います。

特に、リフォーム会社の選び方では、「安かろう、悪かろう」ではなく、低価格・高品質で提供できるリフォーム会社が存在することを理解頂けたかと思います。そのような会社を見つけ、満足の行くリフォームにするために、リフォームガイドも誠心誠意ご協力させて頂きます。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。