洗面所リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

洗面所DIYリフォーム

「洗面所をDIYしたい!」という人は多いでしょう。
やはり、そのままの洗面所よりも、オシャレで多機能なほうが、暮らしぶりも高まるはずです。

とはいえ、いざDIYに取り組もうと思うと様々な疑問が湧いてきます。

  • 「洗面所をDIYする費用がわからない」
  • 「業者で頼んだほうがいいのかな?」
  • 「オシャレに仕上げるコツを知りたい」

本記事では、洗面所のDIYにまつわる情報を解説します。

  • 洗面所をDIYする場合の費用
  • 業者に依頼したほうがよいケース
  • おしゃれにDIYするコツ

本記事を読めば、理想的な洗面所に仕上げることが可能です。


1.洗面所をDIYする場所と費用相場

洗面所をDIYできる場所としては、以下のような点が挙げられるでしょう。

DIYする洗面所の場所費用感工期(DIYにかかる時間)
洗面所の床紙の張り替え4,000~5,000円1~2日
洗面所付近の壁紙の張り替え4,000~5,000円1~2日
洗面所に収納棚の設置2,000~3,000円1~2日
洗面所タイルの張り替え(少量)3,000~5,000円1~2日
洗面所横に、タオル掛けを設置1,000~2,000円1日
洗面所の蛇口の交換1,500~3,000円1日
洗面所鏡の張り替え4,000~7,000円1~2日
独立洗面台の設置30,000~50,000円1日
スイッチプレートの交換500~1,000円1日

鏡やの張り替えも少し集中してやればさほど難しい話ではありません。収納棚やタオル掛けの設置は、DIYでも簡単にできます。蛇口の交換については、やってみればびっくりするほど簡単です。
床紙や壁紙、タイルなどの張り替えも、決して費用は高くありません。

ただし、「はみ出し」などがない整然な仕上がりにするには、ちょっと難しい部分があります。
また、独立洗面台の設置になると高額です。そして、それなりに腕力も必要になります。

このように洗面所のDIYは、内容によって費用や難しさが異なります。
DIYするときは、無理のない範囲で実施するようにしましょう。


2.洗面所はDIYと業者依頼どっちがいい?

洗面所のリフォームを業者依頼するか、DIYするか判断が難しい部分もあるでしょう。
ここでは、どんな場面で業者依頼またはDIYするか、判断基準を解説します。

    2-1.業者にリフォームを依頼すべき人   

    まずは、業者にリフォーム依頼すべき人について解説しましょう。

    結論から言えば、このようなケースでは業者にリフォームを依頼すべきです。

    • すぐに修理が必要である
    • 失敗したくない
    • 道具や素材をそろえるのが難しい

    すぐに修理が必要な場合  

    すぐに修理が必要な場合は、間違いなく業者へ依頼するべきです。この場合、洗面所をオシャレに仕上げるのは後回しにしましょう。

    洗面所を自分で修理するのは、とても時間がかかります。
    また、業者でなければ直せないほど、難しい故障なのかもしれません。
    自分でやると、より故障が重大なものになってしまう可能性もあります。

    業者へ依頼すべき故障としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

    • 水漏れ
    • 床腐食
    • ひび割れ

    いずれも、DIYではどうにもならない問題です。

    DIYで無理やり直したとしても、原因が完全に取り除けるわけではありません。
    洗面所で上記のようなことが起こったら、業者にリフォームを依頼しましょう。

    失敗したくない場合

    DIYが楽しいのは、あくまでもDIYが成功した場合の話です。失敗して後悔してしまう人も、決して少なくありません。

    洗面所のDIYでは、たとえば、このような失敗がよく聞かれます。

    • クロスがキレイに貼れなかった
    • 道具や材料を落として、洗面台にヒビが入った
    • 高さが合っていなくて使いづらい
    • 収納スペースが少なかった

    DIYの気をつけるべきところは、やはり取り返しのつかない失敗が起こること。

    特に「洗面台にヒビが入る」なんてことがあれば、ゾッとしますよね。
    DIYの腕前に不安があるなら、業者へ依頼するのがよいでしょう。

    道具や素材を揃えるのが難しい場合

    また、DIYに必要な道具や素材をそろえるのが難しい場合もあります。

    洗面所の場合だと、ヘラや養生テープ、ドライバー、ペンチなど、さまざまな道具が必要です。

    また、DIYに使う素材については、ホームセンターや通販サイトで手に入るものには限りがあります。
    おしゃれさを追求するなら、なかなかピンとくる素材が見つからないかもしれません。
    故障がある場合は、メーカーしか持っていないパーツが必要だったりもします。

    必要な道具や気に入る素材が揃わないなら、DIYではなく業者に依頼しましょう。

    2-2.自分でDIYしてもよい人

    逆に、以下のような場合であれば、自分でDIYをやってもよいでしょう。

    DIY中使えなくても問題ない場合

    DIYしている間、洗面所は使えなくなります。

    あるいは無理やり使えても、かなり不便になってしまうでしょう。
    洗顔や歯磨きなどは、部屋やお風呂でやることとなります。

    そのような工事中の対応が可能であれば、洗面所をDIYしても問題ありません。

    ちょっとした作業で、費用を抑えたい場合

    費用をおさえたいなら、DIYするのがよいでしょう。

    DIYによるコストカットの効果は、想像以上です。数千円で洗面所を様変わりさせることだってできます。

    特に手間賃がかからないのはたいへん重要。
    業者に頼むときの費用の大半は、だいたい手間賃です。

    ちょっとした交換や修復であれば、DIYにチャレンジするのがおすすめです。