シリコン塗料の特徴やデメリット、費用、耐用年数を徹底解説

「シリコン塗料とは?」

「費用相場や耐用年数を知りたい」

こういった疑問を持ってはいないでしょうか。この記事では、シリコン塗料の特徴や費用相場などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • シリコン塗料の特徴
  • シリコン塗料を使うメリットとデメリット
  • シリコン塗料の費用相場と耐用年数
  • 外壁塗装でおすすめのシリコン塗料
  • シリコン塗料を使う際の業者の選びかた

この記事を読むことでシリコン塗料を自分の家に使うかどうか決められるようになるでしょう。

1.シリコン塗料の特徴

シリコン塗料は、住宅の外壁塗装でもっとも利用されている仕上げ用塗材です。

耐用年数に対するコストパフォーマンスが高いことで知られています。
塗料の種類選びで迷ったらシリコン塗料を選べば間違いないでしょう。

外壁用の塗料には「アクリル塗料」と「アクリルシリコン塗料」といった似た名前の製品があります。
しかし、アクリル塗料とアクリルシリコン塗料は別物です。

「アクリル」は低品質な「アクリル樹脂塗料」で、アクリルシリコンは高品質な「シリコン塗料」のことです。
アクリル樹脂を改良したものがアクリルシリコン塗料のためこのような名称になっています。

2.シリコン塗料を使うメリットとデメリット

以下では、シリコン塗料のメリットやデメリットを紹介していきます。
シリコン塗料を使うメリットとデメリットを把握しておけば自宅に適しているかどうかが判断しやすくなるでしょう。

2-1.メリット

シリコン塗料のメリットは以下の3つです。

  1. コストパフォーマンスが高い
  2. 汚れにくい
  3. 実績が豊富

具体的に解説していきましょう。

2-1-1.コストパフォーマンスが高い

シリコン塗料は、費用と耐用年数のバランスが外壁塗装の塗料のなかで特に高いメリットがあります。

長期的な費用対効果を考える場合に最適の塗料と言えるでしょう。

2-1-2.汚れにくい

シリコン塗料はアクリルやウレタン塗料に比べて汚れが付着しにくい性質があります。

このため美しい外観を長く維持しやすいでしょう。

2-1-3.実績が豊富

もっとも利用されている塗料のため、シリコン塗料はどの業者でも施工が可能です。

また、塗装方法が確立されて業者に浸透しているため、工事が失敗して余計な費用がかかる可能性は低いでしょう。

2-2.デメリット

シリコン塗料は、水や塗料を弾く性質があるため重ね塗りが難しいことが唯一のデメリットです。

そのため、既存の外壁がシリコン塗膜の場合、専用の下塗り材を使わないと新しい塗装が剥がれてしまうでしょう。

2-3.シリコン塗料が適しているのはこんな人!

シリコン塗料が適している人は以下の2タイプです。

  1. 外壁塗装で耐用年数に対するコストパフォーマンスを重視する人
  2. 塗料選びが面倒な人

以下では、メリットとデメリットをまとめました。

自分に適しているかどうかの参考にしてみましょう。

3.シリコン塗料の費用相場と耐用年数

以下ではシリコン塗料の費用相場と耐用年数を紹介します。
具体的な費用と耐用年数を知っておけばメンテナンスの計画を立てやすくなるでしょう。

3-1.シリコン塗料の費用相場

シリコン塗料の材料費は1平方メートルあたり2,550〜2,720円が目安です。

30坪の住宅にかぎれば、外壁のみで70〜100万円、屋根のみでは40〜70万円程度かかるでしょう。両方を塗装する場合は100〜140万円程度の予算が必要です。

3-2.シリコン塗料の耐用年数

シリコン塗料の耐用年数は外壁で10〜15年、屋根で6〜12年が目安です。

商品によって耐用年数は大きく変わるため、詳しくはメーカーの商品サイトを見るか、業者に尋ねて確認しましょう。

4.外壁塗装でおすすめのシリコン塗料

以下では外壁塗装でおすすめする主なシリコン塗料をピックアップしました。

特に人気があるのは2種類です。

  1. クリーンマイルドシリコン
  2. ファインシリコンフレッシュ

それぞれ詳しくチェックしていきます。

4-1.クリーンマイルドシリコン

エスケー化研株式会社が販売する、弱溶剤の2液型アクリルシリコン塗料です。

弱溶剤とは、油性塗料の一種です。
2液型とは、主剤と硬化剤の2つを混ぜることで利用できる材料のことです。

クリーンマイルドシリコンは、安価で使い勝手がよいシリコン塗料として知られています。

詳細データは以下のとおりです。

  • 価格:2,900〜3,200円程度/平方メートル(3回塗りの価格)
  • 耐用年数:12~15年
  • ツヤの種類:ツヤあり、7分ツヤ、5分ツヤ、3分ツヤ

利用できる下地としては以下があります。

  • コンクリート
  • セメントモルタル
  • ALCパネル
  • スレート板
  • GRC板
  • 押出成形セメント板
  • 各種サイディングボード
  • 各種旧塗膜(活膜)
  • 鉄部
  • 亜鉛メッキ鋼
  • アルミニウム
  • ステンレス

4-2.ファインシリコンフレッシュ

日本ペイント株式会社が販売する、弱溶剤の2液型アクリルシリコン塗料です。
クリーンマイルドシリコンより価格が高い一方で、耐久性がやや優れていると考えられています。

ファインシリコンフレッシュの詳細データは以下のとおりです。

  • 価格:3,100〜4,730円程度/平方メートル(3回塗りの価格)
  • 耐用年数:非公表(推定12~16年)
  • ツヤの種類:ツヤあり、7分ツヤ、5分ツヤ、3分ツヤ


適用する下地には以下があります。

  • セメント素地(コンクリート・モルタル)
  • 金属(鉄面・亜鉛めっき面・ステンレス・アルミ)

以下では2つのおすすめ塗料の性能を比較しています。
シリコン塗料選びの参考にしてみましょう。

基本的には、価格・適用下地を重視するならクリーンマイルドシリコンを、耐用年数重視ならファインシリコンフレッシュを選びましょう。

5.シリコン塗料を使う際の業者の選びかた

以下では、シリコン塗料を使う際の業者の選びかたを2つ解説します。

  1. 自社施工の業者に依頼する
  2. 相見積もりで比較する

具体的な業者選びの方法を知っておけば無駄な手順や費用を省けるようになるでしょう。

5-1.自社施工の業者に依頼する

自社施工の会社を選ぶと、下請けを使っている業者よりも工事費が安くなります。
自社で職人を抱えて工事を直接おこなう方法を自社施工と呼びます。

実は、ゼネコンやハウスメーカー、工務店などは工事の依頼だけを受けて作業は外注しています。
このため中間マージンが発生して費用が2〜4割程度高くなってしまうのです。

自社施工をしている会社は、ホームページである程度の確認ができます。
ホームページで職人の紹介を顔写真つきで具体的におこなっている業者なら自社施工をしている可能性が高いでしょう。

5-2.相見積もりで比較する

手間と効果のバランスを考えて3社程度で相見積もりをしましょう。
相見積もりとは、2社以上の業者に同条件で工事の見積もりを依頼することです。

以下では相見積もりでのチェックポイントを3つ紹介します。

  1. 商品名やメーカー名は書いているか
  2. 面積は「一式」となっていないか
  3. 見積書で工程を抜かしていないか

ポイントをおさえて優良業者に依頼できれば工事でのトラブルが少なくなるでしょう。

5-2-1.商品名やメーカー名は書いているか

見積書に塗料名が記載されていない業者は信用性が低いです。

なぜなら、契約していた種類の塗料とは異なる商品を使って業者が利益を不当に得ようとするおそれがあるからです。

5-2-2.面積は「一式」となっていないか

塗装面積が「一式」となっていたら信用できません。
一式で表記する場合は面積を偽装して不当に利益を確保するおそれがあるからです。

一般的には「平方メートル」または「メートル」で面積を記載します。
シーリング補修や付帯部塗装(破風や雨樋などの塗装)は優良業者でも一式と表記する場合があるでしょう。

5-2-3.見積書で工程を抜かしていないか

塗装は原則として下塗りと中塗り、上塗りの3回おこないます。
悪徳業者は手抜き工事によって工程を省略するおそれがあります。

見積書には一般的に下塗り1回と、仕上げ塗り2回が記載されています。
1つでも工程が不足しているのなら信用するのは難しいでしょう。

また、工事開始後はそれぞれの作業で写真を撮影してもらい、適切な手順で工事がおこなわれているかチェックしておきましょう。

6.まとめ

シリコン塗料は住宅の外壁塗装でもっとも使われている塗料です。
コストパフォーマンスが高く、「塗料で迷ったらシリコン塗料を選んでおけば間違いない」と言われるほど人気があります。

塗装にかかる費用の目安は30坪の住宅だと外壁で70〜100万円、屋根で40〜70万円程度です。
業者に塗装を依頼する場合は、相見積もりをして手抜き工事を避け、最適な価格を模索しましょう。

サイディング外壁の住宅の場合は、『もし「サイディング塗装の費用はいくら?実際の見積もり」でシミュレーションしてみたら』で塗装費用の目安を解説しています。

具体的な金額を知りたい場合はチェックしてみてください。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。