外壁で使う光触媒のメリットとデメリット、費用、耐久性とは

「外壁に使う光触媒は何が良いの?」
「光触媒の費用や耐久性を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、外壁で使う光触媒のメリットやデメリット、費用などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 光触媒を外壁で使うメリットとデメリット
  • 外壁で光触媒を使った場合の費用
  • 光触媒の耐用年数
  • 光触媒を外壁に使う場合の注意点

外壁に使う光触媒のメリットやデメリットを知れば、自宅に適した塗料を選ぶ際の参考になるでしょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.光触媒を外壁で使うメリットとデメリット

光触媒を外壁で使う場合、多くのメリットとデメリットがあります。メリットがわからなければ、自宅に適した塗料かどうかが判断できません。デメリットを知らずに使うと、工事後にトラブルを招くでしょう。

1-1.メリット

光触媒塗料のメリットは3つあります。

  1. 汚れにくい
  2. 汚れが勝手に落ちる
  3. 空気の正常機能がある

以下では詳細を解説していきます。

汚れにくい

外壁で使う光触媒塗料のメリットは汚れにくいことです。光触媒塗料は紫外線の力で汚れを分解する「セルフクリーニング機能」があります。セルフクリーニング機能によって汚れが分解して浮いてくるため、軽い洗浄をするだけで落としやすくなります。

汚れが勝手に落ちる

光触媒塗料の「セルフクリーニング機能」には、汚れを自動で落とす機能があります。紫外線で分解した汚れは接着性が弱いため、雨が降った際に勝手に流れ落ちるのです。このため、雨が当たらない場所に光触媒を塗装しても汚れは落ちにくいでしょう。

空気の