外壁で使う光触媒のメリットとデメリット、費用、耐久性とは

「外壁に使う光触媒は何が良いの?」
「光触媒の費用や耐久性を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、外壁で使う光触媒のメリットやデメリット、費用などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 光触媒を外壁で使うメリットとデメリット
  • 外壁で光触媒を使った場合の費用
  • 光触媒の耐用年数
  • 光触媒を外壁に使う場合の注意点

外壁に使う光触媒のメリットやデメリットを知れば、自宅に適した塗料を選ぶ際の参考になるでしょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.光触媒を外壁で使うメリットとデメリット

光触媒を外壁で使う場合、多くのメリットとデメリットがあります。メリットがわからなければ、自宅に適した塗料かどうかが判断できません。デメリットを知らずに使うと、工事後にトラブルを招くでしょう。

1-1.メリット

光触媒塗料のメリットは3つあります。

  1. 汚れにくい
  2. 汚れが勝手に落ちる
  3. 空気の正常機能がある

以下では詳細を解説していきます。

汚れにくい

外壁で使う光触媒塗料のメリットは汚れにくいことです。光触媒塗料は紫外線の力で汚れを分解する「セルフクリーニング機能」があります。セルフクリーニング機能によって汚れが分解して浮いてくるため、軽い洗浄をするだけで落としやすくなります。

汚れが勝手に落ちる

光触媒塗料の「セルフクリーニング機能」には、汚れを自動で落とす機能があります。紫外線で分解した汚れは接着性が弱いため、雨が降った際に勝手に流れ落ちるのです。このため、雨が当たらない場所に光触媒を塗装しても汚れは落ちにくいでしょう。

空気の清浄機能がある

光触媒塗料には空気を清浄化して臭いを分解する機能があります。外壁に塗装するだけで住宅の周囲の空気を清浄化してくれるため、悪臭が減るだけではなく環境にも優しいです。

1-2.デメリット

光触媒塗料には3つのデメリットがあります。

  1. 価格が高い
  2. 施工できる業者が少ない
  3. すべての汚れを落とせるわけではない

詳しい情報を以下でチェックしていきましょう。

価格が高い

光触媒塗料は、耐久性が同じ程度の塗料に比べて2割以上も価格が高いです。価格が高い理由は、施工の難易度が高いことと、工程が多いためです。通常の塗料は3回塗りが基本ですが、光触媒は4回塗りを行ないます。

塗る回数が多いため単純に材料費が増えますし、施工難易度が高いために技術料が高額になりやすいのです。

施工できる業者が少ない

光触媒の塗料は施工できる業者が少ないです。理由は、工事の難易度が高いため熟練の職人でなければ施工できないためです。未熟な業者に任せると、汚れを落とすセルフクリーニング効果が十分に発揮されません。

すべての汚れを落とせるわけではない

光触媒はすべての汚れを落とせるわけではありません。セルフクリーニング機能は、手垢や植物の種子のような有機質の汚れしか落とせません。

錆びや砂といった無機質な汚れは落ちにくいです。このため、砂や錆を受けやすい海浜地区に使っても効果は薄いと考えられます。

光触媒のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

1-3.光触媒が向いている人とは?

外壁に光触媒が向いているのは、メンテナンスの手間を省きたい人です。光触媒塗料は汚れを自動的に落とすため、外壁の洗浄といったメンテナンスはほとんど必要ありません。

外観の美しさを保つために定期的に洗浄をするのが面倒な人には光触媒塗料がおすすめです。

 


2.光触媒を外壁に使う場合にかかる費用

光触媒を使って外壁塗装をする場合、総工事費は30坪程度の住宅で80〜110万円です。金額は業者や塗料によって変わるため、目安程度に考えましょう。

光触媒塗料の材料単価は1平方メートルあたり3,500〜5,000円程度です。一般的な30坪の住宅の場合、100〜140平方メートル程度の外壁面積になる事が多いです。

商品によって価格に差があるため一概にいくらとは断言できませんが、予算を考える際は上記を目安にするとよいでしょう。

少しでも安い価格で工事をしたい場合は、自社施工をしている業者に依頼することがおすすめです。

ハウスメーカーやホームセンターなどは下請け業者を使うため仲介料がかかり、費用が高くなるでしょう。