耐震補強(耐震リフォーム)にかかる費用はいくら?【床面積&築年数別】に完全解説

耐震補強費用

地震の多い日本では家の耐震化が必須ですが、その費用についてはよくわからない方が多いのではないでしょうか。

耐震補強工事には国や多くの自治体で補助金・助成制度が設けられているため、思っている以上に安く補強工事を行うことができる場合があります。一方で、不安につけこんで悪質な手口で高額な工事を勧誘する業者も存在しますので注意が必要です。

そこで今回は、耐震補強工事の費用や助成制度、適切な業者の選び方についてご紹介いたします。


1.耐震補強工事の費用相場

耐震補強工事は、150万円前後で行われるケースが多いです。以下では、築年数別・床面積別の費用相場や、内容別の費用相場についてそれぞれ解説していきます。

1-1.築年数別・床面積別の費用相場

築年数と家の面積(広さ)によって、耐震補強工事にかかる費用は変わってきます。以下の表で、ご自身に該当する欄を見て参考にしてみてください。

102%e8%a1%a82

出典:日本木造住宅耐震補強事業者協同組合

築年数が長いことで耐震補強工事の費用が高くなる理由としては、耐震診断結果に大きな影響を与える「建物の劣化」が進むことや、築30年以上の建物は現行の耐震基準に比べて耐震強度が不足していることなどがあります。

1-2.耐震診断の費用相場

耐震診断とは、大地震で倒壊しない耐震性があるか建物を調査して確認することです。住宅の弱点を認識し、具体的な対策をとる目的があります。

耐震診断の費用相場は、建物の構造や大きさなどさまざまな要素で決まるため、一概にいくらかかるとは断定できませんが、一般的な木造住宅の場合の費用相場は10万~40万円前後です。

自治体によっては助成制度を設けていることがあるため、事前に確認しておきましょう。

1-3.耐震補強工事の費用相場

耐震工事イメージ

耐震補強工事の費用は、工事内容によって異なります。以下では、工事内容別に費用相場を紹介していきます。

必要な工事内容は、家の状態によって異なります。リフォーム会社に耐震診断をしてもらった上で、ご自宅に必要な耐震工事の費用が分かります。

壁に筋交いを設置

壁に筋交いを設置する耐震工事の費用相場は、5万〜20万円前後です。木造軸組工法の建物の壁に筋交いを取り付けて、耐震性能を強化します。

壁を取り壊して内外装を変える補強方法もありますが、筋交いの設置であれば大がかりな工事が必要なく耐震性を高めることが可能です。

また、工期を短くできる点もメリットといえるでしょう。

外壁に耐震パネルを設置

外壁に耐震パネルを設置する耐震工事の費用は、25万~65万円前後が相場です。壁材を一度取り払い、内部に耐震パネルを設置します。壁と柱・土台の結合を強める工事のため、高い耐震効果が期待できるでしょう。

一般的な軸組工法の場合、柱に地震の力が伝わるため力のかかるところが一点に集中しますが、耐震パネルではそれを軽減できる点が特徴です。

屋根の軽量化

屋根を軽量化する耐震工事の費用相場は、80万~150万円前後です。瓦屋根のような重量のある屋根材を葺き替えることで、屋根を軽量化して建物にかかる負担を軽減できます。

建物は柱や基礎部分によって支えられていますが、地震や台風など建物に負担がかかる事態が起こった場合、屋根が重いと建物にかかる負担が大きくなってしまいます。
屋根を軽量化することで建物の負担を減らし、地震の揺れを小さくできるほか、万が一屋根材が落下した際にも被害を抑えられるでしょう。

1-4.耐震補強工事の明細例

実際に耐震補強工事をした際の明細です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

明細はあくまで一例で、費用は家ごとに異なってきますので、正確な金額はリフォーム会社に見積もってもらいましょう。

▼こちらの記事では、戸建ての耐震補強は何年から必要なのか、「予算をそこまでかけられない」という人向けに優先度の高い耐震工事は何かを解説しています。

【徹底解説】一戸建ての耐震補強、築何年から必要?工事の内容から費用やかかる期間、補助金制度まで
【徹底解説】一戸建ての耐震補強、築何年から必要?工事の内容から費用やかかる期間、補助金制度まで
【徹底解説】一戸建ての耐震補強、築何年から必要?工事の内容から費用やかかる期間、補助金制度まで