工事箇所・広さ別の増築費用を完全解説!費用抑える4つの秘訣も伝授

増築すると土地を有効に活用できる一方で、気になるのは増築に掛かる費用ではないでしょうか?ここでは一般的な増築費用の相場や、2階の増築、ベランダ増築のように、増築する箇所別のリフォーム費用をご説明いたします。増築リフォームをする際の参考にしてください。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.増築時の費用の考え方

増築は内容によって費用のばらつきが大きなリフォームです。リフォーム会社ホームページを見てもなかなか価格が提示されていないのはそのためです。ここでは、増築をした場合にどの程度の費用が掛かるのか「目安」となる金額についてご説明いたします。ご自身の考えている増築の内容と照らし合わせて読んでみてください。

1-1.増築時の費用の目安について

1-1.増築時の費用の目安について増築費用は様々な要因で変わりますが、一般的な木造住宅の場合は2畳で70万円を目安で考えるとよいでしょう。住宅が鉄骨の場合は2畳あたり100万円、2階部分だと1階部分の補強工事も必要になるので2畳あたり120万円が一つの目安となります。

増築費用2

まずは上記の表をもとに、増築する広さから目安となる費用を抑えていただくと良いでしょう。次の章では増築の費用が高くなったり、安くなったりするのはどのような場合かご説明します。

1-2.増築費用が高くなる場合と安くなる場合

増築の注意点として、増築の内容によって金額が大きく異なるという点があります。例えば高額になる代表的な事例としては、2階部分を増築してそこにお風呂を作るような場合です。2階部分の増築自体の費用が高額なのに加え、水回りの配管工事や、浴槽自体の購入費用も掛かります。

逆に安く済む増築としては、簡易なベランダやバルコニーを新たに設置するような場合や、増築したスペースを物置に使うような場合です。物置の場合では住宅設備や内装も必要ないため、安く済ませることが出来ます。

どのような場合に増築費用が高くなったり、安くなったりするのかは下の表にまとめています。前章の費用の目安と合わせてご確認いただくとよいでしょう。

増築増減(修正)

2.増築場所別のリフォーム費用について

増築する箇所によって費用が大きく異なるというのは前章でご説明させていただいた通りです。ここでは増設する箇所ごとに費用の目安をご紹介してまいります。

2-1.簡易なベランダやバルコニーの増築費用(30万円~50万円)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既存の窓部分などにベランダやバルコニーを増築することも条件によっては可能です。後付けバルコニーの類ですが、30万から50万で増築が可能です。

窓の下にベランダの脚を掛けるスペースが十分に無い場合や、スペースはあっても構造的に耐えられない場合もあります。住宅の状況によって増築出来ない場合もあるので、必ず周辺をリフォーム会社に見てもらってから行うようにしてください。

2-2.トイレを増築する場合の費用(120万前後)

2-2.トイレを増築する場合の費用(120万前後)トイレのような水回りを増設する場合は、既存の住宅の間取りや設置する便器のグレードによって金額は変わってきます。

増築するスペースは1坪弱になりますが、既存住宅のどの部分に増築するかで、増築自体の難易度や、配管工事に掛かる手間が変わってきます。その難易度や手間の違いが費用の違いにも跳ね返ってくるのです。

2-3.寝室を3畳増築する場合の費用(190万円前後)

2-3.寝室を3畳増築する場合の費用(190万円前後)

既存の寝室を増築した場合には、ただ広くするだけではなく寝室部の床や屋根や壁と同じ造りにする必要が出てきます。この内装部分をどこまでこだわるかが、費用の増減に影響してきます。

2-4.和室8畳の増築費用(250万円)

2-4.和室8畳の増築費用(250万円)

和室の場合は増築した箇所に畳を敷いたり、壁や天井のテイストを作ったりという内装にかかわる分の費用は掛かります。しかし水回りのように新たな配管が必要ということもないのでスペースあたりの費用は安く収まることが多くなります。

 

3.増築費用を少しでも安くするために出来ること

3.増築費用を少しでも安くするために出来ること

リフォームの中でも増築は高額になりがちです。少しでも安くする事と、しっかりとしたリフォームにしたいものです。

ここでは安全性や品質を損なうことなく、少しでも安くするために出来ることをご紹介します。出来るものもいくつかあると思うのでぜひ試してみてください。

3-1.適切な業者を選ぶ

増築をお願いするリフォーム会社によってかかる費用も変わってきます。

例えばハウスメーカーにリフォームをお願いする場合と、地元のリフォーム会社にお願いする場合では倍くらい値段が違うこともあります。ハウスメーカーの場合は特殊な工法での増築になってしまうのと、実際の増築作業は下請けが行うため中間マージンが発生してしまうことがその理由です。

費用を抑えるためには増築の実績が豊富な地元のリフォーム会社や工務店にお願いするのがよいでしょう。見当たらない場合はリフォームガイドでも無料でリフォーム会社を紹介しているのでお気軽にご連絡ください。
TEL:0120-395-120
インターネットからご利用:http://www.reform-guide.jp

3-2.複数のリフォーム会社から相見積もりを取る

相見積もりを取ることでそれぞれの会社が競って最適なプランと適切な見積りを出してくれるようになります。そのため相見積もりであることをそれぞれの業者に伝えるとよいでしょう。

古い体質の業者の中には相見積もりを嫌がる業者もいますが、決して安くない買い物なので気持ちよく応じてくれる業者の中から探すとよいでしょう。

3-3.他のリフォームと合わせて行う

増築は木工事、塗装、内装、外壁、屋根、電気工事とさまざまな業種の職人が必要になるリフォームです。そのため小さな増築であっても費用はかさみがちです。

増築以外のリフォームがあるならば同じ業種の職人が一緒に実施することで費用を圧縮できるものもあるので、リフォーム会社に相談してみるとよいでしょう。

3-4.リフォーム業者に相談

見積り金額から値切ることはお勧めできませんが、見積もりの内容を見直して費用を下げることは可能です。特に増築に伴う外装や内装、住宅設備であれば、用いる素材のグレードで金額が変わってきます。リフォーム会社に相談しながら、お金をかける個所とかけない個所を決めていくのは、コストダウンを実現するための良い方法になります。

 

4.まとめ

増築すると敷地を有効に活用することが出来る点が魅力ですが、増築の内容によっては費用もかさんできます。費用の目安を参考にしながらどのような増築にするのかを検討していただくとよいでしょう。

また実際に増築を進められる場合は、リフォーム会社にお願いして、正確な見積もりを取るようにしてください。

その他増築に関連する記事:5分で分かる増築時の確認申請とは!

 


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。