地震に強い家の条件は?耐震性を見極める&高める方法を教えます

日本のどこに住んでいても、いつ大地震が起こるかわかりません。

地震でたくさんの家が倒壊するニュース映像などを目にして、「自分の家は大丈夫だろうか」「地震に強い家に住みたい」と不安になった方も多いのではないでしょうか。

地震に強い家にしておくためには、まずは「どのような家だと、地震に強いのか?」という定義を知っておかなければなりません。そしてご自宅は地震に強いのかどうかを正しく把握し、対策しておくことも大切です。

そこで今回は地震に強い家の条件や、今の家の耐震性を高める方法について、詳しく解説したいと思います。


1.地震に強い家とは?

一般の方が家を見て、地震に強い家かどうかを判断するのは難しいですよね。
まずは誰にでも分かる判断基準として「新耐震基準」「耐震等級」という2つの言葉を抑えておきましょう。

1-1.新耐震基準で建てられている

地震に強い家として、最低限満たしておきたいのが新耐震基準です。

日本の建築基準法は1981年6月に改正され、それまで想定していたよりも大規模な地震の発生を考慮した基準になりました。

役所で建築確認申請が受理され、建築確認済証が発行された日が1981年5月より前の家は旧耐震基準1981年6月以降は新耐震基準で建てられています。

 

建築確認済証
発行日

震度5程度の
中地震

震度6強程度の
大地震

旧耐震基準

〜1981年5月

倒壊・崩壊しない

規定なし (※)

新耐震基準

1981年6月〜

軽微なひび割れ程度にとどまる

倒壊・崩壊しない

※旧耐震基準は震度5強までを想定した基準となっていたため。

また、2000年6月にも建築基準法は改正されているので、それ以降に建てられた家だとより安心です。基礎形状や接合部の固定など、より地震への耐性が強い基準になっています。

1-2.耐震等級が高い

新耐震基準というのは、法律で決まっている最低限のレベル。

その耐震性能をクリアした住宅は「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」における評価項目のひとつである「耐震等級」を取得することができます。

耐震等級は1・2・3の三段階に分けられ、最も地震に強いのが「耐震等級3」の家。建築基準法で決まっている最低限のレベルの耐震性能を満たすのが「耐震等級1」です。

耐震等級ごとの耐震性

耐震等級

耐震性

耐震等級1

建築基準法の最低限の耐震性

耐震等級2

建築基準法の1.25倍の耐震性

耐震等級3

建築基準法の1.5倍の耐震性

これから家を新築する場合は、必ず耐震等級1を満たすことになります。

耐震等級2や3の認定を取得するには、10〜20万円程度の費用が必要です。しかし、耐震性を数値で表すことで安心感につながるため、地震に強い家を建てたい方は検討されるとよいでしょう。

現在のご自身の家の耐震等級は家を建てた時に作成する住宅性能評価書で確認することができます。