ウォークインクローゼットの間取りを解説!広さ・レイアウト・場所

ファッション好きの方に人気のウォークインクローゼット。お気に入りの衣装がゆったりと収納でき、とっておきの衣装部屋のようなスペースでコーディネートを楽しめます。また家族全員の衣類をまとめて管理するために、大きなウォークインクローゼットがほしいと考えている方も多いのではないでしょうか。

新築住宅やリフォームでウォークインクローゼットをつくるとき、使い勝手を大きく左右するのが「間取り」です。最適なウォークインクローゼットの間取りは、家の広さやライフスタイル、自分たちの持っている物の量などによって変わります。

そこで今回はウォークインクローゼットの間取り計画で意識したい「広さ・レイアウト・設置場所」の3つのポイントについて詳しく解説します。素敵な間取りの実例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


目次

1.ウォークインクローゼットとは?

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/1407 / http://www.8044.co.jp/gallery/421

ウォークインクローゼットとは、人が歩いて入れる通路のある、小部屋のような収納スペースのこと。衣類をたくさん収納できるのはもちろん、収納の中で着替えをしたり、スーツケースや季節物のような大きい物を収納できたりするのが特徴です。
またウォークインクローゼットに出入り口を2つ以上設ける場合、通り抜けできることから「ウォークスルークローゼット」とも呼ばれます。

ウォークインクローゼットの注意点は、広いスペースが必要になることです。そのためあまり物の量が多くない方の場合は、壁面クローゼットで十分なこともあります。壁面クローゼットはその名の通り壁の一面を利用してつくる収納で、人が入るスペースはありません。

間取り図での表記

ウォークインクローゼットは、間取り図では「WIC」と表示されるのが一般的。「WCL」と表示されるケースもあります。

CL:クローゼット
WIC(WCL):ウォークインクローゼット
WTC:ウォークスルークローゼット
SIC(SCL):シューズインクローゼット


2.ウォークインクローゼットに必要な広さ

ウォークインクローゼットの間取りを考えるとき、1つ目のポイントが「広さ」です。狭すぎると収納量が足りず、広すぎると他の居室を圧迫してしまうため、ちょうどいい広さで計画しましょう。

ちょうどいい広さの目安は「家族の人数=畳数」といわれています。そのため2〜4畳くらいでウォークインクローゼットをつくることが多いで