収納をリフォームする際の費用、注意点を一挙解説!

収納をリフォームする際の費用、注意点を一挙解説!

「収納の数が足りないから増やしたい」

「ただの押入れをクローゼットに変えたい」

このような悩みを抱えて、収納のリフォームを考えている方が多いと思います。

この記事では、収納を増やす・改修するリフォームの費用や注意点、リフォーム業者の選定方法について説明していきます。

収納のリフォームをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。


1.収納を増やすリフォームの費用

収納を増やすリフォームの費用

ここでは、収納を増やす代表的なリフォームの費用を説明していきます。

1-1.リビングに床から天井までの空間を無駄なく造り付けした収納(壁面収納)を造作

リビングに床から天井までの空間を無駄なく造り付けした収納(壁面収納)を作る 

どれだけの大きさの収納を設置するか、使用する材料によって大きく異なってきます。

一般的な費用 

設置する収納幅 費用
2.0m程度 30万円~40万円
3.6m程度 46万円~60万円

1-2.ウォークインクローゼットを作る

ウォークインクローゼットを作る

ウォークインクローゼットとは、クローゼットを1つの部屋に独立させたスタイルの収納のことを指します。

リフォームの際にはウォークインクローゼット本来の良さと便利さを発揮させるために、1.2坪程度のスペースは確保しておいた方が良いでしょう。

費用面に関していうと、一部屋全体をリフォームする形となるため、状況に応じてリフォーム費用は大きく異なってきます。

一般的な費用

施工内容 費用
一部屋をウォークインクローゼットにする 35万円~49万円

詳しくは、「ウォークインクローゼットへのリフォームの費用や注意点を完全解説!」で解説しています。

1-3.階段下にある空きスペースに収納を作る

階段の下部分にある空きスペースに収納を作る

既存の階段にある設備を撤去する・移転する、新たに作ったスペースに棚などを設置するかどうかで費用は大きく異なってきます。

一般的な費用

施工内容 費用
階段下に収納を作る 7.5万円~10万円

1-4.屋根裏の空きスペースに収納を作る

屋根裏の空きスペースに収納を作る

屋根裏とは天井板と屋根の間にある空間のことを指します。

屋根裏収納の場合、重い荷物を入れると出し入れが大変です。少しでも安全に荷物の出し入れができるよう、開口部を広くするや開口部分に手すりを付けることを検討してみると良いでしょう。

一般的な費用

作る床の規模 費用
6帖 19万円~24万円
10帖 27万円~32万円

また、これとは別にオプション費用が加算されます。これは広さや屋根の状態によって費用は異なってきます。

オプション費用

オプション内容 費用
換気扇 3万円程度
開口手すり 3万円程度