目的別にわかる!押入れのリフォーム費用

押入れが単に物置になっていませんか?押入れはリフォームすることで、クローゼットや書斎など様々に変貌させることができます。

押入れのリフォームは比較的安価にできますし、ハンガーパイプを取り付けるなど押入れの一部のみをリフォームすることも可能です。

ここでは押入れリフォームの費用を、目的別に細かく分類して説明いたします。こちらを参考に、押入れを優子王活用してください。

紹介するリフォーム費用一覧

ご紹介するリフォーム費用一覧

※普段布団を使わない場合や、布団よりも衣類を使いやすく収納したい場合は、押入れをクローゼットにすると使い勝手が良くなります。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.押入れをクローゼットにする費用:8万円~

予算1.押入れをクローゼットにリフォームする際の費用を解説していきます。

押入れをクローゼット仕様に変更するための基本費用と、棚の設置やクロス貼りなど機能・デザイン性を高めるための追加費用に分けてみていきましょう。

1-1.基本費用:8万~20万円

一般的なケースは、押入れの中棚を取り外してハンガーパイプ等を設置し、襖を扉に変更することでクローゼットにします。

1-1.基本費用:8万~20万円

押入れをクローゼットにするリフォームの明細例
2

基本費用に8万~20万と差がある要因は、押入れの幅、天袋(※1)があるかどうか、クローゼットの扉の種類(※2)などが挙げられます。 

 天袋※1 天袋(てんぶくろ)とは
押入れの上部にある、小さな襖の付いた収納部分です。クローゼットにする際、押入れと天袋の間の仕切りも取って一体化させてしまうこともあり、その場合は費用が高くなります。

※2 クローゼットの扉の種類
クローゼットの扉の種類としては、折れ戸、開き戸、引き戸があります。それぞれのリフォーム総額は以下の通りです。

3

引き戸の場合では襖での扉枠を再利用することができるので、費用を抑えることができます。

扉

1-2.追加費用:各2~5万円

基本的な押入れリフォームに押入れ内の床、壁に追加工事を行い、壁紙や棚の設置などを追加した場合、それぞれ以下のような追加費用がかかります。

追加費用:各2~5万円

1-3.ウォークインクローゼットにする費用:20~50万円程度

その名の通り歩いて入れるクローゼットで、衣類等を一か所にまとめたり、その場で衣装合わせもできてしまう点が魅力です。費用は、ウォークインクローゼットにする範囲によって以下のようになります。

5

その他、扉のグレードやクローゼット内の仕上げによって費用が変わってきます。

1-3.ウォークインクローゼットにする費用:20~50万円程度2 1-3.ウォークインクローゼットにする費用:20~50万円程度

 

2.押入れを書斎などの作業スペースにする費用:10~20万円

3方を壁に囲まれていることで周囲の視線が気にならない押入れスペースは、独立性やプライバシーを守りたい書斎や勉強机、化粧台などがぴったりです。作業スペースにリフォームする際の費用は、10~20万円程度です。(畳をフローリングにする費用を合わせると30~50万円程度)

8

 

3.襖紙を張り替える費用:1枚2,000円~

3.襖紙を張り替える費用:片面2,000円~押入れや畳はそのままに、襖紙だけ張り替えるリフォームも可能です。

1枚で2,000円から10,000円程度のものまであるので、ご自身の希望に合ったものを業者ホームページ等から選びましょう。一般的に畳屋で扱っています。

 

4.リフォーム費用を抑えたい場合は地域密着型の業者を選ぶ

 

4-1.大手は地域密着型より費用が高くなる傾向がある

業者大手のリフォーム業者は保証やアフターサービスは充実しています。一方で、広報、ショールーム、全国の営業所および営業担当などに経費をかけています。。また、施工には下請・孫請を使うので、手数料が発生します。したがって、これらの経費や手数料によってリフォーム費用が高くなってしまう傾向があります。

一方、地域密着型のリフォーム業者は自社で工事までを手掛ける場合も多く、小規模な補修であれば担当者の裁量によって無料で直してくれるケースもあります。

4-2.信頼できる地域密着型リフォーム業者の探し方

①業界団体への加盟を確認する

業界団体は、リフォーム業界の発展や消費者への信頼性を向上させるべく立ち上げられているため、少なくとも悪徳業者が排除されているという安心感があります。以下は、リフォーム会社が加入するリフォーム団体の例です。

  • 日本住宅産業リフォーム協会
  • ベターライフリフォーム協会
  • 良質リフォームの会
  • マンションリフォーム推進協議会

②保証・アフターサービスへの取り組みを確認する

  • 独自の保証やアフターサービスがある場合
    年数保証が一般的ですが、施工業者が倒産した場合でも完成を保証する完成保証などもあります。
  • リフォーム瑕疵保険に加入している場合
    国土交通大臣が指定する保険法人に、リフォーム業者が加入する保険です。瑕疵の補修費用に保険金を使えるだけでなく、工事完了時に第三者検査員の調査が入る点が信頼性において優れています。この保険に加入しているか否かは業者選定の指標になります。

リフォームガイドもし自分では業者選びがよくわからないということであれば、弊社運営のリフォーム会社紹介サービス「リフォームガイド」でご相談ください。一人一人にあったリフォーム会社をコンシェルジェが探して紹介するサービスで、押入れリフォームにも対応しております。

弊社は電話とインターネットの両方で受け付けております。無料でご利用頂けますので、お気軽にご連絡ください。

TEL:0120-395-120
インターネットからご利用:http://www.reform-guide.jp

 

5.まとめ

押入れはクローゼットや書斎など様々な姿にリフォームすることができ、それぞれ費用が異なってきます。希望のリフォーム内容を明確にし、現状の押入れを有効活用できる新たなクローゼットやスペースへと生まれ変わらせてください。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。