目的別にわかる!押入れのリフォーム費用

押入れが単に物置になっていませんか?押入れはリフォームすることで、クローゼットや書斎など様々に変貌させることができます。

押入れのリフォームは比較的安価にできますし、ハンガーパイプを取り付けるなど押入れの一部のみをリフォームすることも可能です。

ここでは押入れリフォームの費用を、目的別に細かく分類して説明いたします。こちらを参考に、押入れを有効活用してください。

紹介するリフォーム費用一覧

ご紹介するリフォーム費用一覧
※普段布団を使わない場合や、布団よりも衣類を使いやすく収納したい場合は、押入れをクローゼットにすると使い勝手が良くなります。

>>実際の見積もりデータから見る!和室リフォームの費用相場


1.押入れをクローゼットにする費用:8万円~

押入れをクローゼットにリフォームする際の費用を解説していきます。

押入れをクローゼット仕様に変更するための基本費用と、棚の設置やクロス貼りなど機能・デザイン性を高めるための追加費用に分けてみていきましょう。

1-1.基本費用:8万~20万円

一般的なケースは、押入れの中棚を取り外してハンガーパイプ等を設置し、襖を扉に変更することでクローゼットにします。

1-1.基本費用:8万~20万円

押入れをクローゼットにするリフォームの明細例
2

基本費用に8万~20万と差がある要因は、押入れの幅、天袋(※1)があるかどうか、クローゼットの扉の種類(※2)などが挙げられます。 

天袋

※1 天袋(てんぶくろ)とは
押入れの上部にある、小さな襖の付いた収納部分です。クローゼットにする際、押入れと天袋の間の仕切りも取って一体化させてしまうこともあり、その場合は費用が高くなります。

※2 クローゼットの扉の種類
クローゼットの扉の種類としては、折れ戸、開き戸、引き戸があります。それぞれのリフォーム総額は以下の通りです。

3

引き戸の場合では襖での扉枠を再利用することができるので、費用を抑えることができます。

扉

1-2.追加費用:各2~5万円

基本的な押入れリフォームに押入れ内の床、壁に追加工事を行い、壁紙や棚の設置などを追加した場合、それぞれ以下のような追加費用がかかります。

追加費用:各2~5万円

1-3.ウォークインクローゼットにする費用:20~50万円程度

その名の通り歩いて入れるクローゼットで、衣類等を一か所にまとめたり、その場で衣装合わせもできてしまう点が魅力です。費用は、ウォークインクローゼットにする範囲によって以下のようになります。

5

その他、扉のグレードやクローゼット内の仕上げによって費用が変わってきます。

1-3.ウォークインクローゼットにする費用:20~50万円程度2 1-3.ウォークインクローゼットにする費用:20~50万円程度

押入れをクローゼットにリフォームする場合は、こちらの記事も参考にしてください。
>>費用や注意点など押入れからクローゼットへのリフォームを完全解説!