ウォークインクローゼットへのリフォームの費用や注意点を完全解説!

「でも費用がどれくらいかかるのか分からないから業者に依頼しづらい・・・」このような理由でリフォームに踏み切れない方はたくさんいらっしゃると思います。

ここでは、ウォークインクローゼットへのリフォームに必要な費用と、リフォームする際の注意点をご説明します。

1.ウォークインクローゼットへのリフォーム費用について

ウォークインクローゼットへのリフォームを行う場合、ハンガーラックなど棚の造作のみを行う小規模のものもあれば、新たにウォークインクローゼットとして新しい部屋を設ける大規模のものもあるかと思います。ここでは、3つのパターンについて概算の費用をご説明します。 

1-1.ハンガーラックなど棚の備付けのみを行う場合

必要なリフォーム費用はハンガーラックなどの棚の造作のみになるため、比較的費用を安く抑えることができます。事例Aのようにハンガーパイプと簡易的な棚のみを作るのであれば15万円ほどで作れることもありますが、事例Bのように備え付けの棚を作り込むのであれば40万円ほどを見込んだほうが良いでしょう。

ハンガーラックなど棚の備付けのみを行う場合

ハンガーラックなど棚の備付けのみを行う場合

1-2.押入れをウォークインクローゼットにリフォームする場合

押入れをウォークインクローゼットにリフォームした場合の概算費用は、以下のとおりです。

押入れをウォークインクローゼットにリフォームする場合

下図のように、1メートルほど押入れ部分を拡張してウォークインクローゼットにリフォームすることが可能です。

 押入れをウォークインクローゼットにリフォームする場合

押入れをウォークインクローゼットにする場合、押入れの解体や床・クロスの張り替えも必要になるため、ハンガーパイプの設置など簡易的な棚の造作に留めるのであれば25万円ほどでウォークインクローゼットを造作できます。一方で、棚を作り込むのであれば、50万円ほど見込んだ方が良いでしょう。

また、合せて和室から洋室へのリフォームも行う場合、別途16〜31万円前後の費用が必要となります。詳しくは、「和室から洋室へリフォームする際にかかる費用の全解説」をご参照下さい。

1-3.子供部屋など未使用の部屋をウォークインクローゼットにリフォームする場合

子ども部屋など使っていない部屋をウォークインクローゼットにリフォームする場合の概算費用は以下の通りです。

子供部屋など未使用の部屋をウォークインクローゼットにリフォームする場合

下図のように、押入れ以外でも和室や洋室の一部分を活用してウォークインクローゼットにリフォームすることは可能です。

押入れをウォーク子供部屋など未使用の部屋をウォークインクローゼットにリフォームする場合インクローゼットにリフォームする場合

和室の場合、押入れのときと同様、ウォークインクローゼットにする部屋を洋室にすることも必要になるため、もともと洋室であった部屋をウォークインクローゼットにリフォームするよりも比較的に費用が掛かります。

また、和室の場合、ウォークイクローゼットにしない部分を洋室にリフォームするなどの対応も必要です。その場合、上述の通り、別途16〜31万円前後の費用が必要となります。詳しくは、「和室から洋室へリフォームする際にかかる費用の全解説」をご参照下さい。

 

2.ウォークインクローゼットにリフォームする際の注意点

ウォークインクローゼットへのリフォームを検討する際に注意しなければならないポイントがいくつかあります。 

2-1.廊下やリビングから直接出入りできるようにすべき

使い勝手という観点では、廊下やリビングから直接出入りできるよう出入り口を設置することをオススメします。

廊下やリビングから直接出入りできるようにすべき

ウォークインクローゼットは朝晩の着替え、洗濯物の収納など一日に何度も行き来する空間になります。利用の都度、特定の部屋を通り抜ける手間を考えると、廊下やリビングから出入りできれば動線がスッキリします。毎日のことなので動線が少しでも短くなるよう配慮が必要です。

2-2.通路は60センチを確保すべき

3帖(タテ2.73m ×ヨコ 1.82m)のウォークインクローゼットであれば、両側の壁に対してハンガーパイプなどの棚を備え付けることができます。このときに注意が必要なのは、通路の幅。人の肩幅は50センチほどであるため、通路部分が50センチほどしかとれないのであれば、ハンガーにぶら下げた服が体に当たるなど結構ストレスとなってしまいます。

通路は60センチを確保すべき

60センチほどを確保するためにウォークインクローゼット自体を拡張させるか、もしくは、ハンガーパイプの設置は片側の壁だけにし、もう一方の壁には幅の狭い棚を設置するなどの工夫が必要です。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。ウォークインクローゼットへのリフォームに要する費用は、ウォークインクローゼットの造作に要する費用だけではなく、その周辺も一緒にリフォームする形になるため、状況に応じてリフォーム費用に大きく異なります。

そのため正確な費用を知るためには、実際にリフォーム会社に現地調査を依頼し、見積りをとることが必要でしょう。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。