ウォークインクローゼットへのリフォームの費用や注意点を完全解説!

ウォークインクローゼットへのリフォームの費用や注意点を完全解説

「ウォークインクロゼットには憧れるけれど、費用がどれくらいかかるのか分からないから業者に依頼しづらい・・・」このような理由でリフォームに踏み切れない方はたくさんいらっしゃると思います。

ここでは、ウォークインクローゼットへのリフォームに必要な費用と、リフォームする際の注意点をご説明します。


1.ウォークインクローゼットへのリフォーム費用について

ウォークインクローゼットへのリフォームを行う場合、ハンガーラックなど棚の造作のみを行う小規模のものもあれば、新たにウォークインクローゼットとして新しい部屋を設ける大規模のものもあるかと思います。ここでは、3つのパターンについて概算の費用をご説明します。

1-1.ハンガーラックなど棚の備付けのみを行う場合

必要なリフォーム費用はハンガーラックなどの棚の造作のみになるため、比較的費用を安く抑えることができます。事例Aのようにハンガーパイプと簡易的な棚のみを作るのであれば15万円ほどで作れることもありますが、事例Bのように備え付けの棚を作り込むのであれば40万円ほどを見込んだほうが良いでしょう。

状況 費用
簡易的な棚のみ備え付ける場合 15万円前後
備え付けの棚を作り込む場合 40万円前後

ハンガーラックなど棚の備付けの事例

1-2.押入れをウォークインクローゼットにリフォームする場合

押入れをウォークインクローゼットにリフォームした場合の概算費用は、以下のとおりです。

状況 費用
簡易的な棚のみ備え付ける場合 25万円前後
備え付けの棚を作り込む場合 50万円前後

下図のように、1メートルほど押入れ部分を拡張してウォークインクローゼットにリフォームすることが可能です。

押入れ部分を拡張してウォークインクローゼットにリフォームする場合

押入れをウォークインクローゼットにする場合、押入れの解体や床・クロスの張り替えも必要になるため、ハンガーパイプの設置など簡易的な棚の造作に留めるのであれば25万円ほどでウォークインクローゼットを造作できます。一方で、棚を作り込むのであれば、50万円ほど見込んだ方が良いでしょう。

また、合わせて和室から洋室へのリフォームも行う場合、別途16〜31万円前後の費用が必要となります。詳しくは、「和室から洋室へリフォームする際にかかる費用の全解説」をご参照下さい。

【完全解説】押し入れをクローゼットにリフォームするには?費用相場とポイント
【完全解説】押し入れをクローゼットにリフォームするには?費用相場とポイント
【完全解説】押し入れをクローゼットにリフォームするには?費用相場とポイント