DIYでもできる!浴室の鏡を交換する方法と費用について

浴室の鏡交換

浴室の鏡が汚くなった、見えなくなった、黒い斑点が気になるなど、浴室の鏡交換を考えていませんか?鏡の綺麗な浴室は清潔さを感じるものです。

交換を考える際に、浴室の鏡交換の方法や費用など知っておくべきことは沢山あります。それらをこちらでお伝えしますので、ぜひ参考にして下さい。

お風呂リフォームの費用と相場


1.浴室の鏡の交換方法別に見たそれぞれの特徴

浴室の鏡の交換には、主に二つの方法があります。業者に依頼する方法と自分で取り替える(DIY)方法です。この章では、両者の違いや特徴(メリット・デメリット)を分かりやすくまとめています。

<業者に依頼する場合>

チェック

メリット

  • 専門業者に依頼するため失敗が少ない
  • 作業がスムーズで2時間程で終わる
  • 鏡の落下・破損・防錆などの保証がしっかりしている

デメリット

  • DIYに比べるとコストが掛かる
    ※材料費や施行代金に加え出張代金(1万円以上~2万)が追加で掛かる
  • すぐに交換できるとは限らない(業者との予定の兼ね合い)
  • 依頼する業者によっては扱っていないメーカーの鏡がある

安全保障をしっかりしたい、手早く変えたいという方は業者にお願いするのがお勧めです。

<DIYの場合>

メリット

  • 鏡代と材料費のみにコストが抑えられる(材料費は1500円程度~)
  • 自分の好きな時間にできる

デメリット

  • 失敗することも考えられる
  • 材料などを自分で吟味しなくてはならない
  • 自分の時間がとられる(目安として半日程度)

多少時間が掛かっても安く抑えたい、自分の手で鏡を綺麗にしたいという方にはDIYがお勧めです。

浴室の鏡は、DIY初心者でも簡単に交換できます。
ただし、大きな鏡(全身が映る程度)を交換する際、1人での作業は多少困難です。2人で行う方がスムーズに作業が進みます。逆に、小さめの鏡は1人でも十分作業が出来ます。