浴室ドア交換の時期とリフォーム費用。実際の見積もりは?DIYは可能?

お風呂 ドア 交換

「浴室のドアが壊れて閉まらなくなってしまった。費用はあまりかけたくないけど、どれくらい交換費用にかかるのか」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

リフォームガイドにも、浴室のドア交換の問合せはたくさん寄せられます。しかし、実際に見積りをとってみると、多くのお客様が「意外に高くついた」と思われているようです。

そこで、ここでは、浴室ドアの交換費用の相場や見積り例を通じて、その費用感をお伝えします。また、開き戸や折れ戸など浴室ドアの種類ごとのメリット・デメリットもご説明します。これを読むことで、浴室のドア交換にどれくらいの費用がかかるか分かるだけでなく、どのドアを選ぶべきか判断できるようになります。

お風呂リフォームの費用と相場


1.浴室ドアの交換タイミング・平均耐久年数

一般的にお風呂のドアの平均耐久年数は、約15~25年といわれています。そのため、新築から約15~25年が交換のタイミングといえるでしょう。

しかし、使用頻度が高く湿気の多い浴室ドアは、カビや石鹸類、洗剤などの影響で劣化の度合いが早まることも少なくありません。適切なタイミングで交換するには、お風呂のドアの劣化具合の把握が大切です。

浴室ドアの交換サインを詳しく見てみましょう。

1-1.劣化・交換のサイン

ドアの劣化

お風呂のドアの劣化サインとして、主に以下が挙げられます。

  • ドアの開け閉めがしにくい
  • パッキンが外れている
  • 脱衣所まで水が漏れている
  • 樹脂部分やゴム部分がひび割れている
  • ドアの隙間にカビが溜まっている
  • ドアが変色している
  • アクリルドアにひびが入っている

浴室ドアが劣化すると、水漏れが脱衣所だけでなく他の部屋にまで広がってしまいます。室内全体の湿度上昇の原因になり、結露やカビの発生につながるため注意が必要です。

浴室ドアの劣化具合は、使用頻度や使い方によっても変わってきます。10年を過ぎたあたりから、劣化サインが無いか意識してチェックしておきましょう。
回答