• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

お風呂のリフォーム時期はいつ?お風呂の寿命やリフォームのタイミングを解説!

築10年を超えたころから、お風呂のカビや汚れが少しずつ目立ち始めます。築15年を超えたころには目に見えない部分が腐食したり、劣化したりしていることがあるので注意が必要です。

一般的にお風呂の寿命は15~20年とされていますが、使用する頻度や日頃のお手入れなどによって寿命は変わります。

この記事では、

  •  お風呂の寿命について(寿命を見極めるタイミング、寿命をのばす方法)
  •  お風呂のリフォームの時期
  •  お風呂のリフォーム工事の工期や費用

などについて解説します。

>>実際の見積もりから算出したお風呂・浴室リフォームの費用相場をチェック!

1.お風呂の寿命はどれくらい?

お風呂のリフォームは年数だけではなく、いろいろな症状が現れた場合にも行う必要があります。

ここではお風呂の寿命について、

  •  お風呂を見極めるタイミング
  •  お風呂に寿命を延ばすには

について説明します。

1-1お風呂の寿命を見極めるタイミング

お風呂の寿命は築後約15~20年とされていますが、それはあくまでも目安にすぎません。お風呂の寿命が近づいてくると見られる劣化や不具合などをまとめてみました。

コーキング部分の劣化

「コーキング」とは浴槽と壁のすき間や、壁や床とのつなぎ目をふさぐために目地材を充填すること、またはその充填材のことです。

コーキング部分が劣化して、ひび割れていたりはがれたりしていると、そこから水が浸入し、水漏れや腐食が進んでしまいます。

ただし、築10年以内の早い段階でのコーキングのひび割れならば、コーキングの打ち替え補修で済む場合もあります。

 カビが取れない

カビはカビ取り剤などで取り除くことができます。しかし、それでもカビがなかなか取れない場合は、浴槽内部にカビが浸透しているかもしれません。

カビの手入れを中途半端にしておくと、カビで腐食が進行してしまい、劣化がさらに加速します。さらに、カビはアレルギーや感染症などを引き起こすことがあるため、注意が必要です。

また、お風呂の掃除をしてもすぐにカビが生えてしまう場合は、換気扇が経年劣化して換気の効果が弱まっている可能性もあります。

 排水溝からのニオイ

排水溝からのニオイは、悪臭などを防いでくれる排水トラップが劣化しているため、うまく機能できずに、臭気などを遮断する水(封水)がたまらない状態になっていることがあります。

また、排水溝内部は通常の掃除では手入れが行き届かないため、汚れなどが付着している可能性もあります。

 壁や床、浴槽の劣化

お風呂の壁や床、浴槽などの劣化もリフォームするタイミングだと言えます。

長期間お風呂を使っていると、壁や床、浴槽が劣化することによって、ひび割れの症状がでてくることがあります。また浴槽と壁の合間に隙間ができてしまうことも考えられます。

最初のうちはそれほど目立たない傷や亀裂、隙間であっても、そこから水が内部に侵入し、腐食や水漏れを起こしてしまいます。

また、在来工法で素材にタイルが使われている浴室は、タイル目地を埋めるコーキングが劣化し、ひび割れやタイルの剥がれを起こしやすくなります。

 その他

今まで説明してきた内容の他にも、お風呂をリフォームするタイミングとして、以下のようなケースが考えられます。

  •  15~20年ほどメンテナンスをしていない
  •  シャワーなど温水の温度調節がうまくいかない
  •  換気扇の利きが悪くなった
  •  掃除をしても汚れが取れなくなった
  •  排水溝の掃除をしても流れが悪い
  •  介護や老後に備えてバリアフリー化やヒートショック対策をしたい

これらの場合も、専門家やリフォーム業者などに相談し、手遅れにならないよう最適なタイミングでリフォームするようにしましょう。

1-2.お風呂の寿命を延ばすには

一般的にお風呂の寿命には15~20年というように5年程度の幅があるのは、日々のメンテナンスによる違いが最も大きな要因です。

お風呂を快適な状態で長く使うことができれば、リフォーム費用の節約にもなります。

ここでは、自分でできるメンテナンスの方法を紹介します。

 こまめに掃除をする

お風呂のメンテナンスで最も確実なのが、お風呂を使った後の掃除です。浴槽の中や床を簡単に水やお湯で流すだけではなく、こまめな掃除が必要です。

せっけんや皮脂などはカビの大好物なので、掃除の際に洗い残しがあるとカビが増殖しやすくなります。また、排水口にゴミや髪の毛などがたまっていると、そこから殺菌が増殖し、ニオイやひび割れの原因になることがあります。

そして、入浴や掃除をした後はしっかりと水分をふき取り、水分を残さないようにしましょう。そうすれば、壁や天井が腐食しづらくなります。

 湿気とカビを防ぐ

浴槽にお湯を貯めっぱなしにしたり、浴槽のふたを使わなかったりすることはお風呂補寿命を縮める原因になります。浴槽の湿度が上がり、カビが発生しやすくなります。

お風呂を沸かすときや入浴していないときは浴槽にふたをして、家族全員の入浴が終わったら浴槽のお湯を抜いておきます。

また、入浴後は換気扇を動かし窓も開けるようにして、浴室に湿気が充満しないようにしておきましょう。ただし、ただし、換気扇は8~10年が寿命なので、利きが悪くなったときは早めに修理や交換をしましょう。

 コーキングのケア

浴槽周りの隙間などを埋めるコーキングは、しっかりと掃除をしていたとしても、カビやひび割れが発生しやすいものです。10年ほど過ぎたころから劣化し始めます。

コーキングが痛んでくると、内部に水が入り込んでしまい、腐食が進んで大きなトラブルにつながってしまいます。

コーキングの交換や打ち直しはDIYでもできますが、しっかりできないとかえってトラブルの基になってしまいます。自信がない場合は業者に任せた方が安心です。

2.お風呂のリフォーム時期

お風呂のリフォーム時期について、全般的な観点で考えていきます。

2-1リフォーム時期の目安

15~20年というお風呂の寿命によらず、ここまで説明してきたような不具合が生じてきたらリフォーム時期となります。

また15年以上も前の設備だと、最新のものよりも光熱費がかかる高くなっていることが多く、リフォームすることで節約できる可能性もあります。

2-2.リフォームのタイミング

お風呂にいろいろな不具合の症状があらわれてきた場合は、早めにリフォームすることをおすすめします。

また、お風呂が寿命になってきて、コーキングの劣化やひび割れ、カビの繁殖などの不具合が生じてきたら、ためらうことなく早いうちにリフォームを検討しましょう。

2-3.リフォーム時期を逃してしまうと

「手間や費用がかかりそう」などの理由で、修理や交換を躊躇していると状態はますます悪化してしまいます。そうなれば、劣化や不具合が進んだ分、大がかりな工事が必要になるため工期が伸びて、費用も余分にかかってしまいます。

2-4.早めのリフォームもおすすめ

年数だけにこだわらず、お風呂の寿命を不具合などから判断して早めにリフォームすれば、工期も短くできて費用も抑えられることになります。こまめなメンテナンスでお風呂の寿命を伸ばしつつ、劣化や不具合の状況を見逃さないようにしておきましょう。

3.お風呂のリフォーム工事の工期や費用の目安

お風呂をリフォームする際に気になるのは、やはり工期と費用でしょう。費用が気になるのはもちろんですが、リフォーム工事中は自宅のお風呂に入れないので銭湯などに行かなければならず、工期も費用以上に気になるものではないでしょうか。

ここでは、お風呂のリフォームをする際の工期や費用の目安をまとめてみました。

3-1.リフォームの方法と費用

お風呂は工事方法によって「在来工法」と「ユニットバス」の大きく2つの方法にわけられます。在来工法のお風呂をリフォームする場合はユニットバスにするケースがほとんどです。ユニットバスにすることで、断熱性や防水性、機能性が向上するというメリットが期待できます。

工期については後ほど詳しく説明しますので、ここでは費用について解説しておきます。

費用については、浴室のデザイン・素材、壁や床の素材、照明・換気扇その他のオプションの違いなどから大きく違ってきます。

例えば、ユニットバスからユニットバスへのリフォームする際の費用の目安としては、以下のように大きく3つの価格帯に分けて考えることができます。

  •  50万円~80万円未満
  •  80万円以上100万円未満
  •  100万円以上

ユニットバスからユニットバスへの交換は50万円前後から可能です。しかし、そのあたりの価格帯は水栓の位置や、壁や床の材質などに制約があるので、できるだけ費用を抑えたい場合に適しています。

80万円未満のリフォームの場合、一般的に水栓は1つで、洗い場と浴槽の兼用となります。また、浴槽のデザインもある程度限定されたものになることがほとんどです。

80万円以上100万円未満のリフォームの場合は、浴槽や鏡の形状、床やアクセントパネルを幅広く選ぶことができるなど自由度が高くなります。また、この価格帯のユニットバスは、壁にカビが付きにくくなっていたり、床の水はけが良くなっていたりすることが多く、掃除がしやすくなるメリットがあります。

100万円以上のリフォーム工事になると、さまざまなオプションを追加することができ、人工大理石の浴槽やジェットバスにしたり、多機能シャワーヘッドをつけたりすることができます。

また、在来工法からユニットバスへのリフォームはタイルの撤去工事などが増えるため、その分費用がかかります。

3-2.リフォーム工事の期間

お風呂をリフォームする場合は以下の2つの場合が考えられます。

  •  在来工法からユニットバスへの交換
  •  ユニットバスからユニットバスへの交換

この2つのリフォーム工事と費用の目安について説明し、表にまとめます。

在来工法からユニットバスへの交換

タイル貼りの在来工法からユニットバスに交換するリフォームの場合は、タイル貼りの床や壁を崩した後で基礎を作りなおしてユニットを入れる工事になります。したがって、作業も大掛かりになり、費用も高めになります。もちろんユニットバスの機能などにより変動します。

この場合、一般的に工期は5~7日間、費用は100万円以上かかることが一般的です。

ユニットバスからユニットバスへの交換

ユニットバスからユニットバスへの交換の場合は、同じ規格のサイズに変更することがほとんどなので、サイズを調整する工事がなく工期は長くならず、費用もあまりかかりません。

ただし、リフォームの内容やオプションの選択などにより大きく変動します。

この場合、一般的に工期は2~4日間、費用は約50万円からになります。

工期・費用のまとめ

  工 期 費 用
在来工法からユニットバスへ 5~7日 100万円~
ユニットバスからユニットバスへ 2~4日 50万円~
浴槽の交換のみ 1日 10万円~

3-3.工事期間を短くするには

複数の業者に見積を出してもらうと(相見積もり)工期や費用の選択肢が多くなります。そして、希望する工事期間に最も近い業者に工事を依頼すると工期を短くできる可能性があります。

また、工事の前脱衣所やお風呂の中の小物類をしっかり片付けておくと、業者の動線が確保でき、工事がスムーズに進められます。そして、その分工期が短くなります。

業者が日曜日に休む場合も多く、マンションなどでは土曜・日曜に工事ができない場合があります。そのため、月曜日から工事を始めてもらうと工期が短くなることが多いです。

3-4.お風呂のリフォームの注意点

ユニットバスの設置スペースが確保できていなとリフォーム工事ができません。場合によっては洗面所を狭くしたり、配管スペースを工夫したりして浴室を広げる必要があります。

また、敷地に余裕があれば、浴室を増築することによって広げる方法もあります。

マンションでお風呂のリフォームをする場合は、規約によって工事内容が制限されてしまうことがあります。必ず事前に確認しておくことが必要です。また、事前に管理人などに相談して許可をとっておくと、工事がスムーズに進めらます。

お風呂で故障や水漏れなどが発生し、慌ててリフォーム工事をすると、緊急対応のため割増の料金を請求される可能性があります。また、相見積もりをとる余裕もなく、施工の相場料金もわからないまま業者に工事を依頼することになります。

お風呂の寿命をしっかりと見極めて、なるべく早めのリフォームをすることが大切です。

4.まとめ

お風呂のフォーム時期は、築年数だけでなく日頃のメンテナンスで随分変わるものです。

また、水が内部に侵入していると、目には見えない部分で劣化がすすんでしまっていることがあります。お風呂の寿命を見極めて、余裕をもってリフォームするようにしましょう。

また、リフォーム工事は必ず複数の業者に相見積もりを取りましょう。ただし、あまりにも見積金額が安いときは、追加工事費用などを請求される場合もあります。

実績があって評判の良い、信頼できる業者を選んで工事を依頼するようにしましょう。

(お風呂リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
お風呂リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(お風呂リフォーム関連記事をもっと見る)

お風呂リフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。