浴室の壁リフォーム基礎知識:壁材の選び方とリフォーム費用

浴室の壁リフォーム

浴室の壁のカビやヒビ割れ、タイルの剥がれ等でお困りではありませんか?
浴室の壁がキレイになると、毎日の入浴もさらに快適になりますよ。

とはいえ、浴室の壁を張り替えたいと思っても、壁材の種類が様々で、何を選べば良いか分からないという声もよく聞きます。
壁材の特徴を踏まえて、ニーズに合ったものを選ぶことはとても大切です。ここでは浴室の壁材の種類はもちろん、リフォーム費用や注意点もお伝えしますので参考にしてみて下さい。

お風呂リフォームの費用と相場


1.浴室の壁材の選び方

浴室の壁材にはいくつかの種類があります。以下の表はそれぞれの壁材の特徴をまとめたものです。表からもわかるように、壁材によって特徴は異なります。この章では、壁材ごとの特徴を詳しくご紹介しますので壁材選びの参考にしてみて下さい。

  タイル 木製 塗装 シート パネル
低価格 ×
簡単お手入れ ×
デザイン性
耐久性
浴室への適正

1-1.タイルでリフォームする

猫足バスタプ

タイルは水回りに用いる素材としてよく使われます。浴室においては、在来浴室やハーフユニットバスの床、壁、天井等の素材として仕様されています。デザインに凝った浴室を作りたい方にはお勧めの素材です。

メリット

  • タイルの種類や色が豊富なため、デザインのこだわりを反映できる
  • クッション性のあるタイルや冷たさを緩和したタイルもある
  • タイルそのものの価格の幅がある(安くも高くも出来る)

デメリット

  • 目地のお手入れが必要
  • ユニットバスに比べて、冬場は寒い
  • タイルによっては冷たい

1-2.木材でリフォームする

木材を使用した浴室

木材を使用した浴室にリフォームすることも可能です。木の特徴から考えて、浴室に不向きでないかと思われる方が多いかもしれませんが、浴室向けの材質や加工を施された木材も用意されています。木材については、材質選びをしっかり行うことが大切です。また、こちらも在来浴室やハーフユニットバスの浴室に取り入れることが出来る壁在です。

メリット

  • デザイン性に優れいている
  • 浴室向きの木材がある

デメリット

  • 手入れが重要である
  • リフォームコストが非常に高い
  • 木材を扱うリフォーム会社は多くない

1-3.塗装リフォームする

白基調の浴室

浴室の壁を塗装するリフォームですが、見た目は新品の浴室のように生まれ変わります。もちろん、塗装前にカビをしっかり落とすことや、防カビ対策を施すことが重要です。更に塗装し直すことで防水性もアップします。こちらはユニットバスや在来浴室など、どんな浴室でも対応できるリフォーム方法です。

メリット

  • 安くリフォーム出来る
  • 新品のような仕上がりになる
  • 防水性をアップさせることが可能である

デメリット

  • 時間とともに変色や色落ちが生じる
  • ヘアカラー剤やヘアマニキュアによってシミが出来ることがある

1-4.浴室シートでリフォーム