マンションのお風呂のリフォーム費用と安く抑えるコツ8選

毎日使うお風呂は、年月とともに汚れや劣化が生じてきます。そんなお風呂を綺麗に、快適にリフォームしたいとお考えの方も多いと思います。

その際に気になる項目のひとつとしてマンションでのリフォーム費用が挙げられるでしょう。お風呂サイズやグレードだけでなく、業者選びもリフォーム費用を大きく左右します。こちらで紹介する情報を参考にして頂けると、安く抑えた費用でリフォームを成功させることが出来ます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.マンションの風呂リフォームの費用はどれくらい?

マンションの風呂の大半はユニットバスです。そして、マンションの風呂リフォームはユニットバスの交換が一般的です。

マンションの風呂リフォームの相場は50万〜150万円で、多くの場合100万円以内のリフォームです。65万〜80万円が最も多い価格帯となります。ここでは、

費用の幅の内訳をいくつかの切り口に分けてお伝えします。

1-1.マンションの風呂の大きさによる費用の違い

ユニットバスは規格品であるためサイズが限られています。また、同じ商品であってもサイズが大きくなればユニットバスの価格も上がります。ワンサイズ上がると、1,2万円増しといったイメージです。

1-2.ユニットバスのグレードによる費用の違い

ユニットバスは大きさによる違いだけでなく、グレードの違いもあります。デザインや材質等がグレードによって異なります。また、標準仕様にないもの、より良いものにしたい場合はオプションで追加することになります。

ユニットバスのグレード別価格帯 

ユニットバスのグレード別価格帯

ユニットバスの標準仕様に含まれるもの(商品によって内容は多少異なります。)

浴槽・風呂ふた・水栓・ミラー・照明・床・ドア・換気扇・シャワー・収納棚・タオル掛け・排水溝・壁面・天井など

オプション商品の価格一覧(目安)

※標準仕様のユニットバス価格に対する追加料金を提示しています。

オプション商品の価格一覧(目安)

 

2.グレード別にみるマンションのお風呂のリフォーム事例

浴室(ユニットバス)のリフォーム事例を価格帯ごとに紹介します。築年数や浴室の状況、リフォーム会社などの違いがありますので、あくまで目安となります。ご希望の予算でどのようなリフォームができるかを是非ご覧ください。※以下の価格は工事費を含みます。

2-1.ベーシッククラスのお風呂の事例(価格帯:50万円〜)

こちらの価格帯はベーシックタイプのものです。見た目も機能もシンプルな仕上がりになることが多いです。シンプルなデザインで、ゆったりと落ち着いた空間にリフォームされています。

ベーシッククラスのお風呂の事例(価格帯:50万円〜)
出典:https://www.is-cross.co.jp/

ベーシッククラスのお風呂の事例(価格帯:50万円〜)2
出典:https://www.is-cross.co.jp/

2-2.ミドルクラスのお風呂の事例(価格帯:70万円〜)

こちらの価格帯はミドルクラスのものです。ベーシッククラスと比べると浴槽などの標準仕様のランクが上がり、より快適なお風呂になります。

ミドルクラスのお風呂の事例(価格帯:70万円〜)
出典:https://www.is-cross.co.jp/

ミドルクラスのお風呂の事例(価格帯:70万円〜)3
出典:
http://okayamahigashi-nikka.com/

ミドルクラスのお風呂の事例(価格帯:70万円〜)2
出典:
http://kurume-nikka.com/

2-3.トップクラスのお風呂の事例(価格帯:100万円〜)

トップクラスのお風呂の事例(価格帯:100万円〜)
出典:http://tachikawa-nikka.com/

トップクラスのお風呂の事例(価格帯:100万円〜)2
出典:
http://kurume-nikka.com/

 

3.マンションの風呂リフォームを安くするためのコツ8選

自分の理想とする風呂を予算内に、または少しでも安くリフォームできたら嬉しいものです。しかし、安さを選んだが故にリフォームを失敗したくはありません。そこで、この章では安くリフォームを成功させるポイントをお伝えします。

3-1. コツその1:複数の業者から見積をとる

このポイントはリフォームを考えている方全般に共通することですが、複数の(2〜4社)業者から見積をとることをお勧めします。それらの見積を比較して安い業者を選ぶといったことも可能ですが、交渉次第では初めの見積よりもうんと安くなることもあります。

3-2.コツその2:それぞれの見積の差額はどのような項目から生じているのか確認する

商品そのものの価格に大差がなくても、工事費用が業者によって異なることが多いです。また、商品自体の価格も異なることがあります。また、以下の見積書の以下の項目には注意しましょう。

  • 工事項目が打ち合わせ通りになっているか確認する
    具体邸な内容が記されておらず、工事一式と記載されている場合は注意
  • 単価・数量などを確認する
    面積が広すぎないか、数量が多すぎないか確認しましょう。特に、面積や数量が明らかな場合(浴室の壁面など)は注意
  • 合計金額を確認する
    単純なことですが計算ミスもあることがあります。また、消費税にも注目してみて下さい。特に手書きの見積書は注意

3-3.コツその3:見積書の書き方や内容が不明な際は業者に尋ねる

見積書の書き方や各項目の内容は業者によって異なります。従って、見積書の比較は少々困難な部分もあるかと思います。しかし、見積書の内容をしっかり把握してからリフォームを決断することはとても大切です。見積書にしっかり目を通して、内容を把握しようとする姿勢を示すことで、業者側も適切な対応をしてくれるはずです。

3-4. コツその4:とりあえず、予算を提示してみる

ご希望の予算を提示することによって、良心的な業者は頭をひねってプランを考えてくれるはずです。中には廃盤となってしまう型を格安で提供してくれることやオプションの調整など工夫を施してくれます。

また、予算に近づけようとして付けたいものを諦めたが費用が大して変わらないといったケースもあります。従って、プロである業者に見積を再度見直してもらい安くても損のないリフォームを依頼しましょう。

3-5. コツその5:マンションリフォームの実績があり、それを得意とする業者に依頼する

マンションリフォームを得意とする業者はマンションリフォ―ムに必要な商品や材料を他の業者よりも安く仕入れ可能なことがあります。

また以前、お住まいのマンションの他のお宅をリフォームした経験のある業者は既にそのマンションの風呂の大きさや使われている部品などを把握しています。そのため、そのマンションのリフォームの勝手をよく知っています。従って、無駄な材料費などがかからず安価なリフォ―ムを提案しやすいといえます。

3-6. コツその6:水回りリフォームに強い業者に依頼する

コツ5と類似しますが、水回りのリフォームを専門とし、得意とする業者は仕入れ値を抑えることが出来る可能性が高いです。そういった業者に依頼する場合、他よりも安価な費用にできるはずです。

3-7. コツその7:大手メーカーだけでなく地元の工務店にも依頼してみる

大手メーカーは絶対的な安心感があり、依頼しがちですが地元の工務店にも目を向けてみて下さい。大手メーカーであっても実際のリフォームは下請け業者が行います。従って、地元の工務店などに依頼すると大手メーカーより安く抑えることが出来るはずです。口コミ、評判などが良く、実績豊富で長く営業している業者は信頼できる業者といえます。

3-8. コツその8:着工間近に追加などの変更をなるべく出さない

工事計画決定後の追加やキャンセルなどの変更はさらに料金が発生することが多いです。材料の準備はもちろん、業者の準備など着工に向けて動き出してしまうと廃棄する材料が出ることや追加注文が必要になってしまいます。ですので、途中で変更することなくリフォームに取り掛かれるように計画の段階でしっかりと話し合いを行いましょう。

ただし安さだけが重要なわけではない!

安いだけでなく、しっかり信頼できるリフォーム会社に依頼しましょう。対応やサービスなどの総合的な観点で最も納得いく金額を提示した業者を選ぶことをお勧めします。

 

4.マンションの風呂リフォームの低価格パックリフォームの注意点

費用を安抑えたいという一心で激安パックなどの低価格のリフォームをしようとお考えの方もいるかと思います。それを決断する前に激安の訳を理解しておく必要があります。考えられる訳はいくつかあると思いますので見てみましょう。

安くなる要因

➀大量仕入れに伴い、お客さんにも安くリフォームを提供できる

➁他の業者よりも工事費用を安く設定している

注意すべき事

➂人件費用を大幅に削っている場合

➃保証などのアフター保証が不十分な場合

⑤激安パックに含まれる工事で完全なリフォームが可能か

以上のような理由が考えられると思います。①②のようなパックでしたら安心してリフォームを依頼できるかと思います。しかし、③④⑤の理由が考えられる場合は注意が必要です。③④⑤についてひとつずつ見ていきます。

③人件費を大幅に削っているため。

人件費を削るということは単純に工事をする人の質が下がる、または電気やガスなどの専門の業者が必要に応じて用意されていないなど考えられます。従って、ずさんなリフォームが行われる可能性があるということです。(人件費が削られているからといって、すべての安いパックのリフォームがずさんなものであるわけではありません。)

④保証などのアフター保証が不十分であるため。

リフォーム後に水漏れやカビが発生してしまうことも十分に考えられます。特にマンションでの水漏れは他のお宅に被害を及ぼしてしまいかねません。ですから、保証などのアフターサービスがしっかり整った業者であるか確認する必要があります。

⑤激安パックに含まれる工事で完全なリフォームが可能か

激安パックに含まれる工事では完全なリフォームができない中にはあります。すなわち、激安パックで提示された価格よりも結果的には高い料金になってしまうことも十分にあります。追加の工事などが必要かを事前にきちんと確認しておくことをお勧めします。

 

5.まとめ

ここまで、マンションの風呂リフォームの費用についてお伝えしてきました。一般的なリフォームは100万円程度で行うことが出来ます。また、リフォームの際には複数の見積をとり、自分の希望をきちんと交渉することをお勧めします。満足いくリフォームを納得の価格でおこなうための参考にしてください。

なお、お風呂リフォームの費用相場について詳細を知りたい方は以下の記事もご参考にしてください。

実際の見積りも公開!お風呂のリフォーム費用の全て

また、マンションのリフォーム費用の詳細は次の記事で取り上げておりますのでそちらをご確認ください。

在来浴室リフォームを完全解説!費用相場や後悔しない選び方など!
成功事例付!ユニットバスのリフォームを完全解説!その特長や費用等
ユニットバス交換を完全解説!気になる費用相場やグレード別の特徴等

さらに、以下の記事でもマンションの水回りリフォームをする上でお得な情報が満載です。是非合わせてご活用ください。

費用や安く抑えるコツなどマンションの水まわりリフォームを完全解説
成功事例付き!マンションリフォームの費用相場を築年数別に完全解説


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。