国内のお風呂・ユニットバスのメーカー10社を一覧比較

お風呂のリフォームをする際、メーカー選びで迷うことはありませんか?

こちらでは国内のお風呂・ユニットバスのメーカーの特徴を一覧にして説明しております。それぞれのメーカーごとに特徴があるので、ユニットバス選びの参考にしてみてください。

お風呂リフォームの費用と相場


1.ユニットバスのメーカーを一覧で比較

まずは国内で人気のユニットバスメーカー10社を一覧としてまとめてあります。

それぞれの特徴を簡潔にまとめていますので、まずはこちらで比較検討してみて下さい。

ユニットバスメーカーランキング


2.人気のユニットバスメーカー評判や特徴

ユニットバスごとにどのような取り組みをしているのか、その評判や特徴についてご説明します。メーカーの特徴をおさえて、ユニットバス選びの参考にしてください。

TOTO株式会社

TOTO株式会社の浴槽

すべての商品の床に敷かれている”ほっカラリ床”が一番の特徴です。

断熱クッション層があり、クッション性が抜群のため、膝をついてのお掃除も苦になりません。また、物を落としても大きな音がしにくく、割れや破損も防ぐことが出来ます。

主力商品:サザナ

TOTO株式会社の主力製品であるサザナ幅の広い浴槽が特徴です。サイズの種類が豊富なためお好きなサイズを見つけることが出来ます。また水が、汚れと床の隙間に入るように設計されているため簡単なお掃除で汚れを落とすことが出来ます。

LIXIL株式会社

LIXIL株式会社

多くの条件に対応できるのがLIXILの特徴です。加えるバリエーションも豊富なため様々なパターンのユニットバスを見つけることが出来ます。ワンランク上の快適機能を搭載している商品が豊富に用意されて、身体を癒すことを目的として作られたものが多数揃います。

注力商品:スパージュ

LIXIL株式会社の主力製品であるスパージュ首から肩へとお湯をまとうような優しい肩湯が魅力です。全身浴でも、半身浴でも心からリラックスできる入浴を楽しむことができます。サイレントジェットは静音にこだわっており音の響きに配慮した機能が人気です。

パナソニック株式会社

パナソニック株式会社

パナソニックは浴室を構成する各部材(壁・床・天井)をあらかじめ工場で成形し、施工現場で組み立てる「乾式工法」を採用しています。防水性や保温性が高いなどの特徴を備えています。

注力商品:リフォムス