浴室タイルのリフォームを完全解説!費用相場やタイルの選び方など

アイキャッチ

剥がれたタイルやヒビの入った浴室のタイルを放置していませんか?わずかなタイルの剥がれやヒビであっても、放置しておくと水が浸みこみ、下地や土台を傷つける可能性があります。ですので、早めにきちんと対処することが大切です。

また、そろそろ新しいタイルに張替えたいとお考えの方もいらっしゃると多います。

こちらでは浴室のタイルの正しい選び方と、張替え方法や費用などをお伝えしていきます。参考にしてみて下さい。

お風呂リフォームの費用と相場


1.すぐに張り替えるべき浴室タイルの特徴とは?

ここでは、すぐに張り替えるべき浴室タイルの特徴をご紹介します。

劣化が進んでおり、すぐに張り替えが必要なタイルの特徴として、次のようなものが考えられます。

  • 傷がついている・破損している
  • 浮いている・はがれている
  • 目地に汚れがついている

浴室タイルの劣化は放置しておくと水漏れや浸水の原因となり、建物全体の耐久性を下げてしまうことにもつながりますので、必ず張り替えを行いましょう。

以下で、劣化の特徴についてそれぞれ解説していきます。

1-1.傷がついている・破損している

経年劣化のほか、固いものがぶつかったり、壁や床の歪みが影響しひび割れたりすることで破損が生じます。

傷や破損を放置すると壁や床の内部に水が浸透し、建物の基礎部分に悪影響を及ぼします。建物の基礎が損傷すると大規模リフォームをしなくてはならないため、必ず浴室タイルの張り替えを行いましょう。

1-2.浮いている・はがれている

タイルの浮きや剝がれは経年劣化により生じます。

タイルの浮きや剥がれも傷や破損と同様に壁や床に水が浸透する原因になるため、早めに補修を行いましょう。

タイルが浮いているがどうかあいまいな場合は、タイルを指で押して確かめましょう。タイルを押し込むことができる、または「ミシッ」と音が鳴る場合は、タイルの浮きや剝がれがあるサインです。

1-3.目地に汚れがついている

タイル目地

タイル同士のつなぎ目である「目地」に汚れが付着したりカビが発生したりすると、その部分からタイルに亀裂が入る可能性があります。

タイルの亀裂は水の侵入や基礎部分への被害の原因になりますので、早めに補修しておきましょう。