【プロが教える】在来浴室のリフォーム費用はいくら?

  • 「在来工法の浴室をリフォームしたいけれど、予算はどのくらい必要か?」
  • 「ユニットバスがいいらしいが、どのユニットバスを選べばいいかわからない」
  • 「思わぬ追加費用を請求されるなどのトラブルを避けるために、何に気をつけるべきか」

在来浴室をリフォームするにあたって、上記のような不安を持つ方は多いのではないでしょういか。

リフォームガイドでは、在来工法のお風呂リフォームのお問い合わせを数多く受けています。多くの方のご希望は、使い勝手の良いユニットバスへの入れ替えですが、その一方で費用を抑えるために在来浴室のまま浴槽交換だけやりたい、というお客様もいらっしゃいます。

この記事では、在来工法のお風呂リフォームにかかる費用の相場や見積もりの見方、業者の選び方などをご紹介します。

この記事を読めば、在来浴室のリフォームにどの程度費用がかかるかがわかります。さらに、見積もりの見方や業者の選び方を知ることで、お得で満足度の高いお風呂リフォームを実現することができるでしょう。

お風呂リフォームの費用と相場


1.在来浴室リフォームの工法別費用&ユニットバスのすすめ!

この章では、在来浴室リフォームの工法と費用をご紹介します。

在来浴室リフォームでは、費用や構造的な理由から在来浴室のまま浴槽だけを交換する場合もありますが、浴槽や床・壁、ドアなどが一体化しているユニットバスに入れ替える工事が主流です。リフォームガイドでも、ユニットバスへのリフォームをおすすめしていますので、その理由も合わせて説明いたします。

1-1.在来浴室リフォームの工法別費用

まずは、在来浴室リフォームの工法と費用相場を把握しましょう。以下の表で、工法ごとの費用相場の違いをまとめています。

在来浴室のリフォーム種類と費用相場
状況

おすすめ
リフォーム内容

費用相場
お金をかけられない 浴槽のみ交換 20万円~
必要なお金は
かけられる
ユニットバス
サイズあり
ユニットバスへ入れ替え 80万円~
ユニットバス
サイズなし
浴槽交換+パネル上張り(★) 60万円~
(★)+水栓・浴室扉などの交換 75万円~
浴槽交換+タイル張替え(●) 60万円~
(●)+水栓・浴室扉などの交換 75万円~

※浴室サイズが幅120cm×奥行き160cm(1216サイズ)の前提
※浴槽は埋め込み型の前提

費用を抑えたい場合は、浴槽のみの交換でもやむをえませんが、予算が許す場合はユニットバスへの入れ替えの方向で検討することをおすすめしています。浴槽交換については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

>>「相場が分かる!浴槽交換リフォームの費用をスッキリ解説」

在来浴室のサイズはユニットバスに比べると多種多様です。規格に合うユニットバスがない場合や、元の浴室より狭くなってしまう場合があります。そのような場合には、在来浴室のまま「浴槽交換+パネル上張り」「浴槽交換+タイル張り替え」などのリフォームを検討しましょう。

ここでいう「パネルの上張り」とは、在来浴室の壁や天井にパネルを貼り、床にシートを貼るなどして「ユニットバス風」に浴室をリフォームするリフォームのことです。タイルよりも保温性があり、ひんやりした感じがありません。パネルの上張りをすれば、タイルの床で冬に感じる不快感やヒートショックの危険を軽減することができます。タイルに比べてパネルは掃除がしやすい点でも、主婦の方に好評です。

 

在来浴室リフォームの施工事例

この項では、在来浴室リフォームの施工事例をご紹介します。実際に写真を見ることで、仕上がりを具体的にイメージでき、予算感もつかみやすくなります。

①浴槽交換(床張り替え含む)のみのリフォーム事例(23万円)
浴槽だけを交換する場合でも、床や壁のタイルは一部壊す必要があります。そのため、浴槽交換のリフォームでは、壁は一部補修、床は全面張り替えになる場合がほとんどです。

3
出典:http://okayamanishi-nikka.com/works/bathroom/20160216142616.html

浴槽:LIXILポリエック、タイル:LIXILセラマットネオ、LIXIL プレイン50

 

②浴槽交換+パネル上張りのリフォーム事例(70万円)
ユニットバスにすると浴室が大幅に狭くなるため、パネルの上張りリフォームを行って浴室の広さを確保しました。パネルの上張りでひんやり感が軽減されただけでなく、タイルの目地がなくなって掃除もしやすくなりました。