浴室の床リフォーム総まとめ〜床材選び・費用・DIYのすべてがわかる!〜

毎日使う浴室の床をもっと快適にしませんか?

冬場の床が冷たい、床の水はけが悪い、床が滑りやすいなどのお悩みをリフォームで解決しましょう。

こちらでは、浴室の床のリフォームを検討する際の手助けとなる情報をお伝えしていきます。是非、参考にしてみて下さい。

お風呂リフォームの費用と相場


1.浴室の床材を選ぶ際のポイント

白いバスタブ

浴槽での年間の事故死は、交通事故よりも多いと言われています。また、家庭内での不慮の事故死の40%が浴室です。従って、安全性を考慮した床材を選ぶ事はとても重要であるといえます。また、浴室を清潔に保つためにも掃除のし易さを考慮した床材を選ぶことも大切です。

1-1.保温性の高い床材を選ぶ

保温性の高い床材

体を温める浴室に欠かせない要素である保温性は、床材選びでも重要なポイントです。毎日冷たい床に耐えながら入浴することは、体にも大きな負担となります。特に冬場はヒートショックを招きかねません。そのため、床材は冷たくなりにくい保温性のあるものを選ぶ事をお勧めします。

1-2.滑りにくい床材を選ぶ

浴室での転倒事故はとても危険です。たとえ死に至らずとも、障害を残すことや大きなケガに繋がりかねません。また小さなお子さんやご高齢者、妊婦さんなどにとっては安全性を重視する上で欠くことのできないポイントです。

1-3.柔らかいクッション性のある床材を選ぶ

万が一浴室で転倒した際に備えて、衝撃を吸収してくれる床材を選びましょう。また、そういったクッション性に優れた床材は直接座っても痛くないので安心です。

1-4.手入れのし易いものを選ぶ

風呂掃除 イラスト

浴室は湿度や温度が高くなる場所であるため、汚れやカビが付きやすい場所です。そのため、床材を選ぶ際にも汚れがつきにくい、カビに強いものを選ぶと良いでしょう。また日頃からのお手入れも重要ですので、掃除のしやすいものを選びましょう。