嵌め殺しの窓のリフォーム方法&費用は?換気・断熱などの悩みを解決

家にある開閉できない、嵌め殺し(はめごろし)の窓(=FIX窓)。「この窓を開けて、風を通せたらいいのに」「夏は暑いし、冬はカビやすくて困っている」「ガラスの外側が掃除できずに汚れてきた」などの悩みをお持ちではないでしょうか。

今回は嵌め殺しの窓に関する、さまざまな悩みを解決するリフォーム方法を詳しくご紹介します。自分の家にはどのリフォーム方法が適しているのか、ぜひ考えてみてくださいね。


1.嵌め殺しの窓(FIX窓)とは?

嵌め殺しの窓とは、窓枠にガラスを直接はめ込んだ、開閉できない窓のこと。固定(FIX)されている窓という意味から「FIX窓」とも呼ばれます。

1-1.主に採光・眺望目的で採用される窓

嵌め殺しの窓をつくる主な目的は、外からの自然光を取り込むこと。例えば「吹き抜けの高いところに設置して光を取り込む」「明るくしたい階段の踊り場に設置する」といったパターンです。また窓の外に広がる美しい景色や庭を眺めるために設置されることもあるでしょう。

1-2.防犯性・安全性が高いのがメリット

嵌め殺しの窓はしっかり固定されていて開閉できないため、戸締りが不要です。明るさはほしいけれど防犯面が気になる家の北側や、トイレや脱衣所などの水回りに設置されることもよくあります。また開いた窓から人や物が落下する心配もないため、2階以上のベランダがない場所に窓がほしいときの選択肢にもなるでしょう。

1-3.換気ができないのはデメリット

嵌め殺しの窓の注意点は、窓開け換気ができないこと。そのため「洗面所に湿気がたまってしまう」「吹き抜けに熱がこもってしまう」「ここが開けば気持ちよく風を通せたのに」と不満を持ち、リフォームを検討される方が少なくありません。

1-4.外側の掃除がしづらい場合も

また嵌め殺しの窓は、室内からガラスの外側を掃除できないのもデメリット。1階であれば屋外に出て掃除をすればいいものの、2階以上でベランダもないとなると、なかなか自分で掃除するのは難しいでしょう。「業者に清掃を頼むのも費用がかさむ」「汚れがたまっているので何とかならないだろうか」とリフォームを検討される方もいます。