ラジカル塗料とは? 使うデメリットや費用、耐久性、注意点

「ラジカル塗料ってなに?」

「メリットやデメリットを知りたい」

このような疑問を持ってはいませんか。この記事では、ラジカル塗料の特徴や費用相場などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • ラジカル塗料の特徴
  • 使うメリットとデメリット
  • ラジカル塗料の費用相場と耐用年数
  • ラジカル塗料を使う際の注意点と業者の選びかた

この記事を読むことでラジカル塗料が自宅の塗り替えに適しているかどうかが判断しやすくなるでしょう。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.ラジカル塗料ってどんな材料?

ラジカル塗料とは、既存の塗装で使われている樹脂をラジカル制御した塗料です。

ラジカル制御とは、塗装の劣化因子である「ラジカル」を抑制することです。
劣化因子を抑制するため、塗装が劣化する速度を緩和できます。

2012年に日本ペイント株式会社が世界ではじめてラジカル塗料を販売して、現在はエスケー化研株式会社、関西ペイント株式会社といった他社でも販売しています。


2.ラジカル塗料を使うメリットとデメリット

ラジカル塗料には他の塗料よりも優れた点があると同時に、見過ごせない問題点があります。

以下ではメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

2-1.メリット

ラジカル塗料のメリットは以下の3つです。

  1. 価格がシリコン塗料と大差ない
  2. 耐久性が高い
  3. 汚れにくい

詳しく確認していきましょう。

2-1-1.価格がシリコン塗料と大差ない

住宅の外壁塗料でもっとも人気がある「シリコン塗料」とほとんど価格差がないため利用しやすい点がメリットです。

価格に大きな差がないため、目的に応じてシリコン塗料とラジカル塗料を使い分けられるでしょう。
価格をやや抑えたい場合にはシリコン塗料を、性能を重視する場合はラジカル塗料を利用することをおすすめします。

2-1-2.耐久性が高い

一般的に使う「シリコン塗料」と比べて耐久性が格段に高いメリットがあります。

ラジカル塗料はシリコン塗料との価格差が小さいため、耐用年数に対するコストパフォーマンスが高い塗料だと言えるでしょう。
耐用年数とは、塗り替えが必要になるまでの期間のことです。

2-1-3.汚れにくい

一般的に使う「シリコン塗料」に比べて汚れにくい性質があります。
このため、外観を長く保ちたい場合に適しています。

ちなみに、ラジカル塗料よりも汚れにくい素材にフッ素塗料があります。
フッ素塗料はラジカル塗料よりも価格が格段に高いため、耐久性は上がるもののコストパフォーマンスは低下するでしょう。

2-2.デメリット

ラジカル塗料には2つのデメリットがあります。

  1. 想定より耐用年数が短いおそれがある
  2. 選べる塗料が少ない

それぞれ詳しく説明していきます。

2-2-1.想定より耐用年数が短いおそれがある

ラジカル塗料は、最初の製品が2012年に発売されています。
メーカー公表の耐用年数が14〜16年あるため、2026年以降にならないと寿命が正しいのかどうかが判断できません。

実際には12〜14年程度の耐用年数とも言われており、費用対効果が不明瞭な点がデメリットだと考えられるでしょう。

2-2-2.選べる塗料が少ない

ラジカル塗料は新しい材料のため、大手メーカーでも外壁・屋根それぞれ1種類ほどしか販売していません。

種類が少ないため選べる商品が限られており、ツヤや色合いなどで希望どおりの塗料が見つからないおそれがあります。

2-3.ラジカル塗料が適しているのはこんな人!

ラジカル塗料がおすすめなのは、シリコン塗料よりもコストパフォーマンスが高い塗料を探している人です。
ラジカル塗料は価格に対して耐用年数が非常に長いため、費用対効果が高いと考えられていることが理由です。

以下に、ラジカル塗料のメリットとデメリットをまとめました。
塗料選びの参考にしてみてください。