外壁を塗り壁にするメリットとデメリット!種類や手順も解説

外壁を塗り壁にするメリットとデメリット!種類や手順も解説

塗り壁とは、外壁の下地に土などを厚く塗ることで様々な模様を作り出す工事方法です。左官職人の技術を活かした特殊な工法で、外壁だけではなく茶室の内装などにも利用されています。外壁の見栄えを良くするために塗り壁で塗装をしたい人もいるでしょう。

この記事では、外壁を塗り壁にするメリットやデメリット、材料の種類、依頼する手順を紹介します。塗り壁を業者に依頼する際にはデメリットを把握しておかなければ失敗します。工法に関する知識を蓄えて間違いのないようにしましょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.外壁を塗り壁にリフォームするメリットとデメリット

外壁を塗り壁にするメリットとデメリットは以下です。

メリット デメリット
独特の質感が得られる 価格が高い
世界で1つしかない外壁が作れる 割れやすい
  耐久性や仕上がりが職人の技術力で決まる

詳しく解説していきましょう。

1-1.外壁を塗り壁にリフォームするメリット

塗り壁で得られるメリットは独自性です。質感や見た目などが他のリフォーム方法に比べてオリジナリティに富んでいることがメリットとなるでしょう。

独特の質感が得られる

塗り壁は、土のほかにもガラスや石など多様な材料を混ぜ合わせることが可能です。このため塗装やサイディングボードでは得られない独特の質感を得ることができます。

世界に1つしかない外壁が作れる

塗り壁は職人がすべて手作業で模様付けを行います。このため同じ模様は2つとなく、世界で唯一のオリジナル外壁を作れます。模様は指定できるため、自分で考えた特殊なデザインを採用してもよいでしょう。

1-2.外壁を塗り壁にリフォームするデメリット

独自性がメリットの塗り壁ですが、デメリットを無視して工事をすると後悔しかねません。思い通りの仕上がりにするために事前に問題点を把握しておきましょう。

価格が高い

塗り壁は特殊な工法のため一般的な外壁塗装に比べて費用が高額です。材料費はさほど高額ではないのですが、すべて手作業で行うため手間賃が特にかかります。明確な相場はないため業者や材料によって変動します。最低でも一般塗料の2〜5割増しの費用がかかる覚悟は必要でしょう。

割れやすい

塗り壁は一般的な塗料のような液体ではなく固形物のため、弾力性が少なくひび割れ(クラック)が起こりやすいです。弾力性をもたせた材料もありますが、デザイン性がなくなります。塗り壁はデザイン性と割れやすさのバランスをとるのが難しい素材といえるでしょう。

耐久性や仕上がりが職人の技術力ですべて決まる

塗り壁は職人の技術力で仕上がりや耐久性が決まります。未熟な職人が施工すれば、工事から3年以内に劣化するでしょう。近年では塗り壁の技術を持つ職人は減少傾向にあります。適切な工事をできない業者に依頼してしまうと仕上がりが悪く耐久性が低下し、塗り壁はデメリットしかありません。