【2024年最新版】次世代省エネ建材の実証支援事業|最大400万円支給

「次世代省エネ建材の実証支援事業」は、最高400万円(戸建の場合)もの補助金を受け取れる可能性がある断熱リフォームを補助する事業のひとつです。

この事業は、「断熱リフォームをしたいけれども、工事費用が高額になると言われた」「少しでも安く断熱リフォームする方法を知りたい」と悩んでいる人におすすめの制度です。

今回は、「次世代省エネ建材の実証支援事業」について概要や要件を詳しく紹介。実際にどれくらい費用を抑えられるのかもシミュレーションしてみましたので、参考にしてみてくださいね。

次世代省エネ建材の実証支援事業公式サイト


1.事業の概要

「次世代省エネ建材の実証支援事業」とは、以下のような次世代省エネ建材の効果の実証を支援する経済産業省の補助金事業です。

次世代省エネ建材とは

  • 既存住宅(中古住宅)の省エネリフォームの促進が期待できて、工期短縮もできる高性能断熱材
    (硬質ウレタンフォームや押出法ポリスチレンフォームなど)

  • 快適性向上に貢献する蓄熱・調湿材

1-1.補助金が使える工事と補助額

次世代省エネの実証支援事業は、3つに区分されています。

どのような内容か順番に解説します。

【外張り断熱】

対象となる工事 外気に接する外壁すべてを外張り断熱工法などで改修する工事
必須製品(必ず導入する) 断熱材(外壁)
※製品の事業登録の有無は問わない
任意製品(必須製品と同時に改修することで補助対象となる) 断熱材(天井/床)・窓・玄関ドア・高効率換気システム
※上記は製品の事業登録の有無は問わない
断熱パネル・潜熱蓄熱建材・調湿建材
※上記は事業登録されている製品のみ
補助率 補助対象経費の1/2以内
補助金の上限額 1〜4地域:400万円/戸
5〜8地域:300万円/戸
建物区分 戸建住宅

外張り断熱は戸建住宅のみが対象となり、補助上限額は住宅のあるエリアによって異なります。

出典:地域区分の見直し|国土交通省

対象エリアの詳細は国土交通省の地域区分新旧表からご確認ください。

【内張り断熱】

対象となる工事 断熱パネルもしくは潜熱蓄熱建材を用いて室内側から断熱改修する工事
必須製品(必ず導入する) 断熱パネル、潜熱蓄熱建材
※事業登録されている製品
任意製品(必須製品と同時に改修することで補助対象となる) 断熱材・窓・防災ガラス窓・玄関ドア・調湿建材
※事業登録されている製品
補助率 補助対象経費の1/2以内
補助金の上限額 戸建住宅:200万円/戸
集合住宅:125万円/戸
補助金の下限額 戸建・集合住宅とも:20万円/戸
先進的窓リノベ2024事業子育てエコホーム支援事業と併用する場合のみ15万円/戸
建物区分 戸建住宅・集合住宅

内張り断熱は戸建住宅だけでなく、集合住宅も対象になります。ただし下限額が設けられており、一定規模の工事が必要となる点には注意しましょう。

【窓断熱】

対象となる工事 すべての開口部を窓(防火・防風・防犯仕様)や玄関ドアを使用して改修する工事
必須製品(必ず導入する) 窓(防火・防風・防犯仕様)・玄関ドア
※事業登録されている製品
任意製品(必須製品と同時に改修することで補助対象となる) 断熱材・断熱パネル・潜熱蓄熱建材・調湿建材
※事業登録されている製品
補助率 補助対象経費の1/2以内
補助金の上限額 150万円/戸
※窓・玄関ドアと任意製品を併用して改修する場合は200万円/戸
建物区分 戸建住宅

窓断熱は戸建住宅のみが対象となり、すべての窓と玄関ドアを改修しなければならない点に注意しましょう。

1-2.補助金がもらえる人の条件

補助金をもらうためには、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

①改修する住宅に常時居住している

上記を証明するために、同一住所が記され