300万円でできるマンションのフルリフォーム全4パターン【費用を抑える方法も】

「中古マンションを購入してフルリフォームしたいけど予算が300万円しかない」
「300万円でフルリフォームはできるのか?」

とお考えではないですか?

「ここだけは絶対にリフォームしたい」という箇所を中心にすると300万円でも印象はかなり変えることができます。0から変えることは難しいですが、リフォーム箇所を工夫することで快適さを大きく変えられます。

この記事では、300万円で限界まで出来る4つのリフォームパターンを解説します。

①水回り中心
②内装中心
③LDK中心
④ローコストで全面

リフォームするマンションの状態によっては、優先してリフォームするべき箇所もありますので、どのパターンでリフォームするべきかの最終判断はリフォーム会社と相談してください。ここでは一般的な考え方をお伝えします。

そのほか、300万円でマンションリフォームをした事例や、できるだけ費用を抑える方法も解説しますので参考にしてください。

▼関連記事

マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
記事を読む

1.300万円で出来るフルリフォームの全4パターン

予算300万円では、絶対にここだけは!という優先箇所を決めたリフォームをすることで、ある程度満足度の高いリフォームができます。

まだ使えるところ、そこまで気にならない箇所は、今回のリフォームではそのままにし、資金が貯まった後に行いましょう。

ここでは
①水回り中心
②内装中心
③LDK中心
④ローコストで全面
の全4パターンのフルリフォーム内容と費用相場を解説します。

1-1.水回り中心のフルリフォーム

水回りは約15〜25年ほどで交換の時期を迎えます。毎日使うものですので、それ以前でも劣化している場合があり、リフォームをおこなって一新される方が非常に多い箇所です。

水回りの交換時期を迎えていたり、明らかな劣化が見られる人はリフォームをするようにしましょう。

水回りを中心に、壁紙やフローリングをリフォームした場合の費用の一例は以下のとおりです。

リフォーム内容費用
全水回り設備の交換170~250万円
壁紙の全面張替え※40~50万円
LDKの床張替え※35~48万円
合計245~348万円

※広さは3LDK(70㎡)、壁紙はスタンダードクロスを想定。
※LDKは20畳を想定

水回り中心のリフォームは、設備の交換で300万円をほとんど使い切ってしまいます。予算の残りは壁紙の全面的な張り替えや一部の内装リフォームにあてると、ちょうどよく予算内に収まります。

ただし、キッチンやお風呂など水回りの位置を移動するなど間取り変更を伴う水回りリフォームとなると、配管工事や内装工事が別途かかるので300万円では収まらなくなる可能性があります。

水回り中心に300万円以内でリフォームした事例

▼Before

浴室・洗面室・トイレのリフォーム前

▼After

浴室・洗面室・トイレのリフォーム後

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/990

【リフォーム費用】約236万円

  • 築年数20年の住宅の浴室・洗面室・トイレをリフォーム
  • 既存のハーフユニットのバスタブを最新のタイプへ。
  • 洗面はモザイクタイルを際立たせたデザインに。
  • トイレは洗面と統一感を出すため、同じモザイクタイルを採用してデザイン。

水回りリフォームについては以下でも解説していますので、あわせて確認してください。

水回りリフォームの費用相場・注意点・安く抑える方法も解説