マンションは住みながらリフォームできる?メリット・デメリットや生活への影響は?

マンションのリフォームを検討するときには、できれば住みながらリフォームしたいと考える方も多いでしょう。リフォームの規模や内容によっては、住みながら工事を進められる場合もありますが、仮住まいが必要になるケースも少なくありません。

この記事では、どのようなリフォームであれば住みながらできるのか、あるいはできないのかを紹介します。さらにマンションに住みながらリフォームするメリットやデメリット工事中の生活への影響について気になる点などを解説します。マンションのリフォームを検討する際に、ぜひ参考にしてください。

戸建ての場合も、考え方は同じですので、こちらの記事を参考にしてください。
ただし戸建てのほうが、2階建て以上の戸建てであれば1階ずつリフォームできたり、平屋であれば裏口などを使ってリフォーム箇所と生活拠点を分けやすいため、住みながらのリフォームがしやすいでしょう。


1.マンションのリフォームは住みながらできる?

マンションのリフォームは、主に改修規模によって、住みながらできる場合と仮住まいが必要になるケースに分かれます。具体的に解説します。

1-1.住みながらできる場合

マンションに住みながらのリフォームができるのは、工事範囲が限定的で、ほかの部屋の使用に影響が少ないケースです。具体的には、次のようなリフォームが該当します。

  • 水回り設備(キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ)の交換
  • 部分的な壁紙や床の張り替え
  • 小規模な収納の造作
  • 小規模な間取り変更(1部屋を2部屋に分けるなど)

洗面台・トイレについては、交換だけであれば1日で終わるのが一般的です。キッチンは最低2日、ユニットバスについては3〜6日かかりますが、食事や入浴を外で済ませられるのであれば仮住まいは不要でしょう。

部分的な壁紙や床の張り替え、小規模な収納の造作や間取り変更についても、対象の部屋以外は使えるため、住みながらのリフォームが可能です。

1-2.住みながらできない場合

一方、工事範囲が広い場合には、マンションに住みながらのリフォームは難しくなります。具体的には、次のようなケースです。

  • スケルトンリフォーム(躯体コンクリートが見えるまで解体し、つくり直すリフォーム)
  • 大規模な間取り変更リフォーム
  • すべての部屋の壁紙や床材などの張り替え

スケルトンリフォームとは、マンションの内装をすべて撤去して、ゼロから新たにつくり直すリフォームです。部屋自体がなくなるため、住みながらのリフォームはできません。

一方、間取り変更や単なる壁紙や床材の張り替えであれば、多少大がかりであっても「一部屋ずつやれば、住みながらできるのでは?」と感じる方も多いようです。

しかし実際の工事では一部屋ずつおこなわず、すべての部屋を同時に進行するケースがほとんどです。それは、床を張り直す大工、壁紙を貼り直す内装職人と、職人は分業で作業するため、すべての部屋を一度に済ませたほうが効率的であるためです。

部屋ごとにおこなうとなると職人の手間が多くなり、また荷物の移動などにも時間がかかります。そのため、基本的には仮住まいが必要になるのが一般的です。

なお、どうしてもマンションに住みながらリフォームしたい場合は、見積もり時にリフォーム会社に相談すると、住みながらできるプランを考えてくれることもあります。やむを得ない事情がある場合は相談してみるとよいでしょう。
回答

2.住みながらリフォームするメリット

マンションに住みながらリフォームすることには、どのようなメリットがあるのかを紹介します。

2-1.住み慣れた環境を変えずにすむ

住みながらマンションをリフォームの大きなメリットの一つは、住み慣れた環境を変えずにすむことです。自宅に住み続ければ、通勤・通学や買い物など、これまでどおりの日常生活を送れます。

とくに子どもやペットがいる家庭では、環境の変化が大きなストレスになることもありますが、住みながらリフォームすればその心配がありません。

2-2.仮住まいを探し引っ越す手間が省ける

仮住まいを探す場合、今までとできるだけ環境を変えたくないと考え、同じエリア内で探すケースが少なくありません。その結果、希望の条件に合う物件を見つけるのに時間がかかり、なかなかリフォームをスタートできないこともあります。

また、引越しには荷造りや荷解きなど、多くの手間が必要です。マンションに住みながらのリフォームなら、これらの手間がかかりません。

2-3.仮住まいや家具の一時保管などのコストがかからない

リフォーム中の仮住まいとして賃貸住宅を借りる場合、家賃だけでなく、敷金・礼金などの初期費用、引越し費用がかかることもあります。また家具を保管するためにトランクルームを借りる場合、保管料や運搬費用も必要です。これらのコストは、リフォーム費用とは別に考えなければなりません。

住みながらのリフォームなら、仮住まいや家具の一