マンションは住みながらリフォームできる?メリット・デメリットや生活への影響は?

マンションのリフォームを検討するときには、できれば住みながらリフォームしたいと考える方も多いでしょう。リフォームの規模や内容によっては、住みながら工事を進められる場合もありますが、仮住まいが必要になるケースも少なくありません。

この記事では、どのようなリフォームであれば住みながらできるのか、あるいはできないのかを紹介します。さらにマンションに住みながらリフォームするメリットやデメリット工事中の生活への影響について気になる点などを解説します。マンションのリフォームを検討する際に、ぜひ参考にしてください。

戸建ての場合も、考え方は同じですので、こちらの記事を参考にしてください。
ただし戸建てのほうが、2階建て以上の戸建てであれば1階ずつリフォームできたり、平屋であれば裏口などを使ってリフォーム箇所と生活拠点を分けやすいため、住みながらのリフォームがしやすいでしょう。


1.マンションのリフォームは住みながらできる?

マンションのリフォームは、主に改修規模によって、住みながらできる場合と仮住まいが必要になるケースに分かれます。具体的に解説します。

1-1.住みながらできる場合

マンションに住みながらのリフォームができるのは、工事範囲が限定的で、ほかの部屋の使用に影響が少ないケースです。具体的には、次のようなリフォームが該当します。

  • 水回り設備(キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ)の交換
  • 部分的な壁紙や床の張り替え
  • 小規模な収納の造作
  • 小規模な間取り変更(1部屋を2部屋に分けるなど)

洗面台・トイレについては、交換だけであれば1日で終わるのが一般的です。キッチンは最低2日、ユニットバスについては3〜6日かかりますが、食事や入浴を外で済ませられるのであれば仮住まいは不要でしょう。

部分的な壁紙や床の張り替え、小規模な収納の造作や間取り変更についても、対象の部屋以外は使えるため、住みながらのリフォームが可