築50年木造住宅のリフォーム費用・建て替えとの比較【成功事例付き】

アイキャッチ

「築50年の祖父の家を相続したけど、どんなリフォームが必要?」

「築50年経ってボロボロの家だけど、リフォーム費用はどれくらい見込めばいい?」

「築50年も経つと、リフォームより建て替えの方がいいんじゃないの?」

このようなお悩みにお応えして、この記事では、築50年の戸建てではどのようなリフォームが必要で費用はいくらかかるのかや、建て替えと比較した場合のメリット・デメリットなど、築50年の住宅をリフォームする上で知っておくべきすべてのことをお伝えします。

この記事を読めば、築50年の住宅をリフォームするといくらくらいかかるかがわかり、建て替えとリフォームのどちらを選択するべきかを判断する際の参考になります。

>>実際の見積もりデータから算出した「リフォームの費用と相場」をチェック!


1.築50年の家をリフォームするなら「スケルトンリフォーム」

築50年の戸建てでは、内装や外装をすべて解体して骨組みだけの状態にし、一から作り直すスケルトンリフォームがおすすめです。

この章では、築50年の戸建ての課題と、その課題をスケルトンリフォームでどのように解決するかをご説明します。

1-1.築50年の戸建てが抱える課題

築50年も経つと、家屋は内装・外装ともに劣化が進行しています。そのままでは住み心地が悪いだけでなく、耐震性などの安全面でも問題があります。

以下は、築50年の戸建てが抱える課題です。

  • 屋根・外壁の劣化が進行し、いつ雨漏りしてもおかしくない
  • 給排水管がサビつき、いつ漏水してもおかしくない
  • 小間切れの部屋が多いなど、間取りが現在の家族構成やライフスタイルに合っていない
  • 新耐震基準(1981年制定)以前の建築になるため、耐震性に問題がある可能性が高い
  • 断熱材が入っておらず、夏は暑く、冬は寒い

築50年住宅が抱える5つの課題

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/381(左上)//https://www.ishome.ltd/jirei/detail.php?pid=71(右上)/http://www.8044.co.jp/gallery/447(左下)

1-2.スケルトンリフォームで築50年戸建てが抱える課題をすべて解決

スケルトンリフォームでは、内装・外装を解体し(スケルトン状態)、断熱対策・耐震補強を行ってから内装・外装を仕上げます。そのため、築50年の戸建てが抱える課題を全て解決できます。

スケルトリフォームで築50年の住宅が抱える問題を解決

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/381(外装・内装)

1-3.中途半端なリフォームを行うと、後で大変なことに!

築50年の戸建てで全面的なリフォームを行うと、少なく見積もっても1,000万円は予算を確保する必要があります。

しかし、予算がないからといってクロスの張り替えなど表面的なリフォームで終わらせると、近い将来に予想外のトラブルが発生するおそれがあります。

表面的なリフォームにとどめると思わぬ災難も

安心して住み続けるためには、ローンなどで不足資金を補ってでも全面的なリフォームをするべきです。

スケルトンリフォームについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
>>スケルトンリフォームとは?費用・メリット・注意点など全