500万円で理想のマンションにフルリフォーム!賢い予算配分も解説

「快適に過ごせる家」
「友達を呼んでパーティーができる家」
「お年寄りも安心なバリアフリーな家」
「リビングに家族が集まる家」
「プライバシー確保できる家」
「モノが多いため収納が充実した家」

マンションのフルリフォームでどんな家にしたいですか?

500万円あれば、以下のようなリフォームが可能です。

<500万円でできること>

  • 水回り設備全入れ替え
  • 壁紙クロス張替え
  • 床張り替え
  • 一部壁を撤去し間取りを広くする
  • 和室から洋室にリフォーム

このように、全体的に設備や内装の見た目・性能を上げるには十分な金額です。

(ただし、間取りを一から作り変えるスケルトンリフォームは500万円ではできません。大幅に間取りから作り変えたい場合は予算オーバーとなります。)

あとは、理想のマンションにするために、どこに予算をかけたらいいのか、予算配分はどうすればいいのかを決める必要があります。

ここでは、500万円をどのように使うのがいいのかを解説し、細かい箇所別の費用も見ていきます。

また、500万円でマンションのフルリフォームを行った実例も紹介します。

この記事が、マンションフルリフォームの具体的な計画を立てるお役に立てれば幸いです。

▼関連記事

マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
マンションリフォームの費用相場!賢く費用を抑える方法も解説
記事を読む

1.まずは2つの視点で予算を配分する

500万円のフルリフォームといっても、どこに予算をかけるのかは、それぞれの物件の状態や、どういった家にしたいのかによって変わります。
ここでは築年数別・目的別に、どこにどう予算を使えばいいのかを解説します。

1-1. 築年数:予算配分の目安を把握する

まずは、物件の築年数から考えられる劣化具合やよくある間取りから、おすすめのリフォームと予算配分を解説します。

おすすめ予算配分

築10年|水まわり4:内装間取り5:断熱1

築20年|水まわり5:内装間取り3:断熱2

築30年|水まわり4:内装間取り3:断熱3

【築年数別の劣化具合とおすすめリフォーム】

築年数劣化具合、よくある間取りおすすめのリフォーム
10年・水まわり設備が若干古い型
・床はまだ使えそう