マンションリフォームにかかる期間を徹底解説!

アイキャッチ

「マンションをリフォームしたいけど、期間はどれぐらいかかるの?」
「この日までにはリフォームを終わらせたいけれど、いつ頃から動き出せばいいの?」

こんなお悩みを持っていてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんなお悩みを持つ方のために、マンションのリフォーム期間のご説明をします。

この記事を読めば、マンションリフォームにかかる期間の目安がわかります。

>>実際の見積もりデータから算出したマンションリフォームの費用と相場をチェック!


1.気になるマンションリフォームの期間は?

結論から述べると、マンションリフォームの期間は工事場所などによって長くなる場合もあり、短くて済む場合もあります。

例えば、トイレの交換だけなら1日程度で工事は完了します。骨組みや配管の変更も伴う全面リフォームでは2~3か月の時間を要する場合もあります。

マンションのリフォーム期間をわかりやすくするために、大まかに以下の2つにわけてご紹介します。

  • 準備期間
  • 実際の工事の期間

1-1.マンション工事期間

以下の表は、一般的な工事期間をまとめたものです。

ただし、工事そのものの期間をまとめたものなので、マンション管理者への許可申請や見積書作成などの準備期間は含んでいません。

各箇所の一般的な工事期間

場所工事期間
トイレ1日程度
キッチン2日~3日
お風呂2日~1週間
1日程度
1日~2日
天井1日~3日程度
間取り変更1週間~3週間
全面リフォーム2週間~数ヶ月

上記の工事期間は一般的な例であり、現在の状態によっては例外的に時間がかかる場合もあります。

では、そうした例外はどのような場合なのでしょうか。

例外的に工期が延長するリフォーム

①配管工事やデザイン変更を含む工事

①配管工事やデザイン変更を含む工事の場合

工期の短い水回りのリフォームでも、電気、水道、ガスなどの配管工事も行う場合は1~2週間ほどかかるケースもあります。

例えばキッチンの移動であれば、配管工事を行うために壁や床までにも工事が及ぶこともあります。そのため、工期が1~2週間ほどかかる場合もあるのです。

②広い部屋の床、壁、天井をリフォームする場合

②広い部屋の床、壁、天井をリフォームする場合

6~12畳ほどの部屋の模様替えなら、通常は1~3日程で工事は終了します。しかし、広い部屋や部屋数が増える場合は工期が延長し、1週間ほど時間を要するケースもあります。

ただし、フローリングの上から薄いフローリングを上張りするなどの簡単な工事なら、部屋数が多くても工事期間はそれほどかかりません。

一方で、全室和室の畳を剥がしてフローリングにしたり、和室の壁や天井までも洋室風に変化させたりといった工事の場合には、1週間ほど工期がかかるケースもあります。

1-2.マンションリフォーム準備期間

マンションのリフォームでは、工事を行う前にリフォーム準備期間を見込んでおく必要があります。

まずは、一般的なマンションリフォームの流れを見ていきましょう。

一般的なマンションリフォームの流れは、以下のフローチャートの通りです。