流し台・シンクのリフォーム~交換費用や後悔しないための注意点~

キズや汚れがついた流し台をそのままにしていませんか?食べ物を調理する場ですから、常に清潔に保ちたいものですよね。汚い流し台で料理をしていては、家族の健康に影響が出かねません。

流し台を掃除しても取れない汚れやキズが目立ってきたら、リフォームを検討しましょう。

この記事では

  • 流し台リフォームにかかる費用
  • シンクの素材の選び方
  • リフォーム費用を安く抑えるコツ

をくわしくご説明します。

ポイントをおさえたリフォームを行って、キレイで明るいキッチンを手に入れましょう!


1.流し台リフォームの費用

流し台のリフォームで一番気になるのは、やはり費用です。高額なリフォーム費用を請求されることのないよう、お客様自身で費用相場を理解しておくことが大切です。

流し台のリフォームでかかる費用は、現在のキッチンが

  • 「システムキッチン」
  • 「セクショナルキッチン」

のどちらかによって異なります。

システムキッチンとセクショナルキッチンの違い

1-1.システムキッチンのシンクをリフォームする費用

費用:15~20万円

システムキッチンでは、シンクと天板だけを交換するリフォームが可能です。かかる費用は、本体価格と設置工事費のみとなります。

たとえばトクラス(YAMAHAのリフォームブランド)のポイントリフォーム『いいとこどり』では、人工大理石天板に交換する費用は約200,000円です。

システムキッチンのシンクをリフォームした事例

出典:https://www.toclas.co.jp/

ただし、このリフォーム方法は、現在使用しているシステムキッチンが以下の項目を満たしていることが条件になります。満たしていなければ、シンクと天板のみのリフォームをすることはできません。事前にチェックしてみてください。

➀コンロからシンクまで天板が1枚でつながっている
②壁付けのI型システムキッチンである
③シンク下の収納が引き出しではなく開き扉となっている
④カウンター下の収納が木製

1-2.セクショナルキッチンの流し台をリフォームする費用

費用:25~30万円

セクショナルキッチンの場合、シンクとその下台が一体となっているため、シンク部分のみをリフォームすることはできません。下台ごと交換するため、費用は割高になります。

前項でご紹介したトクラスのポイントリフォーム『いいとこどり』では、下台を交換するリフォームの費用は約290,000円です。

割高とはいえ吊り戸棚や換気扇はそのまま使用するので、キッチンをフルリフォームする場合に比べて約1/2の費用でリフォームが可能です。

セクショナルキッチンの流し台をリフォームした事例