自分にあったリフォーム会社を見つけるための4ステップ

リフォーム会社探し

リフォームをしたいけど、どこの会社にお願いすればいいのかわからない。いいリフォーム会社を見つけたい。そのようにお考えの方は多いのではないでしょうか?

「どこかいいリフォーム会社を教えてください」と聞かれることは非常に多いのですが、「誰にとっても、どんなリフォームにおいても、常にいいリフォーム会社というものは存在しない」のです。「リフォーム内容や考え方によって、いいリフォーム会社は変わってくる」のです。

もちろん客観的に品質の高いリフォーム会社は存在しますし、デザインが得意な会社や、アフターサービスが充実している会社、水回りが得意な会社、リノベーションが得意な会社、色々な会社が存在します。そうしたリフォーム会社はいいリフォーム会社であることは確かなのですが、皆さんが今回やろうとしているリフォームにとっていい会社かどうかは全く別物なのです。

大切なのは、客観的にいいリフォーム会社の中でも、皆さんが今回行うリフォームの内容やリフォームに求めるニーズにあう「自分にあったリフォーム会社」を選ぶことなのです。

次から順を追って、「自分にあった」いいリフォーム会社の選び方についてご説明していきます。  


1.自分に合ったリフォーム会社の選び方

誰にとっても「いいリフォーム会社」というものはないというお話をさせていただきましたが、では「自分に合ったリフォーム会社」を見つけるにはどうしたらよいのでしょうか? 次の4ステップに沿ってリフォーム会社を選別してみてください。会社の選び方ステップ

ステップ1:問題ないリフォーム会社か見極める
ステップ2:リフォーム会社の種類や専門分野を見極める
ステップ3:リフォーム会社の特徴を見極める
ステップ4:リフォーム会社との相性を見極める

  まずはひとつずつ順を追って説明していきます。

1-1.問題ないリフォーム会社とは

問題ないリフォーム会社を定義するのは難しいのですが、以下2点を満たしていれば、一般的には問題ないリフォーム会社と言えるでしょう。

  • 失敗やクレームが少なく、多くのお客様から評価されている
  • 妥当な金額でリフォームがなされている

リフォームにおける失敗を無くすには2つの観点からで考える必要があります。

ひとつめは悪徳業者に引っかからないこと。業者自体に悪意がある場合です。ふたつ目は悪意は全くないものの、リフォーム会社と施主との認識の違いからトラブルなどが起こってしまう場合があります。

悪徳業者は論外ですが、誠意を持って仕事をしているリフォーム会社でも、認識の違いによるクレームは起こってしまうのです。これは契約を結ぶ際に、どれだけしっかりと内容の説明を受けたか、認識に齟齬が無いかという問題になってしまいます。つまり、問題のないリフォーム会社では自分たちと施主の認識をしっかりと合わせ、クレームが発生しないよう努めています。

次に金額の妥当性についてですが、こちらも2つの観点があります。ひとつめは先ほどと同じく悪意のある業者。ふたつ目が、会社や業界の構造的なシステムから高額になってしまう場合です。後者の場合、自社の最低限の利益のみをプラスしており、当然リフォーム会社に悪気は全くありません。

ご存知の方も多いかもしれませんがリフォームは自社だけで全てのリフォームを完結させることはできないので、リフォームの案件ごとに外部の職人も集めてリフォームを行います。それ自体は問題ないのですが、会社によっては2次請けどころか3次請け、4次請けとなっており、多重構造になればなるほど色々なマージンが上乗せされてしまうということがあるのです。

下請けなどの多重構造が当たり前になっている会社は、パートナー企業との関係性も重視するため、不当に高い見積もりを出しているという認識もありません。顧客との1回きりの関係よりも、パートナー企業との関係性を重視するというのはこの業界では当たり前に行われていることです。 良いリフォーム会社は妥当な金額で見積りが出せるよう、パートナー企業との関係性をより良いものへと常に見直しを行っています。

1-2.リフォーム会社の種類や専門分野

リフォーム業界がわかりにくい理由の一つに、「リフォーム」という括りの中に様々な種類の業者が存在することが挙げられます。大まかな分類ですと「大手系リフォーム会社」「設計事務所系リフォーム会社」「設備工事・メーカー系リフォーム会社」「専門業者系リフォーム会社」「工務店系リフォーム会社」「リフォーム専門店」という風に分かれます。 ここで選択を間違ってしまうと「本来お願いすべきでない」会社にお願いしてしまうケースが出てきてしまいます。少し似た例でいうと「弁護士選び」に似たところがあります。「弁護士」とひとくくりにされる中でも民事か刑事か、民事の中でも離婚専門なのか交通事故専門なのかでそれぞれの分野が大きく異なっています。それと同じようにリフォームも会社の種類によって得意とするリフォームの内容が異なってくるのです。次の章でリフォーム会社の種類ごとにどのような特徴があるのかをまとめていますので参考にしてください。

1-3.リフォーム会社の特徴

リフォーム会社にもそれぞれ得手・不得手と言った特徴があります。先ほど弁護士の例を挙げましたが、同じ離婚専門の弁護士の中でも、低料金をウリにした弁護士もいれば、裁判に強いという弁護士もおり、中には調停に持って行くのが上手な弁護士もいるかもしれません。リフォームも内容によって専門の会社に頼むべきです。その中でも、その会社がどのようなことを強みにしているのかを把握すると、より良いリフォーム会社選びが実現できます。こちらの選び方についても後ほどご説明していきます。

1-4.リフォーム会社との相性

人間最後は「相性」という部分は切っても切れません。会社との相性もあれば、担当者個人との相性もあります。例えば職人気質で口下手だけども実直なタイプと、年齢は若くても話や説明が上手なタイプのどちらと合うかは、まさに相性でしかありません。 そのために下調べを行い、気になった会社があれば2社か3社に見積もりに来てもらうようお願いすることをお勧めしています。

相性ばかりは会ってみないとわからない部分なのですが、非常に大切な部分でもあります。ぜひ会って確認する