トイレのタイルリフォームの費用とタイルの種類 完全解説

ご自宅のトイレにひび割れたり黒ずんだりしているタイルはありませんか?

タイルを綺麗に変えて、快適で清潔感のあるトイレにしたいとお考えの方も多くいらっしゃると思います。毎日使うトイレが綺麗に生まれ変われば日々の暮らしはより豊かになりますね。

タイルのリフォームを考える際、「タイルだけだと、費用はどれぐらい?」「タイルって自分で変えられるの?」「どんな種類のタイルがいいのかよく分からない…」などたくさんのお悩みがあると思います。

今回はご自身の希望にに合ったトイレのタイルリフォームが出来るように分かりやすく解説させていただきます。

1.トイレのタイルのリフォームにかかる費用「6~8.5万円」

リフォーム業者に依頼した場合、業者によって多少異なりますが費用は6~8.5万円ほどです。

費用が変わる条件として、

  • 現在の床の状態
  • 張替えるタイルの種類

があります。

条件に基づいて、費用が安くなる場合と高くなる場合に分けて表にしました。

費用(修正)

まず、現在の床の状態についてですが、フローリングよりもフロアタイルやクッションフロアの場合の方が費用が安くなる傾向にあります。また築年数が長く床下に腐食がみられるなど、状態が悪いと費用が高くなります。

次に張替えるタイルの種類ですが、フロアタイルの方が磁器タイルや陶器タイルより安価です。

トイレの面積についてですが、実は狭いほど割高になってしまいます。人件費や交通費などが広い面積を張替えた時と同じく発生してしまうからです。分譲マンションであれば、トイレ面積は0.4坪(78cm×123.5cm)、戸建住宅なら0.5坪(78cm×169cm)が一般的です。

それでは、0.5坪のトイレの見積もりを考えてみましょう。
トイレのタイルのリフォーム 

上記の費用を合計すると、現在の床材がクッションフロアの場合約6万、タイルの場合約8.5万円になります。各費用は施工業者によって多少のばらつきはありますが、合計で約6~約8.5万円ぐらいが相場です。

【データで見るトイレリフォームの費用と相場】はこちら

2.トイレタイルの種類

リフォームのおおよその費用を考えるためにも、次はタイルの種類を說明いたします。タイルは種類によって様々な特徴がありますのでご自身の用途に合ったタイルを選ぶようにしましょう。タイルの種類は大きく分けて以下の4つがあります。

  • 陶器タイル
  • せっ器タイル
  • 磁器タイル
  • フロアタイル(塩化ビニル製タイル)

2-1.タイルの特徴

タイルの特徴

フロアタイル以外の3つは、ガラス質になる釉薬(ゆうやく)という薬品をかけたタイプとそうでないタイプがあります。用途別のおすすめタイルをご紹介いたします。

2-2.トイレの壁におすすめのタイル

トイレの壁におすすめのタイル

トイレの壁には陶器質で表面がガラス質となる釉(うわぐすり)が塗られたタイプの陶器タイルがおすすめです。

83658176_o1陶器タイルは、吸水性が高く臭いを吸収しやすいので、釉ありのタイルの方がトイレに適しています。表面がツルツルしているので、掃除がしやすい点もポイントです。

せっ器タイルや磁器タイルは寸法精度が低いので間近で見られる壁にはあまり適しません。
出典:http://www.tilemart.jp/

2-3.床におすすめのタイル

床におすすめのタイル

15061_4トイレの床には、せっ器タイル・磁器タイル・フロアタイルがお勧めです。磁器質やせっ器質のタイルはしっかりと焼き締められているため耐水性に優れ、衝撃に強いという特性もあります。

釉なしのタイルは、釉が塗ってあるタイルよりも滑りにくく、磨耗しても色の変化がありません。ゴシゴシ掃除が出来る丈夫さも魅力です。一方、釉ありのタイルは色数が多く表面が滑らかなので掃除がしやすいというメリットがあります。

フロアタイルは費用が安いので、施工費用を抑えたい方におすすめです。しかし、他の3つのタイルに比べ、耐久性が低く傷つきやすいという難点があります。出典:http://www.tilelife.co.jp/

3.具体的な施工例

3-1.Kさん宅戸建て

壁と床がタイル張りの広めのトイレをリフォーム。壁タイルは400×200角、床タイルは300角の大きめのサイズを使用し、タイルにしか出せない品のある空間に生まれ変わりました。一般的なトイレよりもやや広い造りで築年数が経っていたので、業者に依頼することに決めました。トイレの本体も取り替えたので、費用は70万、施工期間は1週間となっています。

Kさん宅
出典:http://www.eidai-planninng.co.jp/

3-2.Sさん宅トイレ

築27年の家で、経年劣化による汚れが目立つようになっていきました。床をテラコッタ風のタイルに張替え、キレイで明るいイメージのトイレに生まれ変わりました。

Sさん戸建
出典:http://www.lixil-reform.net/

3-3.Oさん宅戸建

昔ながらのシンプルなトイレが白と黒のモダンなトイレに生まれ変わりました。大きめの黒いタイルを使用しているので高級なイメージになっています。

Oさん宅戸建

4.DIYしたいとお考えの方へ

ここまでリフォーム業者に依頼することを前提にお話ししてきましたが、予算の都合で自分でタイルリフォームをしたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そこで、こDIYの費用と施工例について、業者に依頼した場合と比較して解説いたします。

4-1.DIYした場合の費用《1.5万~2万円》

まず、材料ですが、

DIYした場合の費用

次に道具

工事費用(修正)

上記のものを合計すると、約2~2.5万円になります。タイルの種類や使う材料の質にもよりますが、施工業者に頼んだ時と比較すると、半額以下におさえられました。

しかし、やはり自分で施工すると仕上がりが思ったようにならなかったり、意外と時間がかかってしまったりと満足できない結果に終わってしまうかもしれません。

4-2.DIYした例

Yさん宅トイレ【築18年】

ややくすんできた白系のテラコッタタイル風のCFを2.5㎝角の白いタイルにDIY

清潔なイメージに生まれ変わりました。

Yさん宅
出典:http://www.self-reform.com/

今回のケースは以下のような状態でした。

  • クッションフロアからタイルに張替え
  • 新しい建物で、下地が腐食している可能性が低い
  • 施工面積が狭い

クッションフロアは、剥がせばそのまま下地の上からタイルを接着できる場合が多いので、DIYが比較的容易です。しかし、築年数などの影響で下地が腐食していることもあるので、下地の状態をしっかりと確認してから行いましょう。

ご自身のトイレが今回のような状態であれば、日頃からDIYの経験の多い方なら取り組むことが可能ですが、未経験の方は施工業者に依頼することをお勧めします。ぜひ上記の条件を参考にしてご自宅のトイレに合ったリフォーム方法をお考え下さい。

4.まとめ

いかがでしたか?トイレは家の中で占める面積は小さいですが、毎日使うところなのでご自身の納得できる仕上がりにしたいですね。

タイルは施工時間も長く費用も他の素材に比べ高くなってしまいますが、タイルにしか出せない光沢感や重量感があります。こちらを参考にして、ぜひ素敵なタイルを使ったトイレへとリフォームしてください。

以下の記事にもトイレに関するリフォームをする上で役立つ情報が満載ですので、是非ともご参考ください。

(トイレリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
トイレリフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(トイレリフォーム関連記事をもっと見る)

トイレリフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。