トイレのタイルリフォームの費用とタイルの種類を完全解説

トイレのタイルリフォーム

ご自宅のトイレにひび割れたり黒ずんだりしているタイルはありませんか?

タイルを綺麗に変えて、快適で清潔感のあるトイレにしたいとお考えの方も多くいらっしゃると思います。毎日使うトイレが綺麗に生まれ変われば日々の暮らしはより豊かになりますね。

タイルのリフォームを考える際、「タイルだけだと、費用はどれぐらい?」「タイルって自分で変えられるの?」「どんな種類のタイルがいいのかよく分からない…」などたくさんのお悩みがあると思います。

今回はご自身の希望にに合ったトイレのタイルリフォームが出来るように分かりやすく解説させていただきます。


1.トイレのタイルのリフォームにかかる費用「6~8.5万円」

リフォーム業者に依頼した場合、業者によって多少異なりますが費用は6~8.5万円ほどです。

費用が変わる条件として、

  • 現在の床の状態
  • 張替えるタイルの種類

があります。

条件に基づいて、費用が安くなる場合と高くなる場合に分けて表にしました。

費用(修正)

まず、現在の床の状態についてですが、フローリングよりもフロアタイルやクッションフロアの場合の方が費用が安くなる傾向にあります。また築年数が長く床下に腐食がみられるなど、状態が悪いと費用が高くなります。

次に張替えるタイルの種類ですが、フロアタイルの方が磁器タイルや陶器タイルより安価です。

トイレの面積についてですが、実は狭いほど割高になってしまいます。人件費や交通費などが広い面積を張替えた時と同じく発生してしまうからです。分譲マンションであれば、トイレ面積は0.4坪(78cm×123.5cm)、戸建住宅なら0.5坪(78cm×169cm)が一般的です。

それでは、0.5坪のトイレの見積もりを考えてみましょう。
トイレのタイルのリフォーム 

上記の費用を合計すると、現在の床材がクッションフロアの場合約6万、タイルの場合約8.5万円になります。各費用は施工業者によって多少のばらつきはありますが、合計で約6~約8.5万円ぐらいが相場です。

【データで見るトイレリフォームの費用と相場】はこちら