トイレの床材選びに悩んだら!床材の特徴・費用相場・事例を紹介

トイレ床材

古くなったトイレの交換に合わせて、お手洗いの雰囲気全体をリフォームしたいと考える方も多いのではないでしょうか。そんなときは、床もあわせてリフォームすると雰囲気が変わるだけでなく、選ぶ床材によっては掃除のしやすさも向上させることができます。
トイレの床材には、デザイン性・耐久性に優れたものや、消臭機能などの追加機能がついたものもあるため、目的に合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回はトイレの床材を選ぶ際のポイントや、種類別のメリット・デメリットについてご紹介します。お手入れのしやすさやデザイン性など、実際のリフォーム事例も交えながら紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


トイレの床材を選ぶときの5つのポイント

数あるトイレの床材の中から自分にぴったりのものを選ぶためには、下記5つのポイントを意識しましょう。

[1]掃除やお手入れがしやすいか

トイレ床掃除イメージ

お手入れしやすい材質であるかは、トイレの床材選びにおいて重要なポイントです。毎日使用するトイレは、知らないうちに汚れが蓄積してしまう場所。たとえトイレマットを敷いていても、広範囲に汚れが広がってしまいます。

凹凸や継ぎ目がないフラットな床材であれば、毎日の拭き掃除も楽にできます。また、汚れが付きにくいようにコーティングされた床材を選べば、お手入れの回数も減らせて便利です。

トイレの汚れは放置していると腐食やにおいの原因にもなるので、ストレスなくお手入れできる床材を選びましょう。

[2]アンモニアや水・洗剤に強いか

トイレで発生する汚れにはアンモニアが含まれており、アンモニアを落とすために使用する水や洗剤に強い素材を選ぶことも重要です。水や洗剤に耐えられない床材を選んでしまうと、汚れの蓄積やシミ・腐敗の原因になってしまうためです。

「耐水」「耐アンモニア」と記載されているクッションフロアやフロアタイルを選べば、日常的な掃除が楽にできるだけでなく、汚れやにおいがつきにくくなります。またフローリングやタイルにする場合は、接合部に防水加工を施してもらうことも大切です。

[3]デザインが壁紙や便器と合っているか

機能性だけを意識して床材を選んでしまうと、トイレ全体の色や柄がチグハグになり落ち着かない空間になる可能性もあります。そのため、トイレ全体のデザイン性も意識して、コーディネートする必要があります。

基準にするのは壁や便器の色と柄。トイレ全体を広く見せたい場合は、明るい色やシンプルな柄の床材を選ぶのがおすすめです。逆に、壁紙がシンプルすぎて物足りない場合や個性を出したい場合には、床材に柄物を取り入れることでお気に入りの空間に仕上がります。

柄の床イメージ

[4]汚れが目立ちにくい色か

トイレはどんなに毎日掃除していても水や汚れが付きやすいため、汚れが目立ちにくい色の床材を選ぶようにしましょう。

汚れが目立ちにくいとされているのは、濃い色の床材です。また柄や模様が入った床材は、落とせなかった汚れも目立ちにくくしてくれるというメリットがあります。ただし、目立ちにくいぶん、汚れを見つけることも難しいため掃除の難易度は上がります。

明るい色の床材は、汚れは目立ちやすい代わりに掃除がしやすいという側面もあります。

[5]消臭効果があるか

トイレのような狭い空間は臭いがこもりやすいため、清潔な空気を保つためには消臭効果のある床材を選ぶのがおすすめです。

特殊コーティングが施された床材・消臭効果のある樹脂でできた床材などさまざまな種類があるため、デザイン性や価格などのバランスも見ながら選びましょう。

ただし、消臭効果のある床材であっても、定期的なお手入れや換気はしなければなりません。また長期間使用すること消臭効果が薄れてくる場合もあるため、メンテナンスが必要ということも念頭に置いておきましょう。


トイレの床材の種類|特徴・お手入れポイント・費用相場

トイレの床材にはさまざまな種類があります。
ここでは4種類の床材についての特徴やメリット・デメリットのほか、快適に使用するためのお手入れのコツ・費用相場について解説します。

[1]クッションフロア|低価格でお手入れもしやすい