トイレリフォームの費用・おすすめ・事例・業者など詳しく解説!

「トイレが最近詰まりやすい・・・」

「便座だけ壊れた、まだ使えるけど・・・」

「トイレがなんだかパッとしない・・・」

このようなきっかけでこの記事にたどり着いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

何かしら不具合があるトイレで、10年以上使用している場合は、トイレの交換をおすすめします。

トイレは、内部の部品や配管が10年前後で劣化し、修理・交換が必要になります。一時的に不具合を直しても、すぐに別の箇所の不具合が発生する可能性が高いため、ムダな出費を出すよりは、便器ごと交換してしまうことをおすすめします。

さらに、内装も一緒に張り替えようか迷っている場合は、トイレ交換をするタイミングで一緒に張り替えたほうが断然お得です。理由は本文で説明いたします。

また最新のトイレは節水・節電性能が格段に高まっており、トイレの交換をするだけで水道代や光熱費が削減されるというメリットもあります。

大手トイレメーカーのTOTOによると、1987~2001年の商品の標準洗浄水量は13Lだったのに対し、現在TOTOの代表商品ネオレストは3.8L(床排水の場合。壁排水は4.8L)で、およそ年間15,000円分の水道料金を節約できることになります。

TOTOネオレスト節水効果
出典:TOTO・ネオレスト

この記事では、トイレリフォームにかかる費用、実際のリフォーム事例、トイレリフォームの業者選び、トイレの選び方など、トイレリフォームで知っておきたい情報をまとめて解説します。

まだトイレリフォームするべきかどうかを迷っている・・・という方は最初からトイレリフォームをするつもりだ!という方は「2.トイレリフォームの費用相場を把握しよう」からお読みください。

初めてのトイレリフォームでも相場感やリフォームの流れ、完成のイメージを掴めるはずですので、ぜひ読み進めてみてください。

目次


1.そのトイレ、今リフォームすべき?トイレの交換時期かチェックしよう

今のトイレを使用して10年以上経っており、以下のような項目に該当する場合は、便器の交換をするべきです。10年以上経っていない場合でも、漏水やひび割れがある場合はすぐにリフォームをしましょう。

トイレの交換時期チェック表

引用:トイレ交換を完全解説!費用や最適な選び方など

トイレの不具合をそのままにしておくと、詰まりや逆流を引き起こす可能性があります。

また、不具合部分だけを直しても、また違うところで修理が必要になり、費用が余計にかかってしまうこともあるので、今お使いのトイレが10年以上経っているなら、便器ごと交換を検討しましょう。