必見!!トイレの介護リフォームまるわかり

トイレの介護リフォーム

介護のために家のリフォームを考えている方はたくさんいらっしゃると思います。介護する側も、される側も双方が快適な生活を送れる家にしたいものです。ここでは、介護トイレのリフォームで考えるべきポイントをお伝えします。


1.それぞれの身体状況に合ったトイレスペースを検討する

介護のために適当なスペースを確保することはとても大切です。身体状況に応じて、3パターンに分けて解説します。また、スペース確保が難しい方に向けた解決策も紹介します。

1-1.なんとか歩いて行ける方(杖や介助者の支えあり)

Ⅰ.なんとか歩いて行かれる方(杖や介助者の支えあり) 

  • 便座前方を60cm以上
  • 便座側方を50cm以上
    (側面で介助可能なサイズ)
  • 出入口のサイズ 75cm以上
    (介助に必要な最小のサイズ)
  • 全体で約0.4坪(80×125cm)〜
         0.5坪(80×165cm)

1-2.車椅子で自力走行できる方

Ⅱ.車椅子で自力走行できる方

  • 便座前方を85cm以上
  • 便座側方を70cm以上
  • 出入口を80cm以上
    (車椅子が通る最低サイズ)
  • 全体で約0.75坪(165×125cm)

1-3.車椅子で介助者の補助が必要な方

車椅子で介助者の補助が必要な方

  • 便座前方を85cm以上
  • 便座側方を100cm以上
    (70cm以上あると車椅子使用者を前方から介助しやすい)
  • 出入口を80cm以上
  • 全体で約1坪(165×165cm)