お風呂に窓をつけるメリット・デメリット。リフォーム費用と日数も解説

お風呂窓

水回りのリフォームや新築の間取りを検討するとき、お風呂に窓をつけるべきか悩む方は多いのではないでしょうか。お風呂に窓を設置すると、通気性や採光性が良くなります。一方、防犯対策が必要になったり、断熱性が低くなったりするデメリットがあるのも覚えておきたいところです。

この記事では、お風呂に窓をつける際の注意点を解説します。また、お風呂につけられる窓の種類やリフォーム費用についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。


お風呂に窓をつけるメリット・効果

お風呂に窓をつけるメリットは、以下の3つです。

  • 換気がしやすい
  • 圧迫感が減りリラックスできる
  • 採光性が高まり明るくなる

換気がしやすい

お風呂場に窓をつけると空気の入れ替えができ、換気をスムーズに行えます。電気代をかけず換気できるのもメリットです。お風呂場は湿気が多く、小まめに換気をする必要があります。とくに入浴後は湯気や湿度が溜まりやすく、十分な換気を行わないとカビが発生しやすいため注意が必要です。

とはいえ、近年では、建築基準法の改正(2003年7月1日施行)により、換気設備の設置が義務付けられています。それ以降の住宅であれば、浴室に窓がなくても、空調設備でしっかりと換気できるようになっています。

圧迫感が減りリラックスできる

お風呂に窓をつけることで、圧迫感を軽減できるのもメリットです。窓から視線が抜けて空間に開放感が生まれ、リラックスしながらバスタイムを過ごせます。
自宅に中庭やテラスがある方は、湯船につかりながら星空を眺めたり、外の景色を楽しんだりできるのがいいですね。一日の終わりのバスタイムが、より一層充実した時間になるでしょう。

少しでもお風呂場を広く見せたい、リラックスできる空間にしたいと思う方は、窓の設置を検討してまみましょう。

採光性が高まり明るくなる

採光性

お風呂に窓をつけることで、実質的に一番のメリットとなるのは採光性でしょう。
窓があると日差しがたっぷり取り込めるため、お風呂場を明るくできます。窓がないと採光性が確保できず、日中でもお風呂場が暗くなりがちです。日中にお風呂に入ることが多い場合は特に、お風呂に入るたびに電気をつけなければならず、光熱費が気になってしまいます。

窓から自然光が入ってくると、空間全体が明るく、開放的に感じられます。電気をつけなくてもよいため、光熱費を節約できるのもメリットです。朝風呂の習慣がある方は、明るい日差しが差し込む浴室で快適なバスタイムを過ごせるでしょう。

浴室に窓をつけるメリットは、「浴室が明るくなる」「外気を通すことができる」「広く、圧迫感の少ない浴室にできる」の3点です。
回答